ベットに横たわる女性様々な肌のお手入れ方法がある中で、洗顔後に化粧水や美容液などを全くつけずに寝る「美容断食」という美容法があります。




これは古い角質や老廃物の排出を促進させ、肌が持つ本来の力で若返らせる方法で、エステのプロが考案したものです。

肌は毎日の食事と同じで食べたら出す排泄を繰り返しているのですが、化粧水や乳液を肌にのせてしまうと肌に余分な栄養を与えてしまい排泄機能を低下させてしまいます。

 

「美容断食」はそうした化粧品での保湿をやめて、古い角質や老廃物の排出を促進させ肌本来の力を引き出していくのです。

今回は美容断食の効果とやり方についてお話ししていきます。

美容断食がおすすめの人

加齢になると肌の水分が低下してきます。

肌を保湿する為に夜の時間、クリームなどで栄養を与えてきたけれど、年々ごわつきやシワなどを感じてきている…

 

そんな方は過度なスキンケアが原因です。
クリームをたっぷりとつける事で、毛穴を閉じ込めてしまい老廃物などの排出が妨けられてしまい「肌肥満」状態になっています。

肌がごわつき硬い人や保湿クリームをつけなければモチモチ肌にはならない方には「美容断食」はおすすめです。

【美容断食がおすすめの人】
・肌に透明感が無くなってきている
・肌のきめが荒く、硬くてごわついている
・毛穴が目立ってきている
・肌に化粧水など浸透しずらい

 

 

美容断食のやり方

美容断食を始めたばかりは、肌につっぱりを感じるかもしれませんが、少しすれば肌が慣れて落ち着いてくると思います。

初めてすぐに効果を得られるものではありませんので、まずは3週間程は継続して続けてみましょう。

早い方は3日間、大体の方は1週間程で変化を感じられる方が多いですが、個人差があるので効果が出るのに時間がかかってしまう方もおられます。

 

就寝前のお手入れ

クレンジングで顔に優しくなじませてメイクを落としていきましょう。

クレンジングで顔全体にのばした後は、数秒おいてからメイクを吸着させ、優しくなでるように汚れを浮かせていきます。

メイクが落ちてないのは危険です。
クレンジング剤が残っている状態や、肌を長時間マッサージするのは肌トラブルの原因になるので気をつけて下さい。

ぬるま湯で優しく顔をこすらないようにして、クレンジングのぬめりが無くなるまで洗顔をしましょう。

クレンジング料を落とした後は、柔らかいタオルで水滴をふき取って下さい。

顔のつっぱりや乾燥がどうしても気になる場合は、気になる部分だけ化粧水を薄くつけて水分を補うようにして下さい。

朝のお手入れ

翌朝は洗顔料で洗顔後、普段と同じようにスキンケアとメイクをしても大丈夫です。

美容断食をした後は、老廃物が沢山出ているので石鹸で泡立てて優しくなでるように洗顔して下さい。

洗顔後は化粧水をなじませて、肌が乾燥してしまう前に適量のクリーム等で保湿しましょう。

 

 

注意点

肌には個人差があるので、「美容断食」で肌の状態が悪化した場合はすぐに中止して下さい。

「美容断食」は肌本来が持ち力を引き出す美容方法なので、肌荒れが酷い状態は自ら潤う肌力がないので難しい場合があります。

 

敏感肌の方や皮膚科系のトラブルがある方は、医師に相談してから「美容断食」を行って下さい。

「美容断食」で成功した人の意見を聞くよりも、専門家に自分の肌の状態を診てもらい見解を聞くのが1番です。

 

 

まとめ

これまで化粧水などのスキンケアで肌の保湿を頼ってきた方は「美容断食」を行う事で乾燥が気になってしまうかもしれません。

ですが、それは肌の乾燥が進行し肌本来の力が失ってきている可能性が高いです。

「美容断食」は肌本来の力を引き出してくれるので、今回お話をした事を軸に自分の肌状況に合わせた方法で試してみて下さい。

おすす美容グッズ