むくみはどうしてなる?適切なケアと生活習慣で予防!

むくみのケアは予防がメイン

むくみは、血管の外の組織に余分な水分がたまるために起こ ります。
 
塩分のとりすぎがむくみの原因になることはよく知られていますが、水分もとりすぎると排泄しきれなくなり、むくみを引き起こします。
 
また、運動不足や筋力の低下、疲労などにも要注意。
 
血行不良から水分の排泄を妨げてしまい、むくみの原因となります。
 
むくみの原因となる水分は、もともと血液の一部。酸素や栄養を細胞に届けたあと、通常は血管やリンパ管に再吸収されますが、うまく再吸収されないと、むくみを引き起こすのです。
 
むくみがあらわれやすいのが、足と顔。
 
足のむくみが起こるのは、主に夕方以降です。
 
体内にたまった余分な水分が重力で下がり、足にたまるのが原因です。
 
これに対して顔のむくみが気になるのは、朝、起きたとき。
 
寝ている間は体を水平にしているため、余分な水分が顔にもたまってしまうのです。
 
顔のむくみは余分な水分が足のほうへ下がれば自然になくなりますが、早く改善したい場合は、軽いマッサージなどを。
 
ただし慢性的にむくみがある人は、生活習慣や食事の内容を見直しましょう。
 

 

むくみの原因

【冷え】
体が冷えると血行が悪くなり、むくみの原因に。気温や室温だけでなく、冷たいものの飲みすぎによる冷えにも注意。
 
【塩分のとりすぎ】
塩分をとりすぎると、浸透圧の関係で血管の外に多くの水分がしみ出し、むくみとして残る。
 
【運動不足】
体を動かさないと、余分な水分が体の一部にたまってしまう。また、運動不足で筋肉量が少ないことも血流が滞る原因に。
 
【お酒の飲みすぎ】
アルコールは、分解されるときに水を呼び込んでしまうので、お酒を飲んだ翌日はむくみやすい。
 

リンパマッサージでむくみは解消される?

上手に行えば、マッサージはむくみに対して即効性があるので、朝、起きたときに顔がむくんでいたら、軽いマッサージをしてみましょう。
 
ただし、マッサージの効果は一時的なもので、むくみの根本解決にはなりません。
 
日ごろの食生活や運動によって、むくまない体をつくりましょう。

【肌の美容】美肌と美白。効果的な対処や改善方法⇒
【脱毛】ムダ毛(体毛)をなくして美を追求する⇒

  1. この記事へのコメントはありません。