「大豆」の美容と健康

日本食の大豆は世界的にも注目されており、美容だけではなく健康面 にも優れています。

大豆の一粒にタンパク質・カルシウム・葉酸・カリウム・ビタミンB1 ・ビタミンE・マグネシウムなど、沢山の栄養素が含まれています。

特に含まれているタンパク質には、肌はもちろん、髪・皮膚・血液や 筋肉などの体を作り健康を保つ為に大切な栄養素が豊富に詰まってい ます。

他にも、抗酸化作用の「大豆サポニン」、細胞の構成に必要な「大豆 レシチン」、善玉菌の餌となる「オリゴ糖」があり、中でも「大豆イ ソフラボン」には美肌に欠かせない女性ホルモンに似た働きを持って います。

「大豆イソフラボン」の美容の力

「大豆イソフラボン」は腸内の菌によって女性ホルモンに構造が似た 「エクオール」という物質に変換され、減少した女性ホルモンの影響 によって起こる体調不良をサポートしてくれます。

このエクオールを規則正しく産生することで「美肌」になり、現代食 生活の中で不足になりがちな「大豆イソフラボン」を上手く摂取して いく事が「美肌」に導く溜めの秘訣となります。

大豆イソフラボンは肌の調子を整えエストロゲンをサポートし、「コ ラーゲン」の増加によって肌にハリを与えて、肌を新しい保湿肌へと 変化させて細胞を新陳代謝してくれます。

ただ、「大豆イソフラボン」が含まれる豆乳や納豆などの食品を摂取 すれば必ず美肌になる訳ではなく、人によって効果は様々です。

「大豆イソフラボン」が美肌にとって大切な女性ホルモンと似た働き がありますが、体質によっては上手く働かず効果を薄く感じられる人 もいます。