体臭|気になる体の臭いの原因

お風呂に入った時に体の汚れや匂いを少しでも取り除く為に、石鹸やボディソープでゴシゴシと洗ってはいませんか?

自分の体臭を気にして、1日数回体を洗うという方もおられると思います。

実は、この体を洗いすぎることが、かえって体臭を増殖させてしまうのです。

今回は体を洗う事によって、匂いが臭くなる原因についててお話しします。



良い匂いと悪い匂いを出す細菌

人の体には、良い匂いを出す細菌と悪い匂いの元となる細菌の2種類が存在しています。

良い匂いを出す「表皮ブドウ球菌」は皮脂膜などを餌にしており、悪いにおいの元となる細菌「黄色ブドウ球菌」「ジフテロイド菌」「真菌」はアルカリ性の肌を好む雑菌です。

この細菌の数によって人の匂いは大きく左右され、良い匂いを保つ「皮膚善玉菌」が大量に存在していたとしても、悪い匂い「皮膚悪玉菌」が1つでも多い事で匂いが臭くなってしまうのです。

つまり、良い匂いを保つ為には「皮膚善玉菌」が「皮膚悪玉菌」より多くすることが重要となります。

 

 

体が洗うことでの原因

お風呂で洗いすぎてしまうことは、皮膚善玉菌が減り悪臭の原因を作ってしまいます。

又、その影響で皮膚善玉菌の餌となる皮脂膜がなくなってしまい、更に悪臭を悪化させてしまうのです。

洗いすぎの影響で皮脂膜が流れ失われることで、体は失われた皮脂をサポートする為に沢山の皮脂を出そうとします。
これにより、皮脂腺の出口で皮脂が詰まってしまい、詰まった皮脂はやがて酸化し悪臭を出してしまうのです。

安価な石鹸や大半のボディソープは注意

大半のボディソープや石鹸は洗浄力が強いアルカリ性です。

肌に良い匂いの元になる善玉菌は「弱酸性」の環境を好むので、洗浄力が強いアルカリ性の石鹸などを使用すると、皮脂が大量に減ってしまい雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

悪玉菌や外部の雑菌は「アルカリ性」の環境で活性するので、ボディソープを使用する場合は「アミノ酸系」や「カールボン酸系」の弱酸性の物で洗うのがおすすめです。

 

 

乾燥肌の人は特に注意

洗浄剤を毎日使用していると、肌にとって必要な皮脂が全て落とされてしまいます。

それにより肌のバリア機能が低下してしまい、水分が蒸発することで臭いガスを発生させてしまうのです。

乾燥肌の方は体内にある水分が蒸発しやすいので、洗いすぎには特に注意が必要となります。

基本的には体を洗うのはお湯だけにして、石鹸やボディーソープを使用するのは2日に1回から週1度程度にしましょう。

 

 

まとめ

悪い匂いを減らす為には、皮膚常在菌を減らさないようにする事が大切です。

肌には本来優れた自浄作用とバリア機能を持っていますので、石鹸やボディーソープなどの使用量は控えて、ゴシゴシと肌に負担をかける洗い方は避けるようにしていきましょう。

 

こちらの記事もおすすめ



  1. この記事へのコメントはありません。