『スキンケアの鉄則』水分と油分の必要性

肌荒れが起きてしまい、カサつき白い粉がふいた状態になったので、高級クリームを多く使用したが状態がよくならないという経験はありませんか?

ドライスキンだからと、普段から日頃のケアとして油分の多い乳液やクリームを使用されている方も多いと思います。

実はこのスキンケアの方法は間違っているのです。




スキンケアの考え方

スキンケアは、肌に余分なものを与えず足りない不足を補うのが鉄則です。

荒れた肌が欲しがっているのは油分ではなく水分です。

 

皮膚の表面の角質層には、天然保湿因子と呼ばれている保湿物質と角質細胞同士がいくつかあり、そしてそれらを繋ぐ細胞間脂質があります。

それによって、肌に一定の水分量を保つことが出来ており、肌の潤いやしっとり感をもたらしてくれています。

この水分が20%位あれば、肌が滑らかになりメイクののりも良くなります。

 

反対に、角質の水分が不足した状態になると、細胞は乾いてまくれあがっています。これが肌荒れやカサつきの原因です。

この状態のまま放置していると、小さな小ジワができ、やがてはシワは大きくなってしまいます。

 

ですので、潤いがなくなり荒れた肌に不足している水分を与えてあげましょう。

水分を補給するには、油分を含んだ乳液やクリームよりも、化粧水が1番適しています。

化粧水でしっかりと肌に水分補給を与えた後、乾燥が酷い場合には美容液をプラスすると角質の中の保湿成分を補ってくれるのでより効果的です。



必要のない油分が肌に与える効果

肌は角質の中の水分と脂分、天然保湿因子のバランスで潤いがとれています。

自然に分泌された皮脂が、肌の水分の蒸発を防ぐためにコーテイングの役目を果たしてくれているのです。

 

若い頃は、皮脂の分泌が盛んなので、天然のクリームとして水分の蒸発を防いでくれるのですが、30代後半~40代頃になると皮脂の分泌は減少してしまい、自然の機能が働きにくくなってしまいます。

ですので、コーティングとしての脂分が不足するようになれば、クリームや乳液などで油を補給することが大事です。

 

ドライスキンの方は皮脂の分泌量が元から少ない為、多少早めに使い始めることがあるかもしれませんが、クリームはあくまでも不足分を補う為のものだと考えるようにして下さい。

皮膚の表面に余分な油分が残っている場合、毛穴に汚れとして残ってしまいニキビの原因になります。

 

また、油は空気に触れると酸化して肌に刺激を与える物質となり、この状態が長く続くことで日焼けのシミなど、様々な肌トラブルを引き起こしてしまうので注意が必要です。

 

こちらの記事もおすすめ



アプリ特集はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。