夏のレジャーで日焼けをして、そのまま放置はしていませんか?

紫外線を浴びた直後に美白成分が配合されている化粧品を使用しても意味はありません。

日焼け度合いは、正しい炎症ケアをするかどうかでかなり違ってくるのです。

今回は日焼け後のアフターケアについてお話しします。






日焼け後の美白成分は効果なし

夏のレジャーによって日焼けをするのが嫌いであれば、その後のアフターケアを行うかどうかで大きな差が出てきます。

市販で「美白コスメ」としてビタミンCが含まれているものには、メラニンの生成や酸化を予防する事が目的ですが、紫外線を沢山浴びた後ではメラニンが大量に生産された状態になっており、美白成分を塗っても効果は少ないです。

メラニンは元々「メラノサイト」が紫外線の影響によって肌が「炎症」を起こし、肌を守るためメラニンを生成させる指令を出す役割を持っています。

メラニンが生成されたからと言って、すぐに肌が黒くなってしまう訳ではありませんが、一定量のメラニンが作られると肌が黒くなってしまうのです。

つまり、メラニンの原因である「炎症」を軽減させ、肌の炎症を早くに鎮めてメラニンの生成量を少なくすれば日焼けを最小限に抑えることが出来るのです。

 

 

メラニンが溜まる前のアフターケア

メラニンが溜まる前のアフターケアを要点でまとめますと

肌の炎症が抑えることで「メラニン」の生成も静まるので、出来るだけ早くに医薬部外品などの抗炎症成分を

【抗炎症成分】
「m-トラネキサム酸」「グリチルリチン酸ジカリウム」「プラセンタエキス」などがあり、プラセンタエキスは美白有効成分ですが抗炎症成分も含まれています。

正しい方法で対処する事で日焼けを最小限に抑えられ、黒くなった肌の色の回復も早められます。

 

 

おすすめの抗炎症成分

様々な抗炎症成分があり、おすすめの成分を紹介します。

グリチルレチン酸ステアリル&グリチルリチン酸2K(ジカリウム)
抗炎症成分としてはポピュラーな成分。
ステアリルはクリームなど油が多い製品に配合。
2K(ジカリウム)は化粧水など水が多い製品に含まれている。

プラセンタエキス

美白有効成分の1つであり、抗炎症作用も少ないが確認されています。角質のターンオーバーを促進させ、メラニンを早く排出する効果が期待させています。

アラントイン

細胞修復をサポートしし、創傷治療を促進する。抗炎症作用も含まれています。

酢酸トコフェロール

血行を促進させ代謝を早めメラニンの排出を促します。※抗炎症成分ではない

m-トラネキサム酸

肝斑に効果的で有名な成分ですが、炎症を抑えることも可能。




体内摂取には注意

肌を守ってくれるメラニンは、ある一定の量になる事で肌を黒くしてしまいます。

紫外線を長い時間受けた肌は炎症が起きており、これに反応してメラニンが生成されてしまうのです。

早くに炎症を抑えることで、メラニン生成も早くに静まり肌色の変化も最小限に止める事が出来るのですが、プラセンタの体内摂取には注意となります。

「プラセンタ」は注射や飲み薬に使用されており、化粧品用のプラセンタとは異なる成分です。

その主な目的として黄体ホルモンや女性ホルモンの分泌を促進させるもので、副作用があるので使用するには注意が必要となります。

長い時間での使用により自発的なホルモン分泌が抑制され、月経不順や不妊症などの可能性もあります。

 

 

まとめ

抗炎症作用はとても優れた効果ですが、長期使用し続けることで免疫が低下したり肌バリアが低下させてしまうリスクもあります。

今日ご紹介した成分は副作用が少ないものですが、あくまで補助的に使用するようにして下さい。

おすす美容グッズ

 

こちらの記事もおすすめ