美容のためには入浴より睡眠・運動が効果的


 

半身浴の美容効果

多くの女性が、半身浴は美容によい、というイメージをもっています。
 
半身浴とは、ぬるめのお湯にみぞおちのあたりまでつかる入浴法のこと。
 
長時間つかって発汗することで、「毛穴の汚れがとれて肌がきれいになる」「代謝が上がって冷え性が改善される」といった美容効果があると思われているようです。
 

 
でも、汗の出口(汗腺)と毛穴(皮脂腺)は、別の穴。汗を出しても、毛穴の掃除にはなりません。
 
また、入浴で体が温まるのは一時的なもので、時間がたてば冷えてしまいます。
 
さらに、半身浴での汗出しをしすぎると汗をかきやすくなり、夏に汗ジミやあせもに悩まされる原因となることもあります。
 
入浴は、疲労回復には有効ですが、大きな美容効果を期待するのは無理があります。
 
代謝アップをめざすなら、入浴よりも筋トレを。
 
全身に血液を巡らす役割を果たしているのは、筋肉だからです。 筋肉をきたえることで血行がよくなり、冷え性の改善や、やせやすい体づくりにもつながります。
 
美肌や代謝アップに必要なのは、半身浴よりも、規則正しい睡眠と、適度な運動だと言えるでしょう。
 

 

半身浴の勘違い

【毛穴の汚れがとれる】
汗が出る汗腺と毛穴は別の穴なので、毛穴の汚れはとれない。
 
【やせる】
汗をかくことで減るのは、体の水分だけ。また、基礎代謝を根本的に上げることもできない。
 
【代謝がアップ】
血行促進して代謝がアップしても、効果は一時的。肌代謝には、睡眠のほうが大切。
 
【冷え性が改善】
入浴中は体が温まるが、時間がたてば体温は下がる。体を温める力のアップにはつながらない。
 
【寝つきがよくなる】
熟睡できる就寝のタイミングは、いったん上がった体温が下がるとき。寝る前の入浴は、安眠につながる。
 
【リラックスする】
36~39度ほどのお湯につかると副交感神経の働きが活性化し、リラクゼーション効果が高まる。
 

 

目的に合わせた入浴方法

リラックスしたいときは、体温程度のおふろでのんびりと。
 
反対に、シャキッとしたいときは、少し熱め、またはひんやりするぐらいのおふろやシャワーを試してみましょう。
 
【疲れているとき】
39度ぐらいの熱すぎないお湯にゆっくりつかる。長くつかりすぎると体力を消耗してしまうので、入浴は30分ほどで切り上げる。
 
【湯ざめしないうちにベッドへ】
おふろからあがったら、できるだけ早く寝る。体が温かいうち にふとんに入ると、体温が下がっていくときに眠くなり、自然に熟睡できる。
 
長時間の入浴は、体力と時間に余裕があるときに。忙しい平日などは、入浴は手早くすませ、睡眠時間を確保したほうがよい。
 
【朝の外出前】
36~37度ぐらいのシャワーをさっと浴びる。ぬるめのお湯の刺激で目がさめ、あとから体も温まってくる。
 
体を温めすぎると、湯ざめするので注意が必要。
 
【心身をスッキリさせたい時】
少し熱め(40度ぐらい)のお湯につかり、短時間で体を温める。熱めのお湯は交感神経を刺激するため、頭がシャキッとする。ただし、長く(15分以上)つかってしまうと逆効果になるので注意。
 

 

入浴の効能は清潔とリラックス

世間では「汗が出る=代謝がよい」とよく言われており、半身浴などでたくさん汗をかくことが人気です。
 
でも医学的には、汗かきだから代謝がよいとは言えません。
 
発汗量は体質による違いが大きく、さらに半身浴などで汗をかく訓練をしていると汗が出るようになってきます。
 
ただし、それは単に汗かきになったということであり、代謝が上がったことにはなりません。
 
「代謝がよい」とは、基礎代謝(1日の基本的な消費エネルギ ー)が高いことです。
 
筋肉が少ないと基礎代謝が下がるので、代謝アップのためには、運動を習慣にして筋肉を維持することがいちばん。
 
半身浴で汗かきになっても、代謝が上がってやせやすくなるわけではないのです。
 
入浴の主な効果は、疲労回復やリラックスです。
 
こうした効果は、間接的に美肌づくりにも役立っています。
 
リラクゼーション効果を高めるため、入浴剤を使うのもよい方法。
 
保湿成分が含まれているものを使うのもおすすめです。
 
塩や炭酸で発汗したりやせたりする、というのは俗説。入浴剤は、あくまで気分的なものと心得ましょう。
 

 

リラクゼーション効果アップの入浴剤

【ハーブバス】
好みのハーブティーをお茶パックなどにつめて鍋に入れ水を加えて20分ほど煮出す。煮汁と煮出したパックを浴槽へ。
 
【みかん湯】
みかんの皮をよく洗って、ちぎる。キッチンペーに入れ、、パーを広げた皿にのせ、電子レンジで加熱して軽く乾燥させる。ガーゼなどに包んで浴槽へ。
 
【バスソルト】
粗塩に、好みの精油を数滴加えて混ぜる。精油には成分が強いものもあるので、一度に浴槽に入れるのは5~6滴程度を目安に。
 
【米ぬか】
米ぬかを、ガーゼなど目の細かい袋に入れて口を閉じ、浴槽に入れる。保湿効果があるので、肌の乾燥が気になるときに。 ※ 精油には、妊娠中の人は使用を避けたほうがよいものもあるので注意する。
 

 

こちらの記事もおすすめ


 


 

アプリ特集はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。