睡眠とお肌は密接な関係にあり、睡眠の取り方を意識する事でお肌をより綺麗にする効果を得られる事が可能となります。




睡眠不足に陥る事は様々な肌トラブルを起こしてしまい、30代頃から成長ホルモンの分泌は減少し、肌の乾燥やニキビ等がより生じやすくなってしまいます。

肌は28日周期で新しい肌に生まれ変わっており、睡眠不足によるターンオーバーの乱れは古い角質が残り肌のシワやくすみの原因となるのです。

 

だからこそ、美肌になる為には毎日の睡眠習慣がとても大切な事になるのです。

 

では、どうする事が肌にとって一番良い睡眠方法となるのでしょうか?

人は睡眠時に「成長ホルモン」が分泌されており、その成長ホルモンが人の骨や筋肉を形成させる為のサポートをしています。

成長ホルモンは深い睡眠状態に入ったノンレム睡眠時の「眠り始め3時間」がより多くの量を分泌しており、皮膚のターンオーバーの促進や皮膚再生を活発化させる分泌力によって、お肌を綺麗に促進する効果を与えてくれているのです。



「成長ホルモン」の分泌を促進させる方法

成長ホルモンにある「メラトニン」の働きを促進させる必要があります。

「メラトニン」は脳の中心部の松果体から分泌されるホルモンで、感染症を防ぐ効果や身体のリズム、睡眠を促す効果を持っています。

この「メラトニン」は夜の暗い時間になる事で分泌する働きがあり、朝や昼の明るい時間帯に分泌する「セロトニン」と密接な関係を持っています。
明るい時間帯に分泌される「セロトニン」が形成していなければ、暗い時間に分泌される「メラトニン」は作られないのです。

ですので、睡眠時に部屋を暗くして携帯やPCの画面の光を受けると睡眠に悪影響を与えてしまうので、出来る限り見ないようにした方がいいです。

規則正しく朝起床し、夜の時間に就寝する事が「成長ホルモン」を分泌させる良い促進効果が得られるのです。

 

就寝する時間帯

一般的によく言われるの時間帯は、夜の22時~2時頃迄と言われています。

ですが、お肌によって1番良い時間帯は「食事を摂ってから3時間以上」「お風呂を入った後の3~4時間」が良いと言われています。

食事を摂る時間帯だけではなく、食べる物によっては消化をするのに時間がかかるので、特に脂が多い肉系等の食事やカフェインが入った物は就寝前は控える方がいいです。

又、睡眠の質も大事で、最低でも毎日6時間以上の睡眠を取った方がよいでしょう。

人によって最適な睡眠時間は異なりますが、規則正しく睡眠を取る事が何よりも大切で、休みだからといって沢山の睡眠を取るような行為は、ホルモンバランスを崩す大きな原因となるので気をつけましょう。

おすす美容グッズ