顔の毛穴の役割は皮脂の出口

毛穴は皮脂腺の出口です。
 
毛穴の大小には生まれつき個人差があり、皮脂腺が大きい人(オイリー気味の肌の人)は、毛穴も大きく、目立ちやすくなります。
 
ただし、「以前にくらべて毛穴が広がってきた」と感じるなら、それは「たるみ毛穴」かもしれません。
 
たるみ毛穴とは、加齢によってコラーゲンが減ったために、毛穴がゆるんで開いたもの。
 
コラーゲンをふやすスキンケアに加えて、脂とり紙でこまめに皮脂をとり除く習慣をつけましょう。
 
毛穴の周りにたまった皮脂は、酸化すると過酸化脂質にかわり、肌の老化を進める原因になるからです。
 
また、「毛穴に何かつまって黒ずんでいる」と訴える人の多くが、実際には何もつまっていません。
 
毛穴は「穴」なので、肌に影ができ、汚れていなくても黒っぽく見えるものなのです。
 
ただし、皮脂が多い人では、「角栓」が毛穴につまることも。
 
毛穴がザラザラするような場合は、余分な皮脂と角質をとり除くケアを行います。 ただ、毛穴のつまりをとることに熱心になりすぎて肌を傷めてしまう人も多いので、注意しましょう。
 

 

気になる毛穴の種類

【たるみ毛穴】
コラーゲンの減少によって肌が弾力を失い、毛穴がだらんと開いたもの。
 
【角栓づまり】
古い角質と皮脂が混ざって「角栓」となり、毛穴をふさいだもの。ブラックヘッド、イチゴ毛穴などとも呼ばれる。
 
【意外に勘違いされやすいケア】
オイルクレンジングで毛穴の大掃除 油性の汚れを落とす力が強いオイルタイプのクレンジング料を使っても毛穴の汚れはとれず、仮にとれたとしても毛穴は小さくならない。
 
冷水で毛穴を引きしめる。 冷水などで冷やすと肌が引きしまる感じがするが、毛穴を小さくする効果はない。急な温度変化は赤ら顔の原因になるので注意。
 

 

毛穴のタイプ別正しいケアの実際

目立つ毛穴のうち、「たるみ毛穴」はほおに多く、毛穴が縦に延びているのが特徴。
 
肌の老化によって毛穴の広がりも進むので、早め早めのケアが大切です。
 
おすすめのケアは、ピーリングやレチノール入りの化粧品でターンオーバーを活発にし、コラーゲンをふやすこと。
 
レチノールは刺激が強いため、使い始めは肌がカサつくこともありますが、使い続けるうちに落ち着いてきます。
 
「角栓づまり」は、鼻とその周りによくできます。
 
ケアのポイントは、毎日の洗顔で皮脂と角質をとり除くことです。
 
余分な油分を含まず、さっぱり洗える洗顔料で、朝晩、きちんと洗顔を。
 
それでも毛穴がザラついているような場合は、酵素を配合した洗顔料を使ってみるのも有効です。
 
また、週に1~2回のピーリングも習慣に。
 
酵素洗顔やピーリングには、余分な角質をとり除き、肌をやわらかくして毛穴を目立たなくする効果があります。
 
はがすタイプの毛穴パックも角栓をとり除くのに役立ちますが、はがす刺激で毛穴 が広がってしまうことがあるので、月2回ぐらいにとどめましょう。
 
消しゴムかすのようにこすって落とすゴマージュは、刺激が強いので注意が必要です。
 


 

タイプ別・毛穴ケア

角栓つまり
余分な皮脂と角質をとり除く
【洗顔をていねいに】
洗顔石けんなど、さっぱり洗える洗顔料を使う。皮脂は寝ている間も分泌されているので、夜だけでなく、朝も必ず洗顔料を使って洗顔を。
 
【ピーリング】
週に1~2回のピーリングや酵素入りの洗顔料で、「角栓」の原因となる肌表面の古い角質をとり除き、毛穴の周りの肌をやわらかくする。
 
【酵素洗顔】
タンパク質を分解する酵素が配合された洗顔料は、角栓の予防に効果的。肌が弱い人は、週1~2回程度までにしておく。


 
たるみ毛穴
コラーゲンをふやして肌のハリをアップ!
【レチノール配合の化粧品】
レチノールは、シワ予防のためのアイクリームなどに配合されていることが多い。たるみ毛穴対策として、ほおなどに塗っても有効。
 
【ピーリング】
ターンオーバーが活発になり、コラーゲンアップにつながる。ふきとる、タイブやこするタイプは刺激が強いので、洗い流すものがおすすめ。
 
【ビタミンC誘導体】
ビタミンCは、コラーゲンをつくる際に欠かせない成分。肌に浸透しやすいビタミンC誘導体は水溶性のため、化粧水に多く配合されている。
 

 

たるみのあらわれ方

たるみはシワと同様、肌のコラーゲンが減ることがおもな原因です。
 
また、表情筋がたるむことも、顔のたるみに関係しています。
 
顔にある表情筋は、皮膚に付着しています。
 
皮膚と筋肉は互いに支え合っているため、表情筋がたるむと、顔の皮膚もたるんでしまうのです。
 
たるみはまず、毛穴の開きとしてあらわれます。
 
ほおの毛穴が開いてきた、縦長になってきた、などがたるみの初期症状。
 
さらに、まぶたが下がって重そうになる、目の下にクマのような影ができる、などの変化もたるみによるものです。
 
進行するとほお全体が下がって法令線ができ、あごのラインも下がって二重あごになります。
 
たるみのケアに有効なのは、レチノールやビタミンC誘導体が配合された化粧品を使ったり、ピーリングを行ったりしてコラーゲンをふやすこと。
 
さらに、表情筋のたるみを解消するため、筋トレも行いましょう。
 
ただし、たるみは皮膚の深いところで起こる変化なので、セルフケアだけで改善す るのは難しいもの。
 
どうしても気になる場合は、クリニックで相談してみましょう。レーザーや注射などによる治療で改善できます。
 

 

たるみ対策

コラーゲンアップに役立つスキンケア おすすめは、ビタミンC誘導体配合の化粧水やレチノール入りのクリームなど。肌の代謝を活発にするピーリングも定期的に行うとよい。
 
あごの筋肉をきたえるトレーニング 少量の水を入れた小さいペットボトルを、歯を使わずに唇でくわえてもちあげる。10秒キープして下ろし、同様にあと2回行う。※顎関節症などの異常や、あごに痛みがある人は行わない。
 
緊張感のない表情をしている。 表情筋のたるみを防ぐためには、顔を適度に引きしめておくことも大切。日ごろ から、だらしない表情にならないように注意する。
 
力を入れてマッサージ コラーゲンは線維状の組織なので、肌を強く引っ張ったりもち上げたりすることによって引きのばされ、切れてしまうこともある。
 

こちらの記事もおすすめ


 

アプリ特集はこちらから