拭き取り化粧水を使用すれば、お肌が美肌になると聞いて使用された経験はありますでしょうか?

この拭き取り化粧水は一般的に販売されている化粧水とは役割が違い、汚れや角質ケアの為に拭き取って使用する化粧水のことです。

 

一見、お肌のスキンケアにとって良さそうに思える「拭き取り化粧水」ですが、使用方法を間違うとお肌にダメージを与えてしまう危険性を持っているのです。

今回は「拭き取り化粧水」についてお話しします。




拭き取り化粧水とは?

一般な化粧水は保湿を主な目的に使用する化粧水で、拭き取り化粧水は洗顔後に残ったメイクの残りや古い角質などを拭き取ることを目的とした化粧水になります。

 

加齢によって起こるお肌のターンオーバーの低下を促進させ古い角質をはがし、くすみや角質肥厚を改善する力を持っています。

又、拭き取り化粧水によってはピーリング効果を持ったものも存在しています。

【拭き取り化粧水の使用方法】

洗顔の後に化粧水で保湿する前に使用します。

一般的な化粧品とは違い、自分の手ではなく必ずコットンを使って下さい。

 

コットンに拭き取り化粧水を染みこませ、優しく拭き取るように使用します。

拭き取り化粧水は保湿化粧水とは違って、洗顔・クレンジングを補う為に使用するものなので、一般の化粧水と同じように使わないようにして下さい。

 

 

拭き取り化粧水のデメリットは?

正しい使い方をする事で加齢によって起きるシワ・シミなどの改善に期待出来るのですが、拭き取り化粧水を使用することでお肌に刺激を与えてしまいバリア機能を低下させてしまうリスクがあります。

 

皮脂や角質を必要以上に取り除く事は、新しい角質も一緒に取り除かれお肌に反対にダメージを与えてしまうのです。

洗顔後に残った角質は、見映えが悪いので古い角質だと思われている方が多いのですが、実はこれはまだ出来てから日が短い未熟な角質なのです。

【昔のクレンジングには注意が必要】

拭き取り化粧水が必要なのは昔のクレンジングだけです。

昔使用されていた、クレンジングの中には界面活性剤を使用せずミネラルオイルなどの油の力だけで化粧を浮かせていました。

 

その為、クレンジング力が少なく肌にメイクが残ってしまうので拭き取り化粧水が使われていたのです。

今では拭き取り化粧水を併用して使用する必要はありません。

拭き取り化粧水を使用する上での注意

肌をこする事で角質が厚くなってしまい「メラニン」が生成してしまいます。

肌にメイクが少し残っていたとしても、古い角質はターンオーバーによって一緒に取れるので無理に取らないようにして下さい。

毛穴にメイクが残り詰まっている方は、今行っているクレンジングを見直して下さい。

【コットンを使用する上での注意】

拭き取り化粧水はコットンで皮膚をこすりますが、刺激を受けた肌は身を守るために「角質」を厚くしてしまいます。

メラニンは紫外線だけでなく、あらゆる「刺激」によって生成される物質なのでシミの大きな原因になってしまうのです。

又、コットンに茶色い汚れがついていても、汚れだけではなく角質も一緒に剥がしてしまうので無理に取らないようにして下さい。

角質ごと取り除かれてしまい、肌の未熟な状態が続いてしまいいつまでもお肌が改善されないので注意が必要です。

 

 

拭き取り化粧水の成分

【界面活性剤】

分子内に水になじみやすい部分と、油になじみやすい部分を持つ物質の総称。
水と油のように、混ざり合わない2つを馴染ませることができる物質のことを指します

主にクレンジング料・洗顔料・シャンプーなどに含まれており、何種類かの界面活性剤を配合する事でクレンジング効果を得る事が可能となります。

【アルコール】

成分表示では、エタノールと記載されます。

アルコールを高濃度で配合する事によって、皮脂や汚れなどの油分を取り除く力に期待が出来ます。

殺菌効果や収れん効果を持つアルコールですが、お肌を乾燥させてしまうデメリットも持っています。

【AHA(アルファヒドロキシ酸)】

AHA(アルファヒドロキシ酸)はクエン酸・グリコール酸・リンゴ酸・シトラス酸・乳酸・酒石酸を総称した名称で、フルーツにも含まれる成分からフルーツ酸と呼ばれる事もあります。

AHA(アルファヒドロキシ酸)は緩やかなピーリング効果を持ち、水溶性の成分でお肌の角質層を溶かす力によって、ターンオーバーの促進に期待が出来ます。

配合濃度の高さによって、敏感肌の方は赤み・湿疹などの症状が起きる場合があります。

【尿素】

人が持っている、肌表皮の角質層にある「天然保湿因子」の約7%の成分になります。

尿素の角質を溶かす力によって角質層を柔らかくし、水分を取り入れる事で保湿力を向上してくれます。




おすす美容グッズ