お風呂後や洗顔後に使用するタオルですが、1度使用した後はすぐに洗濯に出しますか?それとも暫く使い続けた後に洗濯に出しますか?

人によって洗濯するタイミングは違いますが、実際どのタイミングでバスタオルを洗濯するべきなのでしょうか?




使用後のバスタオルの細菌の数

バスタオルを使用した後には、1枚につき数十~数百個くらいの雑菌が付いていると言われています。

そのタオルを洗濯せず3日間放置すると、細菌の数は数万~数億個に増加してしまいます。

 

その雑菌数を具体例で表すと、バスタオル3回使用後で雑巾並み、1週間後には一般家庭の排水口並みです。

バスタオルのニオイは、汗や細菌が分解する過程で生まれるものなので、湿り気が残っている状態だと細菌はより増え続けてしまうのです。



綺麗な体をふいているのにタオルに雑菌が増える原因

お風呂後や洗顔後の綺麗な状態でふいているのに、一体どうして菌が増加してしまうのでしょうか?

実はバスタオルにいる菌は自分の肌にいる「皮膚常在菌」がほとんど。

 

どれだけ体を綺麗に洗ったとしても、完全に汚れは落とせません。その残った菌が増加してしまうのが大きな原因となります。

又、洗面台やお風呂場では高温多湿で菌が増加しやすい場所です。

 

綺麗に落とせなかった汚れや、石鹸のカスが残っているとタオルに移り雑菌が増加してしまうのです。

タオルに付いている菌が増え続けると、ニオイだけではなく体に着いた菌によってニキビ等の肌トラブルや体臭の原因にもなります。

 

 

まとめ

細菌が増加した状態のバスタオルを使用すると、大量の増加した菌が付きますが、タオルに含まれた汗や水分を増殖した通常範囲であれば、人体にすぐに悪影響が出るようなことはありません。

ただ皮膚等に炎症がある場合、皮膚の症状が悪化する可能性も考えられるので注意が必要です。

 

衛生面を考えるとバスタオルは使用ごとに洗濯、または洗濯が出来ない場合は天日や通風でよく乾かすのが望ましいと言えます。

又、枕カバーの洗濯のタイミングですが、枕カバーもニオイや汗が気になった時に洗濯をすれば問題ありません。

 

皮脂の皮脂によってニキビが出来てしまうと思われている方もおられるかもしれませんが、顔全体の皮脂量と比較すると枕から顔に移る皮脂量はしれています。

ですので、枕カバーにある皮脂も心配する事はありません。

洗濯の回数は毎日でも問題はありませんが、毎日の洗濯によって繊維がゴワついてくるので洗濯には注意が必要です。

 

こちらの記事もおすすめ