秋の肌トラブルの原因とケア方法は?




 

季節の変わり目は体調を崩しやすくなり、「頭痛」や体の「ダルさ」「眠気」など様々です。

その中でも、特に不調を感じる方が多いのが「肌荒れ」「肌のかさつき」「肌の乾燥」等です。

今回は秋の肌トラブルの原因とケア方法についてお話ししていきます。

 

話題の記事

 

秋の肌のダメージ原因は?

秋の肌トラブルの原因の主は、夏に受け続けたダメージです。

夏の紫外線には大量のメラニンを形成し、「乾燥」「シミ」「ソバカス」の原因となります。

 

又、部屋の中で使用する扇風機やエアコンの影響によって、肌の水分が奪われてしまい肌乾燥を招いてしまうのです。

肌は冷えることによって、皮膚の機能が低下してしまい潤いが失ってしまいます。

 

他には夏の汗のベタつきが気になる事で、必要以上の洗顔によって皮脂を取りすぎてしまうことも肌乾燥に繋がる要因です。

夏で受け続けていた肌ダメージによりバリア機能が低下してしまい、秋の気温や湿度の急な変化によって一気に肌乾燥が加速していきます。

 

 

肌の乾燥を感じやすい部分

気温や湿度が低下する事により皮脂や汗の分泌が減少し、皮脂の分泌量が少ない「口元」「頬」は特にかさつきが目立つようになります。

肌のカサツキによって、「肌荒れ」「かゆみ」「粉吹き」が悪化し化粧ノリも悪くなってきます。

皮脂の分泌量が多い「Tゾーン」で乾燥を気にしている人は1~2割りに対して、皮脂の分泌量が少ない「Uゾーン」では2人から1人が肌乾燥を気にしているという結果が出ています。

 

 

肌の乾燥対策は?

秋から冬にかけて、気温や風の冷たさの影響で更に肌は乾燥します。

肌の乾燥が進行してしまうと、「しわ」や「くすみ」の原因となってしまいます。

ですので、肌の乾燥を防ぐ為には保湿効果が強いアイテムでケアを行う事が大切です。

 

自分の肌状態を見ながら、化粧水・美容液・乳液等で保湿ケアをしてみたり、加湿器で空気の乾燥を防ぐのも効果的です。

お風呂から上があった後は素早くスキンケアを行い水分蒸発を防ぎ、乾燥が酷い場合は寝る直前にもう一度保湿する事もおすすめです。

又、睡眠不足が続くとターンオーバーを促す成長ホルモンが減少し乾燥肌が悪化するので、質の良い睡眠をとる事も対策の1つです。

 

 

まとめ

夏から秋になると、夏で起きていた隠れ乾燥が気温変化により進行しやすくなります。

秋の肌トラブルを防ぎ美肌を保つ為には、肌の保湿ケアをしっかりと行い乾燥から守り潤いが逃げないようにしていきましょう。

 

こちらの記事もおすすめ



  1. この記事へのコメントはありません。