秋と言えば読書の秋を思い浮かぶ方が多いかもしれませんが、実は秋は美容の季節でもあります。

秋が旬の食材には美容効果を向上させてくれる栄養素が豊富に含まれており、秋は美容食材の宝庫なのです。

今回は美容効果が高い、秋のおススメ食材をご紹介していきます。




 

秋の食材で美容効果

旬の食材を食べることは、栄養素を更に効果的に摂取することが出来ます。

季節の中でも秋の食材には特に大量の「ミネラル」「ビタミン」「植物繊維」が含まれており、夏の紫外線によって受けたダメージや疲労をケアしてくれる効果があります。

 

 

さつまいも

(薩摩芋・学名: Ipomoea batatas)
ヒルガオ科サツマイモ属の植物。

さつまいもはビタミンCやビタミンEによって「美白」、カリウムの効果で「むくみ」に効果的です。

 

豊富な食物繊維やビタミン、ビタミンB2などが含まれており、腸内環境を整え便秘解消や肌荒れ対策、シミ・そばかす予防もしてくれます。

又、さつまいも1本で1日分のビタミンEが摂取する事ができ、アンチエイジングの効果も得られます。

ダイエットにも適した食材で、糖質は低めで茹でたり蒸したりして食べることが可能です。

 

 

人参

(学名:Daucus carota subsp. sativus)
アフガニスタン原産のセリ科ニンジン属の2年草。

ビタミンAの前駆体となるプロビタミンAであるカロテン類や「ビタミンB」「ビタミンC」「カルシウム」「鉄」も多く、栄養的価値が非常に高い緑黄色野菜。

カロテンが豊富に含まれた人参には、アンチエイジング効果がありリコピンを多く含むトマトと一緒に食べる事で癌予防にもよいと言われています。

 

 

カキノキ科の1種の落葉樹である。東アジアの固有種で、特に長江流域に自生。

1日に必要なビタミンCを1個で摂取する事ができ、メラニンを無色化させシミへの予防に期待が持てます。

ビタミンだけではなく、柿にはポリフェノールも大量に含まれており、抗酸化作用の力によってアンチエイジング効果やむくみを改善する作用があります。



ブロッコリー

(英語: Broccoli、学名:Brassica oleracea var. italica)
アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜。

「ビタミンA」「ビタミンB」「ビタミンC」が大量に含まれたブロッコリーには体の代謝を向上させてくれます。脂肪燃焼や美肌効果におススメです。

 

 

栗には「ビタミンC」「ビタミンB1」「ビタミンB2」等、美肌に導く栄養が豊富に含まれています。

他には「ビタミンB6」や「葉酸」等の肌トラブルを解消してくれる栄養素も含まれており、肌色を輝くツヤ肌に導く力があります。

 

 

サンマ

(秋刀魚、学名:Cololabis saira)
ダツ目-ダツ上科-サンマ科-サンマ属。Q

サンマには体やホルモンを形成する「DHA(ドコサヘキサエン酸)」「EPA(エイコサペンタエン酸)」等の脂肪酸が豊富に含まれており、脂肪が体につきにくくする効果を得ることが出来ます。

又、血液の流れを良くし、体内の悪玉コレステロールを減らして脳細胞を活性化してくれます。

 

 

秋鮭

秋鮭はオールシーズンで食べられる鮭とは違い、、秋にとれる白鮭を秋鮭と呼びます。

秋鮭には抗酸化の力によって、脂肪代謝や肌の老化を防いでくれます。

又「ビタミンB1」「ビタミンB2」によって、新陳代謝やは細胞の成長促進をサポートしてくれるので、ダイエットやアンチエイジングに期待が持てる食材です。

 

 

こちらの記事もおすすめ