唇の色が悪いとどうしても不健康なイメージになりがちです。

それだけ唇の色1つで顔のイメージは大きく変わるので、普段の自分のスキンケアや行動に問題はないか見直していきましょう。




唇の色が悪くなる要因

・こすりすぎ
ティッシュで直接拭き取ることで摩擦が起きてしまい、唇に色素沈着を起こしてしまいます。

 

・血行不良
血行が悪いことで血液が黒ずんでしまう場合があります。唇の皮膚は本来薄いので、それが影響して血の色が透けて見えてしまいます。

 

・冷えによる影響
唇は体の冷えの影響が表れやすい部分だと言われており、体が冷えることで血行が悪くなり紫色などの血色が悪い色へと変化する場合があります。

 

・喫煙
喫煙をすることで、ニコチンが色素沈着してしまいます。

 

・日焼け
日焼をすることによってダメージを受けてしまい、色素沈着を起こしてしまいます。

 

・ストレス
仕事や人間関係などのストレスが原因で内臓の状態が悪化し、唇の血色が悪くなる場合もあります。

 

・癖
唇をなめる行為によって、乾燥しやすい唇の表面がより乾きやすくなり状態悪化を起こす場合があります。



日頃のケアの落とし穴

例えば口紅をティッシュで直接拭き取っている人は、クレンジング剤で優しく口紅を落とすようにして下さい。

毎日ティッシュでごしごしする事によって、色素沈着が起き黒ずみの可能性が出てきます。

落ちにくい口紅を使用している場合は、専用リムーバーで落とすようにして下さい。

 

唇は角質層がうすく、汗腺も皮脂もないので乾燥しやすく荒れやすいです。

乾燥した唇の状態で色素が入った口紅をつけてしまうと、黒ずみが起きる原因となるので、寝る前や口紅をつける前にリップクリームはおすすめです。




口紅の血行を解消する簡単方法

唇が赤い色身をしているのは、皮膚が薄く血液の色がよく見えているからで、血行状態が悪くなると唇の色が悪く見える原因となります。

唇の色が悪いと感じた場合は、唇のタッピングマッサージがおすすめです。

【唇のタッピングマッサージ】

人さし指、中指、薬指の3本の指で、ピアノを弾くようにタッピングします。

人さし指、中指、薬指の3本の指で唇を順番に軽くたたきます。例えるとピアノを軽くひくような感じです。

 

簡単な方法ですが、適度な刺激を与えることによって血行を促し本来の唇の赤味を出してくれます。

仕上げにリップクリームを塗って唇が乾燥しないようにしてあげますしょう。

 

こちらの記事もおすすめ



アプリ特集はこちらから