無理なダイエット|ホルモンバランスを崩す原因に!

卵巣機能の低下

ホルモンの分泌量は、心身の状態に大きく影響されています。
 
エストロゲンの減少につながりやすいことの一つが、無理なダイエットです。
 
極端な食事制限などで栄養不足になると、体が「妊娠に適さない状況にある」と判断し、卵巣の機能が低下することがあります。
 
卵巣の機能が低下するとエストロゲンの分泌量も減っていき、極端な場合、生理不順や月経などの症状もあらわれます。
 
エストロゲンには、生理の周期をコントロールするほか、肌を若々しく保ったりボディラインを女性らしく整えたりする働きもあります。
 
ダイエットをすると、シワがふえたりバストがサイズダウンしたりすることがありますが、その原因は、やせて皮下脂肪が減ったせいだけではありません。
 
エストロゲンの分泌が低下したために、肌にシワやたるみがあらわれたりバストが小さくなったりしているのです。
 
また、いったん卵巣の機能が低下してしまうと、ダイエットをやめたからといって、すぐに元どおりになるとは限りません。
 
健康に美しくやせるためには、短期集中のハードなダイエットは避けるべきです。

ダイエットと肌の関連性

肌老化が進む
「若返りのホルモン」であるエストロゲンが減るために、肌老化が進む。
 
無理なダイエット
極端な食事制限をしたり、やせすぎてしまったりする。
 
エストロゲンの低下
卵巣の機能が衰え、エストロゲンの分泌量が低下する。
 
バストが小さくなる
エストロゲンには、乳腺や乳管を発達させ、肌のハリを保ってバストアップさせる働きがある。そのため、分泌量が減るとバストも小さくなる。
 
生理不順になる
エストロゲンが正常に分泌されないと、排卵や生理が乱れたり、ストップしたりする。
 

 

BMIとエストロゲン

BMI=体重<kg>÷(身長<m>×身長<m>)
 
BMI20~25が適正。それ以上でも以下でも、エストロゲン代謝に異常をきたし、不妊などの原因になります。
 
特に、「理想体重」とされるBMI22の85%以下のやせ状態(身長160cm の人なら48kg以下)が続くと、いずれ月経異常を起こすと言われています。
 

こちらの記事もおすすめ


 

アプリ特集はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。