タンパク質(低エネルギー)を取り入れて肌の材料にする。

肉や魚を食事にとり入れる

「食事に気をつけていますか?」と聞くと大体の方は、「肉などの脂っこいものを避けている」という答えが多いです。
 
ただ、必ずしも肉が脂っこいというわけではありません。
 
肉の種類や部位によっては、エネルギー量や脂肪の量はかなり違ってきます。
 
肉や魚などに多く含まれるタンパク質は、肌を生み出す為の源です。
 
コラーゲンの主軸となるのもタンパク質になるので、肉か魚のどちらかを一日に100グラム程は摂取するようにしましょう。
 
体重が気になる場合には、気をつけたいのは炭水化物(糖質)です。
 
パン・ごはん・麺類・甘い食べ物等は、脂肪にかわりやすい食べ物です。
 
こうした食品を好む方は多いですが、ダイエット中はできるだけ避けていくようにしましょう。
 
炭水化物の摂取量を減らしても、体にはあまり害はありません。
 
糖はエネルギーにかわりやすいので、「朝は炭水化物をとったほうがよい」などと言いますが、常に十分な糖をとっていると、体脂肪はいつまでも減りません。
 
糖が足りなくなったとき、すなわち低血糖ぎみになったときに、初めて体脂肪の燃焼が始まるのです。

タンパク質の取り方

肌のハリをつくるコラーゲンの材料になる栄養素。
 
タンパク質が豊富な肉や魚、卵などを1日に100gはとりましょう。
 
【100gの目安】
・さんま1尾
・鶏むね肉1/2枚
・豚薄切り肉3枚
 

エネルギー量が気になる場合

油を使わずに調理しましょう。
 
油脂は1gあたり9kcalと、高エネルギーです。
 
ゆでる、グリルで焼く、蒸すなど、油脂を使わない調理法を工夫するといいでです。
 
また脂肪が少ない種類や部位を選ぶの1つの手です。
 
魚なら、青魚より白身魚が低エネルギー。鶏肉の皮を外すなど、肉類は脂肪分をとり除くことでエネルギーをカット出来ます。
 

 

こちらの記事もおすすめ


 

アプリ特集はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。