乾いた肌に必要なのは保湿成分

肌の乾燥が気になるとき、化粧水やミネラルウォーターをスプレーする人がいますが、こう した方法は、乾燥肌対策としておすすめできるものではありません。
 
乾燥した肌に必要なのは、水分ではなく、保湿成分。
 
水分をスプレーした直後は肌がしっとりしますが、時間がたてば水分は蒸発してしまいます。 さらに水が蒸発する際、肌のうるおいまで奪うため、かえって乾燥が進む可能性もあるのです。
 
化粧水のなかには保湿成分が入っているものもありますが、水っぽいものに含まれる保湿成分は、ごくわずか。
 
スペシャルケアとして人気が高いスチーム美顔器にも同じことが言えます。
 
水蒸気には保湿成分が含まれないため、保湿作用は一時的なものに過ぎず、乾燥肌の根本解決にはなりません。
 
乾燥肌対策として有効なのは、美容液でセラミドなどの保湿成分を補うことです。
 
本物のセラミドは、「セラミド2」「セラミド3」のように数字が表記されているもの。
 
成分表示でチェックしましょう。
 
ただし、セラミドは比較的高価な原料なので、低価格の化粧品には少ししか配合されていないこともあります。
 
美容液なら、3000円以上を目安に選ぶとよいでしょう。  
 

 

乾燥対策で正解と間違い

【正解】
肌にやさしいクレンジングを!
乾燥肌の原因の多くが、肌への刺激が強すぎるクレンジング。オイルタイプやリキッドタイのクレンジング料を使っている人は、今すぐ見直して。
 
セラミド配合の美容液をつける
本物のセラミドは、「セラミド2」「セラミド3」などと後ろに数字が表示されるもの。水に溶けないので、化粧水ではなく美容液またはクリームに多く含まれる。
 
【間違い】
化粧水の重ねづけでうるおいを増やす
化粧水は成分のほとんどが水分。肌の保湿成分が不足していると、水分がしみ込んでも内部にとどまることができず、多めにつけても時間がたてば蒸発してしまう。
 
シートパックで水分補給
化粧水をしみ込ませたコットンやシートタイプのパックで水分を与えても、水分をつなぎ止める保湿成分が肌に不足していれば、水分はやがて蒸発してしまう。
 

肌が荒れているときも紫外線対策としてメイクを

肌が荒れているときはとりあえず化粧水だけつける人が多いのですが、それでは保湿にならないばかりか、かえって肌が乾燥してしまうこともあります。
 
肌荒れが気になるときは、保湿成分が配合された美容液などで保湿力を高めるのが基本です。
 
ただし、水もしみるほど肌が敏感になっている場合は、緊急のレスキューが必要。
 
それには、肌への当たりがソフトで、肌を保護する働きがあるクリームまたはワセリンだけをつけるのがおすすめです。
 
洗顔後、クリームかワセリンだけをつけるケアを数日続け、肌が回復してきたら、美容液を中心とするいつものケアに戻していきましょう。
 
肌が荒れているからと、メイクをしないのはよくありません。
 
紫外線ケアは1日も欠かさずに行いたいもの。
 
パウダーファンデーションやルースパウダーは必ずつけるようにしましょう。
 
クリームやワセリンなどを塗り、10分ほど肌になじませてからパウダーファンデーションやルースパウダーをつけておきます。
 
クレンジングは肌の負担になるので、石けんだけで洗い流せるタイプのファンデーションなど を選ぶのもよい方法です。
 

 

肌荒れが気になる時のベースメイク

①美容液やクリームを下地がわりに 洗顔後、美容液やクリームを顔全体に塗る。肌荒れがひどいときは、クリームやワセリンだけをつけてもよい。
 
②パウダーファンデーションをつける 紫外線カットのため、パウダーファンデーションやルースパウダーをつける。敏感肌用のものを選んでも。
 

ポイント!
日中、ファンデーションなどの粉浮きが気になったら、メイクの上から美容液で保湿を。こすらずに、肌をそっと押さえるようにつける。

日やけ止めは刺激が強いので、肌が荒れているときは使わない。パウダーファンデーションやルースパウダーには紫外線カット効果があるので、紫外線ケアはそれだけで十分。
 

こちらの記事もおすすめ


 

アプリ特集はこちらから