こ化粧水より美容液を重視

肌によい成分が多く含まれているスキンケアアイテムが美容液です。
 
美容液といっても様々なタイプがあり、テクスチャーや効果はさまざまです。
 
普段のケアとして使用するなら、まずは保湿効果のある美容液を基本に選びましょう。
 
セラミド(角質細胞間脂質)は、肌表面にある角質細胞同士をつなぎとめる脂質の一種なので、最も保湿力が高いのでオススメです。
 
水と結びつく性質を持っているので、高いうるおいキープ能力を発揮しますが、水に溶けないセラミドは化粧水には配合しにくいため、ほどよく油分を含む美容液などから補うのが効果的です。
 
セラミドは肌の内部でつくられていますが、加齢とともに減少するので外からも補う必要があります。
 
また、美容液には保湿以外に、美白やアンチエイジングなど様々な効果をもつタイプがあります。
 
基本的に美容液は化粧水より高いのですが、スキンケアの主幹をなすものです。自分の肌の状態に合うものを選びましょう。
 
すべてのアイテムにお金をかける必要はありません。
 
美容液はよいものを選び、その分、化粧水や石けんは抑えめの価格でもOK。
 


 

こ美容液の効果と成分

美容液は水っぽいジェルからクリームのようにこってりしたものまで、形状は様々です
 
肌にやさしいのは、サラッとしたジェルタイプガ多く、かたいゲル等は肌への刺激が強い増粘剤が含まれている場合が多いです。使用感を確かめてみましょう。
 
【保湿】
うるおいをとどめ、しっとりした肌を保つ。
・セラミド
・スフィンゴリピッド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン
・レシチンなど
 
【美白】
メラニン色素がつくられるのを防ぎ、シミを予防する。
・アルブチン
・エラグ酸
・ルシノール
・ビタミンC誘導体
・カモミラET
・トラネキサム酸など
 
【アンチエイジング】
コラーゲンをふやす、活性酸素から肌を守るなどの働きにより、老化を予防する。
・ビタミンC誘導体
・ナイアシン(ビタミンB3)
・レチノール
・甘草エキス
• AHA, BHA
・各種ポリフェノールなど
 

こちらの記事もおすすめ