ムダ毛を抜く処理は肌への負担が大きい

ムダ毛のセルフケアとしては、「抜く」または「そる」方法が一般的です。
 
どういうやり方をしても、ムダ毛のケアは多少は肌に負担をかけるものです。
 
特に肌への負担が大きいのが、ムダ毛を抜くこと。毛を抜くのは、皮膚の一部をちぎるのと同じことだからです。
 
毛根部は生きていて、皮膚とつながっています。
 
毛を抜く際に痛みを感じるのはそのためで、毛穴の奥では出血もしているのです。
 
毛を抜くと、毛穴が炎症を起こして化膿したり色素沈着を起こしたりすることもあるので、注意が必要です。
 
脱毛による肌トラブルは、処理の直後に起こるとは限りません。
 
数週間たって毛が生えてきたときに炎症を起こすこともあり、その場合、ムダ毛処理が原因だと気づかない人もいるのです。
 
また、脱毛をくり返すことによって、毛穴にはダメージが蓄積されていきます。
 
そのため、同じ方法で処理を続けていても、急に肌トラブルが起こることもあります。
 
ムダ毛を抜く方法には、毛抜き、脱毛テープ、ワックス、脱毛器などがあります。
 
それぞれの長所と短所を知り、できるだけ肌にやさしい方法を選びましょう。
 

 

「抜く」ムダ毛ケアの道具と特徴

【毛抜き】
毛抜きで毛を1本ずつ引き抜く。長く続けると皮膚がかたくなったり、シミになったりすることも。皮膚の下に埋もれた「埋没毛」ができ、そこから毛穴の炎症などが起こることもある。
 
【脱毛テープ】
脱毛したい部分に専用のテープを貼り、テープをはがすときに毛もとり除く。広い範囲を一度に処理できるが、毛だけでなく角質もはがしてしまうことが多く、肌へのダメージが大きい。
 
【ワックス】
脱毛用のワックスを肌に塗り、かたまったらはがす。脱毛テープと同じように使えるワックスつきシートもある。ワックスが肌を温めるため、毛抜きよりは肌の負担が小さいが、広範囲に脱毛するため、トラブルが起こったときのダメージは大きい。
 
【脱毛器】
電気式の脱毛器。肌を伸ばして押さえたり、温めたりする機能がついているものもあり、毛抜きよりは肌にやさしい。光を使うタイプのものもあるが、家庭用の機器には永久脱毛効果はない。
 

 

カミソリは替え刃式にして使用

肌の状態に合わせて自分に合う道具を使いましょう!
 
ムダ毛をそる処理法は、抜くことにくらべて毛穴への負担が少なく、手軽に行えます。
 
ただし、肌の表面が傷つき、赤くなる、ヒリヒリするなどの「カミソリ負け」を起こすこともあります。
 
トラブルを防ぐためには、肌に合う道具を選ぶことが大切です。
 
ムダ毛をそる道具には、安全カミソリと電気カミソリの2種類があります。
 
安全カミソリのメリットは、肌に当てる強さや向きなどを自由に調節できること。
 
刃の質のよさを考えると、使い捨てより替え刃式のものがおすすめです。
 
そる前には肌に乳液や石けんなどを塗り、両腕と両脚をそったら刃をとり替えるぐらいが理想。
 
刃が傷むと、肌を傷つけるからです。電気カミソリのメリットは、毛だけを引き込んでカットするため、皮膚を傷つけるリスクが低いこと。
 
ただし、それでも肌質によってはカミソリ負けを起こします。
 
どちらのタイプを選ぶかは、肌の状態を見ながら決めるとよいでしょう。
 
そったあとの肌が乾燥してかゆくなる人には、電気カミソリがおすすめ。
 
反対に、毛穴が鳥肌のようになっている人は電気カミソリで肌を傷つけやすいので、安全カミソリを使いましょう。
 

 

「そる」ムダ毛ケアの道具と特徴

道具選びは肌の状態に合わせて!
 
毛穴が鳥肌のようにボツボツしている←安全カミソリがおすすめ!
 
安全カミソリでそったあと、肌が乾燥してかゆみが出る←電気カミソリがおすすめ!
 
肌の状態や体調によっては、そることでも肌トラブルが起こることもあります。
 
【安全カミソリ】
細かい力加減がしやすい。使い捨てのほか、替え刃式のものもある。切れ味が悪くなると肌を傷つけやすいので、こまめに刃をとり替える必要がある
 
【電気カミソリ】
穴の中に毛を引き込んでカットする。深ぞりができるため、ムダ毛処理の効果が長持ちする。ただし、肌質によっては合わないことも。
 

 

ムダ毛処理の基本

ムダ毛の処理は、どうしても肌を傷つけてしまいます。
 
ダメージを最小限に抑えるために、守りたいことがいくつかあります。
 
【体調が悪い時の注意点】
・体調が悪いときは行わない。
・体調が悪いと肌トラブルが起こりやすく、傷ついた肌の回復も遅くなる。
・また、生理中や睡眠不足のとき、風邪などで体調がすぐれないときは処理を行わない。
 
①肌を清潔にしてから ムダ毛処理をすると、多少は肌に細かい傷がつく。傷から雑菌が入るのを防ぐため、処理する部分を石けんで洗って清潔にしておく。
 
②肌を温める 肌も毛も、温度が下がるとかたくなるため、処理しにくくなる。おふろあがりなど、肌が温まっているときに行うか、処理前に蒸しタオルで温めておく。
 
③石けんや乳液を塗る 安全カミソリで除毛するときは、そる部分に乳液や軽く泡立てた石けんを塗り、刃のすべりをよくしておく。電気カミソリを使う場合は必要ない。
 
④逆ぞりはほどほどに カミソリは、毛が生えている向きと同じ方向に動かすのが基本。毛が生えているのと逆の向きからそったほうが深くそれるが、その分、肌を傷めてしまう。
 
⑤処理後はよく冷やす
 
ムダ毛処理後は、肌が刺激を受けて炎症を起こしている。処理を終えたら、水で冷やした清潔なタオルを当てて少し時間をおき、肌のほてりをしずめる。
 

 

「永久脱毛」よくある質問

正しく行えば、ムダ毛処理から解放される「永久脱毛」。
 
おもな2つの方法について、それぞれの特徴や効果を知っておきましょう。
 

永久脱毛の方法は?

A:大きく2種類に分かられます。
 
「永久脱毛」と呼ばれているものには、以下の2種類があります。 ①光を使うもの レーザー脱毛のほか、光脱毛、フラッシュ脱毛などがあります。毛の黒い色に反応 する光を照射し、毛と毛根を焼きます。 ②電気脱毛 針(ニードル)脱毛とも呼ばれます。毛穴に電極の針を入れ、毛根に通電します。

電気脱毛の特徴は?

A:毛穴に針を入れて電流を流す
 
電気脱毛は、毛穴に細い針を入れ、電流を流して毛根を破壊する方法です。メリットは、肌表面へのダメージがなく、肌質を選ばずに行えること。1本ずつ処理できるので、少ない数のムダ毛を確実に減らすのに適しています。 デメリットは、処置に時間がかかることと、処置前にある程度毛を伸ばしておく必要があること。レーザー脱毛にくらべて痛みも強めです。

肌が弱い人は永久脱毛ができない?

A:医師のいるクリニックで正しく行えばOK
 
永久脱毛を正しく行えば自己処理をしなくてすむようになるので、脱毛後の肌トラブルは、むしろ減ります。肌が弱くて心配な人は、医師が診察しているクリニックで脱毛を受けましょう。

永久脱毛の注意点って?

A:技術が未熟だとトラブルも
 
電気脱毛の場合、施術者の技術レベルが低いと、時間がかかりすぎたり、肌の表面がやけどを起こしたりすることがあります。
 
レーザーなどの光を使う脱毛の場合は、光が強すぎたためにやけどをしたり、反対に、弱すぎたために毛が減らなかったりするケースがあるようです。
 
光を用いた脱毛では、1度目ではなく3~4度目の施術後にトラブルになることがあるので、注意が必要。
 
また、特にワキの場合、レーザーや光による脱毛をしたあと、多汗症になる例も見られます。
 
こうしたトラブルを防ぐためには、初めに医師が肌や毛の状態をよく見て脱毛プランを立ててくれるクリニックで施術を受けましょう。

レーザー脱毛の特徴は?

A:レーザー光線で、毛根を焼く。
 
レーザー脱毛は、毛の黒い色に反応する光を照射して毛根を焼く方法です。
 
メリットは、短時間で広い範囲の処理が可能なこと。ただし、肌の色が濃いとやけどを起こすことがあるため、肌の色が濃い人や日やけしている人などには不向きです。
 
また、やけどを防ぐために出力を弱めすぎてしまうと、十分な効果が得られなくなります。 レーザー以外の光を使う「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」と呼ばれる方法も普及していますが、レーザーのほうが性能は高いようです。
 
ちなみに、レーザーを扱うことができるのは医療機関だけです。

本当に「永久」脱毛になる?

A:方法によって効果が異なる
 
永久脱毛の効果が最も確実なのは、電気脱毛。レーザーや光を用いたものは毛がすべてなくなるとは限らず、ある程度までしか減らないことがあります。
 

 

おすすめの美容クリニック・美容機器・美容クリーム

カルミア美肌クリニック
 
ヘアーリデューシングクリーム

 
脱毛器ケノン

 
2PSクリスタル

 
脱毛ラボ