クマ|改善しないクマの効果的ケアは?


 

クマの原因は3種類

目の下のクマは、疲れた感じや老けた印象を与える理由の一つ。
 
クマの原因は睡眠不足、というイメージがありますが、実際には、睡眠や休息では改善できないものもあります。
 
クマは、「青グマ」「黒グマ」『茶グマ」の3種類に分けることができます。
 
本当の意味で「クマ」と言えるのが、青グマ。疲労などによって目のまわりの血行が悪くなり、うっ滞した血液が肌を通して青っぽく見えるものです。
 
肌のたるみによって起こるのが、黒グマ。もともと薄いまぶたの皮膚が加齢によってハリを失うと、目の周りの脂肪を支えきれずにたるんできます。
 
このたるみによって、下まぶたとほほの間に黒っぽい影ができるものです。
 
シミやくすみによってできるのが、茶グマ。目の下に小さなシミがたくさんでき、それがつながってクマのように見えるものです。
 
まぶたの皮膚は、ほかの部分にくらべてメラノサイトの活動が活発です。
 
そのため色素沈着を起こしやすく、目をこする癖などが茶グマの原因になっていることもあります。
 
どのタイプのクマも、目立つかどうかには個人差があります。
 
これは、肌の色や顔の骨格の違いによって見え方が違ってくるためです。
 

 

クマのタイプの見分け方

【青グマ】
クマの部分にファンデーションを塗る
薄くなる
鏡を見ながら、顔を上へ向ける。
薄くならない
目の周りの肌を軽く引っぱる。
少し薄くなる
※ 疲労などによる目の周りの血行不良が原因。色白の人、肌が薄い人は目立ちやすい。
 
【黒グマ】
クマの部分にファンデーションを塗る
薄くならない
鏡を見ながら、顔を上へ向ける。
薄くなる
目の周りの肌を軽く引っぱる。
薄くなる
※ 加齢などのために肌が薄くなってたるみ、下まぶたの下に影が見えることが原因。
 
【茶グマ】
クマの部分にファンデーションを塗る
薄くなる
鏡を見ながら、顔を上へ向ける。
薄くならない
目の周りの肌を軽く引っぱる。
薄くならない
※ 目の下に小さいシミがたくさんできたり、肌が色素沈着を起こしたりすることが原因。
 

 

クマの種類のケア方法

青グマ、黒グマ、茶グマの3種類のクマは、原因が違います。
 
そのため、予防・改善に役立つケアや目立たなくする方法もそれぞれ異なります。
 
血行不良が原因の青グマの場合、第一に心がけたいのが血液の循環をよくすることです。
 
適度な運動のほか、ツボ押しも効果的。
 
日ごろから体を冷やさないようにすることも大切です。
 
青グマの正体は薄い肌を透かして見える血液のよどみなので、コラーゲンをふやして肌をふっくらさせることも、クマを目立ちにくくするのに役立ちます。
 
黒グマは肌のたるみによるものなので、コラーゲンアップが第一。
 
毎日のケアにビタミンC誘導体やレチノールなどが配合された化粧品をとり入れるほか、定期的なピーリングでターンオーバーを促すのもおすすめです。
 
顔がむくむと、いっそうクマが目立つので、冷たい飲みものや塩分のとりすぎにも注意しましょう。
 
また、黒グマは肌の変色ではなく「影」なので、コンシーラーなどで隠そうとするとかえって目立ってしまうこともあるので気をつけます。
 
シミや色素沈着によって起こる茶グマには、美白ケアを。
 
美白成分入りの化粧品のほか、ピーリングも有効です。
 


 

青グマのケア

【ポイント】
・血行を改善する
・コラーゲンをふやす
 
ビタミンC誘導体入りの化粧水を! 肌に浸透しやすいビタミンC誘導体は、肌の中でビタミンCにかわり、コラーゲンがつくられるのを助ける。「リン酸アスコルビル」と表示されたものを選んで。
 
目の周りのツボを刺激 洗顔後のスキンケアの際などに、ツボ押しをとり入れてみる。血液の循環をスムーズにし、新陳代謝も活発に。
 
適度な運動を習慣に 目の周りの血流が滞るのは、全身の血行が悪くなっている証拠。週に1~2回はウォーキングなどの全身運動を。
 
レチノールでコラーゲンアップ ビタミンAの一種であるレチノールは、ターンオーバーを促し、肌の内部でコラーゲンをふやすのに役立つ。レチノール配合の美容液やクリームを目元に。
 
定期的にピーリングを 1~2週間に一度を目安にセルフピーリングを。コラーゲンをふやし、肌をふっくらさせる効果がある。
 

黒グマのケア

【ポイント】
・コラーゲンをふやす
・むくみを防ぐ
 
毎日のケアでビタミンCを補給 コラーゲンがつくられる際に必要なビタミンCは、ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビル)配合の化粧水で補給するのがおすすめ。
 
レチノールでふっくら肌に コラーゲンアップに役立つレチノールは、シワを予防するためのアイクリームなどに配合されていることが多い。
 
ピーリングで肌代謝をアップ ピーリングで古い角質をとり除くことは、ターンオーバーを活発にし、コラーゲンをふやすのに有効。
 
冷たいものや塩分を控える 顔がむくむと、黒グマがさらに目立ってしまう。冷えによる血行不良や塩分のとりすぎなど、むくみの原因となる生活習慣に注意。
 
どうしても気になるときは美容クリニックへ。 3種類のクマのうち、スキンケアで改善するのが最もむずかしいのが黒グマ。どうしても気になる場合は、美容外科で相談を。皮膚にハリを出すレーザーや、ヒアルロン酸注入などの治療法がある。
 

茶グマのケア

【ポイント】
・美白ケアをする
・厚くなった角質をとる
 
美白化粧品でケア シミが原因の茶グマなら、ケアの方法はシミと同じ。美白成分が配合された美容液などでお手入れを。
 
毎日のスキンしっかり予防 美白化粧品は、シミをつくらないために使うのが効果的。茶グマが気になる前から、予防的なケアを。
 
厚くなった角質はピーリングでとる 角質が厚くなって肌がくすんだようになっている場合は、セルフピーリングで古い角質をとり除く。
 
紫外線対策をしっかりと 茶グマの原因であるシミを防ぐため、短時間の外出でもパウダーファンデーションなどで紫外線ケアを。
 
目をこする癖に注意! まぶたの皮膚はとても薄く、こする刺激によって角質が厚くなったり、色素沈着を起こしたりしがち。目の周りの湿疹やかゆみが、目をこする癖の原因になっていることもあるので、肌トラブルがある場合は皮膚科に相談を。
 

こちらの記事もおすすめ


 

アプリ特集はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。