皆さんはメイク時にマスカラの下地はしていますか?

マスカラの下地をする事でまつ毛のカールの維持、まつ毛のボリューム感や長さを出したりと、マスカラの効果を高めてくれます。




ですが、マスカラ下地の使用の仕方によっては、逆効果になる場合もあるのです。

今回はマスカラの下地についてお話ししていきます。

 

 

効果と注意点

「マスカラ下地」は様々なマスカラの効果を高めてくれます。

マスカラ下地の効果をまとめると
・まつ毛の長さを出す
・カールをキープする
・まつ毛のボリューム感を出してくれる
・ケア成分の入ったものはまつ毛のケアをしてくれる

 

このようにメリットばかり思えるマスカラ下地ですが、全てがメリットばかりではありません。

実はマスカラの下地は、マスカラに入っている成分とほとんど変わりがありません。

 

ウォータープルーフの下地にはシリコーンを配合しており、下地といっても目元用のリムーバーが必要で乾燥などの原因に繋がるのです。

又、カール力が弱いからといって、フィルムマスカラに油分が入った下地は逆効果になる可能性があります。

フィルムマスカラはマスカラの仕上がりや、カールのキープ力を向上してくれるのですが、フィルムマスカラの成分は水分ベースで「水溶性ポリマー」が主成分となっています。

 

ですので、油分が入っている下地と一緒にしようする事で、水と脂がはじき合ってしまい、反対にマスカラが取れなくなってしまうのです。



マスカラ下地とマスカラの組み合わせ

マスカラ下地とマスカラを一緒に使用する為には、一体その組み合わせが1番効果的なのでしょうか?

おすすめは、フィルムマスカラは単品での使用、もしくは下地を一緒に併用する「フィルムタイプの下地+フィルムマスカラ」の組み合わせがおすすめです。

 

「ウォータープルーフ下地+フィルムマスカラ」を一緒に使用した場合、ウォータープルーフとウォータープルーフマスカラでは同じシリコーンなどの油性コーティング剤が入っています。

又、フィルムタイプは水溶ポリマーが主成分となっており、水と油の関係で2つを重ね合わせる事でお互いがお互いではじき合い、マスカラが取れやすくなる可能性が高くなるのです。

 

ですので、マスカラ下地とマスカラを一緒に使用する場合は、同タイプで統一し配合されている成分に気をつけるようにしましょう。

おすす美容グッズ