クレンジング時は肌を傷める危険性が!


 

クレンジングは早く優しく

普段のスキンケアの中で、1番に肌の負担になるがクレンジングです。
 
クレンジングで肌を傷めないようにするには、時間をかけず手早く終わらせるのが重要です。
 
クレンジング料を肌にのせてからすすぎ終わらせるまで、理想の時間としては約1分程度です。
 
沢山使うのが勿体ないからといって、クレンジングの量を少なくするのは止めましょう。
 
クレンジング料が少ないと肌を摩擦してしまうので、肌と手の間のクッションになる位の量を目安に使用して下さい。
 
クリームタイプなら、さくらんぼ2個分が目安となります。
 
油分が多く肌が強いTゾーンから、Uゾーン⇒目元⇒口元と順番にのばしていき、メイクアップ料がなじんだ後、ぬるま湯で手早くすすいで下さい。
 
ここまでにメイクの60%位が落ちていれば大丈夫です。
 
注意しなければいけないことは、クレインジングの時に力を入れてゴシゴシこすらないようにして下さい。
 
特にほお骨の高い部分に力がかかってしまうことが多く、それを長く続けると肌が黒ずんでくるケースもあります。
 
また、クレンジングの時にフェイスマッサージを行う方もおられますが、肌につけている時間が長くなり、肌にダメージを与えてしまうのでやめましょう。
 
クレンジング料には界面活性剤が入っているので、マッサージの効果よりダメージの方が大きくなってしまいます。
 


 

肌に優しいクレンジング

①Tゾーンになじませる ひたい⇒鼻にクレンジング料をのせ、指の腹でファンデーションとなじませていく。
 
②Uゾーンになじませる ほお⇒あごへ、クレンジング料をのばす。肌を強くこすらないように気をつける。
 
③目元・口元になじませる 目元や口元は肌が薄くて弱いので最後。カを入れず指の腹で優しくなじませる。
 
④ぬるま湯ですすぐ 36~37度のぬるま湯ですすぐ。肌をこすらず、すくったお湯に顔をつけるつもりで。すすぎまで1分程度で終わらせましょう。
 

こちらの記事もおすすめ

  1. この記事へのコメントはありません。