爪|痛み・乾燥・折れるの原因


 

乾燥した爪は欠けやすい

爪は皮膚が変化したもの。主な成分は、角質と同じタンパク質の一種・ケラチンです。
 
ケラチンは線維状の組織で、爪に対して縦方向に走っています。
 
切った爪の先には線維が露出しているため、切りっぱなしの生地の端から糸がほつれてくるように欠けたり割れたりすることがあります。
 
爪の長さは、指と同じくらいが理想。長すぎると欠けたりはがれたりしやすく、短すぎると爪が生えるとき変形することがあります。
 
また、先を極端に丸くすると断面の面積が大きくなるため、割れやすくなります。
 
これは、布地を丸く切るとほつれやすいのと同じです。
 
爪のケアで最も大切なのは、乾燥を防ぐこと。乾燥してかたくなった爪は、ちょっとした刺激で欠けたり割れたりしやすいからです。
 
爪切りは入浴後など、爪が水分を含んでやわらかくなっているときに。
 
切ったあと、やすりをかけて切り口をなめらかに整えておきます。
 
欠けてしまったときは、伸びるのを待つしかありません。爪は生きた組織ではないので、傷ついた部分が再生したり、元通りにくっついたりすることはないのです。
 
それ以上欠けるのを防ぐため、断面をやすりで整え、透明のマニキュアを塗っておきましょう。
 

 

爪の構造

手の爪は、1日に約0.1ミリ伸びます。
 
【爪甲】
いわゆる「爪」の部分。三層に分かれており、層と層の間に空気が入ると二枚爪になって割れたりはがれたりしやすくなる。
 
【爪上皮】
「甘皮」のこと。爪半月を保護する役割がある。むやみに切ると、爪がでこぼこになったり、ささくれができやすくなったりすることも。
 
【爪半月】
爪の生え際にある白い部分。水分が多く、完全に角質化していない。

爪を傷めないために

【基本は爪を伸ばしすぎない】
爪の長さは、指と同じぐらいに。伸ばしたい場合は、軽く角を落としたスクエア形にカット。極端に丸くしたり、角を残したりすると欠けやすくなります。
 
【欠けたらマニキュアでケア】
爪の一部が欠けると、そこからどんどん欠けてしまうことがある。欠けた部分は、やすりで凹凸をなくし、断面にマニキュアを塗っておくとよい。
 

 

爪の傷みの原因

リムーバーの刺激が爪の乾燥の原因。爪の傷みの原因はマニュキュアではなくリムーバーです。 ネイルアートを楽しみたいけれど、爪が傷んでしまって悩んでいる人は多いようです。
 
爪への影響に注意したいのが、マニキュアやジェルネイルなどを落とす際に使われるリムーバーです。
 
マニキュアやジェルそのものは爪にそれほど負担をかけませんが、リムーバーには刺激が強い成分が含まれているため、使う頻度を減らすことが大切ななるので、日ごろから鉄分をとることも心がけましょう。
 
また、ベースコートはマニキュアと同じものなので、爪の傷みを防ぐ働きはありません。
 
ベースコートはマニキュアの色が爪に沈着するのを防ぐなどと言う人がいますが、それも俗説で、無色のベースコートも爪を黄色く変色させます。
 
爪を守るため、水仕事のあとはすぐに水けをふき、爪にもハンドクリームを。その際、爪の根元を軽くマッサージするのもおすすめです。
 
指先の血行がよくなり、爪の成長を促すのに役立ちます。また、健康な爪をつくるために欠かせないビタミンの一種・ビオチンを補給するのも有効。
 
ビオチンはサプリメントとして市販されています。また、貧血も爪が弱くなる原因になるので、日ごろから鉄分を摂取する事を心がけましょう。
 

 

爪のケア

【爪を元気にする成分を補給】
爪の健康維持に役立つのが、爪の主成分であるケラチンの合成にかかわるビタミンの一種・ビオチン。ビタミンCや整腸剤とともにとると、吸収率がアップ。
 
【除光液などを使いすぎない】
マニキュアやジェルネイルのリムーバーは、爪への刺激が強い。爪にやさしいといわれる「アセトンフリー」などであっても使いすぎれば爪が傷むことに。
 
【マッサージで効果アップ】
クリームを塗る際、爪を根元から先端へ向けて軽くマッサージ。血行をよくして爪の成長を促す。
 
【爪にもハンドクリーム】
爪に含まれている油分は、手洗いや水仕事の際に流れ出してしまう。油分を補給するため、手にハンドクリームを塗る際、爪にもつけるようにするとよい。
 

 

こちらの記事もおすすめ


 


 

アプリ特集はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。