ダイエットが続かず悩んでいる方に、今回おすすめの「睡眠ダイエット」をご紹介いたします。

名前の通り睡眠を取ることでダイエットを行う方法で、睡眠とダイエットの密接な関係を理解して効率的、かつ効果的に痩せていくというものです。




睡眠不足は減量の妨げになり7~8時間寝る人が肥満度が最も低く、5時間しか寝ていない人は肥満率が50%も上がります。そして、4時間以下の睡眠は73%にも肥満度が跳ね上があるのです。

脂肪を燃焼させる割合は睡眠量によって変化し、睡眠不足の状態では空腹感が増幅してしまい、脂肪の酸化を減少させてしまいます。

ホルモンバランスの影響

肥満体になりやすいのはホルモンバランスが崩れている状態が原因で、「レプチン」の食欲を抑えるホルモンや「グレリン」の食欲を増幅させる2つのホルモンバランスが影響しています。

睡眠時間が短い事によって、食欲を抑えている「レプチン」が減少して空腹感が増してしまい、「グレリン」が増加する事で脂っこい食べ物や甘い物などの高カロリーの食べ物を欲してしまうのです。

睡眠をしっかりと取る事で、ホルモンバランスが安定し理想の体重を目指せるようになります。

ただ、また同じように睡眠不足の状態に陥ると、体重がリバンドしやすいので毎日の睡眠をしっかりと確保していきましょう。

 

 

効果的な睡眠ダイエット方法

食事をした後の睡眠時間

満腹感がある状態は睡眠の質が悪くなり、熟睡して眠る事が出来なくなってしまいます。
胃腸の動きが落ち着かせた状態で、睡眠を取るようにして下さい。

又、どうしても食事後から3時間以内で眠らなければならない場合は、サンドイッチ等の軽い食事ですませるようにしましょう。

基本的に夕食の時間帯には、脂質・糖質を多く摂取するのは控えるようにして下さい。

少しの量であれば問題はありませんが、脂質・糖質を多く摂取するのはダイエットの妨げになりますので、カロリーバランスを考えた上での食事を摂るようにして下さい。

小腹が空いた場合

寝る前にお腹が空いた場合、どうしても我慢が出来なければ低カロリーの物を軽く食べても大丈夫ですが、出来る限り就寝前に食べ物を摂取しない方がいいです。

眠る前に温かい飲み物を飲む事で熟睡して眠れる効果がありますので、カフェインが入ってないハーブティー等を飲んで空腹感の気を紛らわすのも1つの方法です。



部屋の照明と睡眠前の携帯やパソコン

熟睡して眠る為に、部屋は明かりは暗くして眠るようにして下さい。
真っ暗だと反対に眠れなくなってしまう人は、間接照明などで多少の明かりをつけるのがおすすめです。

又、寝る前に携帯スマホやパソコンの使用は控えるようにしましょう。就寝前にブルーライトの光を浴びる事で良質な睡眠の妨げになります。

スマホ・パソコン・テレビなどの画面から出るブルーライトの影響により、人間が持つ睡眠ホルモンの「メラトニン」が減少し目が覚めてしまいます。

ですので、睡眠前の30分間~1時間程は、ブルーライトが出るスマホ・パソコン・テレビ等の画面は見ないように気をつけましょう。

効果的な睡眠時間の長さ

睡眠時間と肥満率は密接な関係にあり、睡眠不足の状態は肥満度を向上させてしまう大きな原因となります。

ダイエット成功の為には痩せやすい体作りが大切なので、、毎日7時間の睡眠時間は確保できるようにして下さい。

ただ、7時間の睡眠時間を確保していれば、何時に寝ても効果を得られる訳ではありません。
理想の就寝時間は、22時~2時の間に睡眠を取る事が1番効果を得られる時間帯になります。

又、イージーリスニング等の心地よい音楽、又は森や鳥などの自然の音を小音量で流す事で、リラックス効果が生まれ良質な睡眠が取れやすくなります。

寝る前の理想の入浴時間

お風呂はシャワーだけで済ませず、湯船に浸かって体を温めると熟睡して睡眠をとる事が出来ます。

お風呂に入る理想の時間帯は、睡眠を取る1時間前になります。

 

 

まとめ

「睡眠ダイエット」は人間本来が持っている体のリズムサイクルを考え、毎日の生活習慣を見直す事で無理なく出来るダイエット方法です。

そして良質な睡眠はダイエット効果だけではなく、肌の美容効果も同時に得ることが出来ますので是非1度試してみて下さい。

おすす美容グッズ