夏野菜は見た目が鮮やかで、味わい深くそして沢山の栄養が詰まっています。

今回は美肌効果や夏バテ防止にもなる、夏が旬の野菜についてお話ししていきます。




 

夏野菜とは?

夏の季節に獲れる野菜では、「キュウリ」「ナス」「トマト」「ピーマン」「トウモロコシ」「カボチャ」などがあります。

夏野菜には「ビタミンC」「ビタミンE」「カロテン」などの栄養素が含まれており、美容効果だけではなく夏バテ防止にもなります。

 

トマトやキュウリ等は生で食べることもでき、カリウムや水分が含まれた栄養は身体に溜まった熱を涼ませてくれるのです。

又、夏野菜は冬に収穫する事も出来るのですが、夏の旬の時期に獲る方がより高い栄養が含まれます。

 

 

美容効果が高い夏野菜

トマト

トマトはビタミンCを多く含んでおり、トマト1つで一日分程のビタミンC摂取すること出来ます。

美白効果が得られる「ビタミンC」、肌の若返り効果を得られる「ビタミンE」、抗酸化力を高めシミのない肌を作る「リコピン」など綺麗になれる栄養が沢山含まれています。

季節によっても味や食感が変化し、春と秋は旨味が強くなるのが特徴です。

ゴーヤ

沖縄の代表的な野菜。ウリ科の果菜類。

レモンの4倍、トマトの6倍のビタミンが含まれており、加熱してもビタミンCは壊れにくい食物です。

ビタミンCの他にもビタミンB、E、Kも含まれており、紫外線によるシミ・ソバカスを予防してくれます。

ゴーヤの苦み成分である「モモルデシチン」や「チャラチン」には、整腸作用があり肌荒れ・ニキビを防ぐことも可能です。

又、脂肪を燃焼しやすくする共益リノール酸が含まれているので、運動によるダイエット効果を高めてくれるのが特徴です。



シソ(大葉)

薬味として使用されることが多い大葉は、「βカロテン」「カルシウム」「ビタミンB1」が多く含まれており、肌に潤いを与えてくれます。

βカロテンは体に必要な分量だけ、ビタミンAに変換してくれるので、ビタミンAを過剰摂取することはありません。

又、活性酸素を抑える力によって肌荒やシミ予防に効果があり、血行促進の効能やデトックス効果にも期待することが出来ます。

スイカ

スイカには活性酸素を除去したり、シミやシワの予防をしてくれる「リコピン」が含まれており、その含有量はトマトの1.5倍にもなります。

体内で「ビタミンA」にかわる「βカロテン」「ビタミンC」等の成分も含まれており、ベータカロテンの効果によってシミ予防に期待が出来ます。

又、スイカにはカリウムが含まれており、疲労回復や夏バテ効果があるとされています。

モロヘイヤ

「鉄」「食物繊維」「ビタミンC」「ビタミンE」「カルシウム」「ビタミンB1」ビタミンB2」「カロチン」が豊富に含まれた緑黄色野菜。

モロヘイヤはビタミンB2やβカロテンなど、ブロッコリーの2倍以上の美肌成分があり、癌や老化予防、免疫の活性化、骨粗鬆症の予防、疲労回復、胃粘膜の保護、高血圧予防、貧血予防など様々な効果が期待出来ます。

 

 

まとめ

夏には栄養素が豊富な野菜が沢山あり、旬の野菜を食べることで美容効果や夏バテ防止にもなります。

毎日の食生活にうまく取り入れて、内側から綺麗を目指し暑い夏を元気に乗り越えましょう。

 

 

こちらの記事もおすすめ



 

おすすめアプリはこちらから