紫外線によるダメージは肌に蓄積されていく

真冬でも紫外線による肌老化は実に進んでいます。
 
肌老化を進める原因の一つが、太陽光に含まれる紫外線です。
 
紫外線は波長の長さによってA波、B波、C波の3種類に分けられますが、地上に届くのはA波とB波の2種類です。
 
肌が赤くなってヒリヒリする、いわゆる「日やけ(サンバーン)」を起こすのはB波(UVB)。
 
A波(UVA)は肌の奥まで届き、肌老化の原因となります。
 
日光を浴びると、肌を紫外線から守るために肌内部でメラニン色素がつくられ、肌の色が濃くなります。
 
さらに繰り返し紫外線を浴びていると、皮膚の構造自体が変化してしまい、それがシミになります。
 
また、肌の深い部分に達した紫外線がコラーゲンを破壊し、シワの原因になります。
 
紫外線は熱をもたず、目にも見えないので、どのぐらい浴びているか自覚することができません。
 
また、紫外線によるダメージは蓄積されていくものなので、短時間でも紫外線を浴びれば、その分だけ肌ダメージもわずかながら進みます。
 
最も紫外線が強くなるのは春~夏ですが、紫外線は季節や天候にかかわら ず地上に届いています。
 
肌を守るためには、年間を通して紫外線ケアをすることが大切です。
 

 

紫外線の特徴

【反射・散乱する】
紫外線は地面で反射したり、空気中で散乱したりするため、日陰にいても完全に避けることはできない。
 
【雲やガラスを通過する】
UVAは雲やガラスを通過するため、天気が悪い日や室内にいるときでも紫外線の影響を受ける。
 
【短時間でもダメージを与える】
紫外線によるダメージは蓄積されていく。肌老化には、これまでに浴びた紫外線の合計量が関係している。
 
【まぶしさや熱さを感じない】
紫外線は目に見えず、肌に当たっても熱さを感じないので、浴びているのを自覚することができない。
 


 

日やけ止めに表示されるSPF・PA


 

PAとは?

紫外線のA波を防ぐ効果の高さを3段階で示したもの。「+」の数で表され、数が多いほど効果が高い。
 
【PAの意味】
+…やや効果がある ++…効果がある +++…非常に効果がある

SPFとは?

紫外線のB波を防ぐ効果の高さを2~50の数値で示したもの。肌に何も塗らないときにくらべ、サンバーンが起こるまでの時間を何倍にのばせるかを表している。数値が大きいほど効果が高く、SPF50を超えるものは「50+」と表記される。
 
【SPF15の日やけ止めを塗る】
肌に何も塗らない場合、一般的な肌質の人は、真夏の日ざしの下では約20分でサンバーンを起こす ↓ SPF15の日やけ止めを塗る ↓ サンバーンが起こるまでの時間を15倍にのばせる。 20分×15=5時間
 
【UVB】
エネルギーが強いが、肌の深いところまで届かない
【UVA】
肌の深い部分にダメージを与える
 

 

普段よりしっかりUVケアをしたい時

夏の海や山、冬のスキー場などへ出かけるときは、必ず紫外線カット効果が高い日やけ止めを使います。
 
アウトドアで遊ぶときの日やけ止めは、SPF30以上、PA+++を目安に選んで。汗や水で流れたらすぐに塗り直しましょう。
 
ただし、強力な日やけ止めは肌への負担も大きくなります。
 
顔には日やけ止めはほどほどにして、ファンデーションをしっかり塗るほうがベター。
 
体は衣類でおおうのも手です。このほか、生理前も要注意。ホルモンバランスの関係で紫外線に敏感になるので、ていねいな紫外線ケアを忘れずに!
 


 

日やけ止めの選び方

【SPF&PA】
適度な効果のものを選ぶ SPF値が高いものほど安心と思いがちだが、数値の高いものは肌に負担をかけることも。ファンデーション、帽子、衣類などを併用するとよい。
 
【成分】
「ノンケミカル」ならより安心 紫外線カット効果のある成分のうち、「紫外線吸収剤」はかぶれやすい傾向が。敏感肌の人は、「紫外線吸収剤不使用」または「ノンケミカル」の表示があるものがおすすめ。
 
【タイプ】
肌へのやさしさを考えてローションやジェルなどのさらっとしたものは、紫外線吸収剤を主体とするものが多く、肌に負担をかけやすい。乳液やクリームタイプの「ノンケミカル」のもののほうが、かぶれにくい。
 

 

紫外線カット効果のある成分

日やけ止め効果のある成分は、大きく2種類に分けられます。
 

紫外線吸収剤

紫外線を吸収し、熱エネルギーにかえる化学物質。肌に自然になじむので化粧下地などにも配合されていることが多いが、紫外線散乱剤にくらべて肌への刺激は強い。
 

紫外線散乱剤

金属を酸化させたものや粉末の粘土などで肌の上に膜をつくり、紫外線をはね返す。刺激は少ないが、肌につけたとき白っぽくなったり、肌が乾燥したりすることも。
 

こちらの記事もおすすめ

アプリ特集はこちらから