美肌を目指す上で、洗顔方法や洗顔で使用する洗顔料の選び方はとても大切です。

洗顔料と言っても洗顔フォームやリキッドタイプなど、今では様々なタイプが販売されていますよね。




その中でも石鹸は植物の油脂を鹸化した洗浄をメインとして作られているので、余計な成分が含まれていないという事で使用されている方もおられるのではないでしょうか?

ですが、自分の肌に合ったものを使用していなければ、どの洗顔料を使用していたとしても肌トラブルの原因になってしまうのです。

今回は洗顔料の選び方についてお話しします。

 

洗顔料のタイプ

【洗顔フォーム】
市販で販売されている洗顔フォームは、合成界面活性剤が使用されている事が多く泡立ちの良さや肌への感触が良いものが多いです。

ですがその反面、肌に必要な皮脂までも落としてしまう可能性が高く、含まれる成分によっては肌が刺激され肌トラブルを起こす原因があります。

 

【固形石鹸】
石鹸は洗浄する事を目的として作られており、添加物を使用せず植物から洗浄成分を抽出した物になります。

ですので、肌に負担となる余分なものは入っていませんが、実は石鹸は洗浄力が強いので乾燥肌や敏感肌の人には不向きの場合があります。

 

【洗顔パウダー】
水やぬるま湯に粉末や顆粒状のものをとかして使用するタイプの洗顔料で、酵素の力によって古い角質や毛穴の汚れを取ってくれます。

泡立ちがよく、洗浄力が強いのが特徴で肌の弱い人は成分によって注意が必要です。

 

 

洗顔料の選び方

洗顔料の目的は皮脂や肌の汚れを落とすことですが、人それぞれに肌質は異なり肌質に合った適度な皮脂分泌量と水分量があります。

 

ですので、洗顔料を選ぶ基準は、洗顔料のタイプで決めず自分の肌状態に合った成分で選ぶのがポイントになります。



各成分の洗浄力と肌刺激

洗浄力と刺激がとても強いので肌に負担になる場合があります。
「ラウリル硫酸Na」
「オレフィンスルホン酸Na」
「ラウレス硫酸Na」
「石鹸カリ石鹸」

 

低刺激はあるが、洗浄力は高め。
「スルホコハク酸Na」
「ココイルメチルタウリンNa」
「ラウレスカルボン酸Na」

 

刺激はとても弱いが、洗浄力も弱い。
「ラウロイルメチルアラニンNa」
「ココイルグルタミン酸Na」
「ココアンホ酢酸Na」
「コカミドプロピルベタイン」

 

 

泡タイプの洗顔料

洗顔料で泡の状態で出てくるタイプがありますが、実は泡タイプのものは「防腐剤」などの濃度が高いので気をつけなければなりません。

一般的に普通の洗顔料は水分を含めて泡を作るように考えて作られていますが、泡タイプのものは薄めずそのままの濃度で肌に触れる事になるので防腐剤濃度などが高くなってしまうのです。

 

又、最初から泡にする為には増粘成分が必要で、増粘成分の品質によっては肌への刺激となり肌トラブルを起こす場合があります。

ですので、面倒でも自分で泡立てネットで泡立てた方が、肌への負担が少なく賢明です。

おすす美容グッズ