固形石けんがおすすめ

洗顔は皮脂・汗・クレンジングだけでは落としきれなかった、メイクアップ料等の汚れを洗い流すことです。
 
石けんやフォームなど様々なタイプがありますが、1番におすすめなのは洗顔石けんのシンプルなタイプです。
 
洗顔フォームは肌がつっぱらないので人気がありますが、洗顔後にしっとり感があるのは多くの油分を含んでいるからです。
 
肌表面に油膜が張ったようになる為、洗顔後につける化粧水・美容液が浸透しにくくなることがあります。
 
また、洗顔料の中にはアンチエイジングや美白成分を配合したものもありますが、洗顔することで配合された成分も一緒に流れてしまうので、スキンケア効果はあまり期待出来ません。
 
洗顔料でアンチエイジングや美白成分等の効果を考えるより、まずは洗顔でしっかりと汚れを落として、その後のスキンケアで潤いや有効成分を補うようにしましょう。
 
余分な成分を含まず汚れをしっかり落としてくれる洗浄力、そして自分の肌に合っているかどうかをポイントにして、どの洗顔料を使うべきなのかを選択して下さい。
 
一般的にシンプルな固形石けんには、余分な油分などを含んでいないものが多いのでおすすめです。
 


 

洗顔料のタイプと比較

下記はあくまで一般的な傾向であって、製品によりバラつきがあります。実際に自分の肌で試して「汚れがしっかり落ちてつっぱらない」ものを選択するようにしましょう。

固形石けん

油分が多すぎず、余分な成分も含まれていないものが多い。洗顔後、肌がつっぱりすぎないものを。
 

リキッド&クリーム

「肌にやさしい」イメージでつくられているため、油分が多めに配合されているものが多い。

フォーム

ニキビ用をうたっているものなどは洗浄力が強め。はじめから泡になって出てくるものは、発泡剤すなわち界面活性剤を含むため刺激になることが多い。

パウダー

洗浄力や肌への刺激の強さは、製品によってまちまち。酵素洗顔料には、洗浄力が強めのものも。

泡立たないミルク

洗浄力が弱い。水もしみるほど肌荒れがひどく、肌が特に敏感になっている人には向いている。
 

こちらの記事もおすすめ