栄養面だけではなく、美肌効果にも高い効果をビタミン。

ビタミンは直接肌に塗って浸透されるのと、体の内側からとるのではどちらが効果的なのでしょうか?




ビタミンCは顔に塗っても吸収される?

今ではビタミンCが栄養面だけではなく、美肌効果にも高い効果を得られるのは誰もが知っていることです。

ですが、だからといってビタミン豊富なレモンを直接顔につけても美白効果に期待は出来ません。

 

ビタミンCは水溶性なので、肌に直接つけても浸透はほとんどしないのです。

化粧品の成分の中にはビタミンC誘導体という成分が配合されており、このビタミンCは肌に浸透して働くのではなく、化粧品の変質を防ぐ酸化防止剤として配合されています。

 

そしてビタミンCはとりだめが出来ないので、毎日摂取する必要があります。

最近では直接肌に塗ることでビタミンCを吸収できる化粧品が増えてきていますが、やはり体の内側からとるのが一番効果を得ることが出来ます。

又、ビタミンCは水溶性なので、ゆでたり長い時間水つけていると溶けてしまう特徴も持っています。

【ビタミンC豊富な食べ物】
レモン
キウイ
フルーツ
いちご
メロン
ピーマン
カリフラワー
プロッコリー
トマト



うるおいを保つ美肌ビタミン

ビタミンAは、皮膚や粘膜のうるおいを保ち、新陳代謝を促進してくれるビタミンです。

野菜などに含まれる βカロチンは、体内でビタミンAに変わります。

 

ビタミンAが不足すると、肌が乾燥して小ジワの原因になります。

また、ビタミンAやタカロチンには強力な抗酸化作用があり、細胞にある コレステロールやレシチンなどの脂質を酸化させる活性酸素の害を防いでくれるのです。

脂質が酸化すると、皮膚のハリや弾力を保つのに重要なコラーゲン線雑やエラスティック線維が変質し、シワもできやすくなってしまいます。

 

さらに、抗酸化作用は、紫外線によって起こるシワやシミ、ニキビの炎症を防ぐにも効果を発揮します。

βカロチンは油と一緒に摂取する事で吸収がよくなるビタミンAで、うなぎやレバーなどに豊冨です。

 

卵の黄身や牛乳などにも多く含まれており、βカ口チンは、にんじん・ブロッコリ一・ほうれん草などの緑黄色野菜にも多く含まれています。

ビタミンAは脂溶性ビタミンで、油に溶ける性質があります。

βカロチンの含まれる野菜などには油があまり含まれていないので、油を使って調理したり、油と一緒にとったほうが効率よく吸収できます。

【ビタミンA・カロチンを多く含む食品】
レバー
うなぎ
卵の黄身
かぼちゃ
MILK
「にんじん
ほうれんそう
牛乳




ビタミン不足になると

肌がカサカサしているのに、鼻のわきに脂っぽいブッブッができたというようなときは、、ビタミン不足の原因が高いです。

「ピタミンB」には粘膜や皮膚の健康を保つ働きがあり、不足すると、口内炎や湿疹ができ、皮脂の代謝がスムーズに行われなくなったりします。

 

影響は皮脂だけではなく、爪・毛髪の発育にも深く関係しております。

また、ニキビに悩まされている人にも、ビタミンBやBが不足していることがよくあり、過剰な皮脂はニキビを悪化させてしまいます。

 

又、ビタミンBとBは協力しあって、皮脂量を抑えてくれます。

ビタミンBは、レバー、肉類、うなぎ、しじみ、納豆、卵などに、ビタミンBは、玄米、魚、肉、卵、牛乳 レバー、豆類などに多く含まれています。

ビタミンCと同じように、ビタミンBも水溶性ビタミンなので、水に溶けやすい性質を持っています。



老化防止ビタミンでシミを防ぐ

「ビタミンE」はホルモンの分泌や自律神経の調整、血液の循環を良好にし「老化防止ビタミン」として知られています。

肌の衰えを防いだり、肌をつややかに保ち、シミができにくくしてくれる力があります。

 

人間には「自然治癒力」を持っており、傷んだ部分を修復しようとする力が備わっており、皮膚も新陳代謝によって絶えず再生されています。

ビタミンEはこの新陳代謝を促し、自然治癒力を高める力も持っています。

 

強い抗酸化作用で怖い脂質の酸化を防ぐビタミンEはまた、AやCとともに強い抗酸化作用をもつビタミンで肌の老化にも深くかかわっています。

なお、ビタミンCには、Eの抗酸化作用を助ける作用があるので、EとCは一緒にとると効果的です。

 

ビタミンEは脂溶溶性ビタミンで、駆芽、ごま油などの植物油、かつお、うなぎ、たらこ、大豆、さつまいも、ほうれんそうなどに多く含まれており、「ビタミンE」は単独でとるより食事からのほうが吸収がいいとされています。

【ビタミンEを多く含む食品】
かつお
うなぎ
大豆
たらこ
歴芽米
さつまいも
ほうれんそう
ごま油

 

こちらの記事もおすすめ



アプリ特集はこちらから