ひじ&ひざの黒ずみの正体は?


 

角質をとり除き保湿を

ひじやひざが黒ずんで見えたりカサついたりするのは、古い角質がたまっていることが原因です。
 
ほおづえをつく、ひざをつくなど、ひじやひざには外部からの刺激が加わることが多いため、角質が厚くなりやすいのです。
 
予防・改善のために必要なのは、余分な角質をとり除くこと。
 
乾燥も角質が厚くなる原因になるので、保湿ケアもしっかりしましょう。
 
ひじ・ひざのケアは、週に1~2回、おふろの中で行うとよいでしょう。
 
湯ぶねにつかって肌をやわらかくしてから、気になる部分をスクラブ入りの洗浄料でマッサージします。
 
こすりすぎるとかえって角質が厚くなる原因になるので、手のひらでやさしくこするのがポイントです。
 
入浴後はすぐに水けをふき、尿素入りのクリームなどで保湿をします。
 
尿素は保湿と角質柔軟作用をあわせもつもので、ひじやひざのケアに適しています。
 
どうしても外からの刺激を受けてしまうひじやひざは、ケアしてもまた黒ずんできてしまいます。
 
定期的なケアを続けることが大切です。

ひざ&ひじのケア

【尿素入りクリームで保湿】
おふろからあがったら、すぐに水けをふきとり、クリームを塗って保湿する。角質柔軟作用があるので、尿素が配合されているものがおすすめ。
 
【スクラブでマッサージ】
入浴の際、スクラブ入りの洗浄料で軽くマッサージする。ボディ用が見つからない場合は、洗顔用のスクラブを使うとよい。ただし、顔にはスクラブは使わない。
 

やってはいけないケア

【外部からの刺激を与える】
外部からの刺激が加わると、角質は厚く、かたくなる。ほおづえをつく、ひざで立つなど、ひじ・ひざに摩擦や圧迫が加わる癖に注意する。
 
【美白化粧品を塗る】
美白化粧品の働きは、メラニン色素の生成をじゃますること。ひじやひざの黒ずみの原因はメラニン色素が過剰にできることではないので、改善効果はない。
 

 

軽石&尿素入りクリームでケア

かかとのガサガサも、ひじやひざの黒ずみと同様、古くなった角質がたまることが原因です。
 
足の裏には常に体重がかかるため、立ったり歩いたりする際の衝撃や摩擦から肌を守るために角質が厚くなってきてしまうのです。
 
角質は死んだ細胞なので、厚くなった分はとり除いてかまいません。 かかとのガサガサをそのままにしておくと角質肥厚がさらにすすみ、ストッキングなどにひっかかったり、ひび割れて痛くなったりすることもあります。
 
かかとのケアは1週間に一度を目安に、入浴中に行いましょう。
 
かたくなった角質をとり除くには、目の細かい軽石を使うのがおすすめです。
 
まずは湯ぶねにつかり、角質をやわらかくします。
 
その後、すべりをよくするため、かかとに石けんを塗り、軽石で円を描くように軽くこすります。
 
おふろからあがったら、すぐに水けをふき、保湿効果が高く、角質をやわらかくする働きもある尿素入りのクリームを塗っておきましょう。
 
底がかたい靴を履くことが多い人は、とり除いてもまた角質がたまってしまうので、こまめにケアしましょう。
 

かかとのケア

【尿素入りクリームで保湿】
水けをふきとり、尿素入りのクリームを塗る。尿素は肌の中でつくられる保湿成分の一つ。保湿効果が高く、角質肥厚の予防にも役立つ。
 
【軽石でこすって角質をとる】
入浴中、または足湯などで肌の表面をやわらかくしてから行う。かかとに薄く石けんを塗り、力を入れずに、軽石で円を描くようにこする。
 

やってはいけないケア

【底が薄くてかたい靴を履く】
靴底が薄くてかたいと足に強い衝撃が加わり、角質肥厚が起きやすくなる。靴はスニーカーが理想だが、パンプスを履くときは、クッション性のある中敷きを。
 
【素足でサンダルを履く】
角質肥厚の原因は、乾燥や、外から力が加わること。はだしだと肌が乾燥しやすいうえ、歩く衝撃が強く伝わるので角質が厚くなりやすい。
 

 

こちらの記事もおすすめ


 


 

アプリ特集はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。