むくみのケアは予防がメイン

むくみは、血管の外の組織に余分な水分がたまるために起こ ります。
 
塩分のとりすぎがむくみの原因になることはよく知られていますが、水分もとりすぎると排泄しきれなくなり、むくみを引き起こします。
 
また、運動不足や筋力の低下、疲労などにも要注意。
 
血行不良から水分の排泄を妨げてしまい、むくみの原因となります。
 
むくみの原因となる水分は、もともと血液の一部。酸素や栄養を細胞に届けたあと、通常は血管やリンパ管に再吸収されますが、うまく再吸収されないと、むくみを引き起こすのです。
 
むくみがあらわれやすいのが、足と顔。
 
足のむくみが起こるのは、主に夕方以降です。
 
体内にたまった余分な水分が重力で下がり、足にたまるのが原因です。
 
これに対して顔のむくみが気になるのは、朝、起きたとき。
 
寝ている間は体を水平にしているため、余分な水分が顔にもたまってしまうのです。
 
顔のむくみは余分な水分が足のほうへ下がれば自然になくなりますが、早く改善したい場合は、軽いマッサージなどを。
 
ただし慢性的にむくみがある人は、生活習慣や食事の内容を見直しましょう。
 

 

むくみの原因

【冷え】
体が冷えると血行が悪くなり、むくみの原因に。気温や室温だけでなく、冷たいものの飲みすぎによる冷えにも注意。
 
【塩分のとりすぎ】
塩分をとりすぎると、浸透圧の関係で血管の外に多くの水分がしみ出し、むくみとして残る。
 
【運動不足】
体を動かさないと、余分な水分が体の一部にたまってしまう。また、運動不足で筋肉量が少ないことも血流が滞る原因に。
 
【お酒の飲みすぎ】
アルコールは、分解されるときに水を呼び込んでしまうので、お酒を飲んだ翌日はむくみやすい。
 

リンパマッサージでむくみは解消される?

上手に行えば、マッサージはむくみに対して即効性があるので、朝、起きたときに顔がむくんでいたら、軽いマッサージをしてみましょう。
 
ただし、マッサージの効果は一時的なもので、むくみの根本解決にはなりません。
 
日ごろの食生活や運動によって、むくまない体をつくりましょう。
 

こちらの記事もおすすめ


 

アプリ特集はこちらから

保湿美容液などで 肌のうるおいを守る 栄養になるため、ニキビができ ているときは肌につけないよう にします。乾燥対策としては、 油分の多いクリームより、セラ ミドなどの保湿成分が入った美 容液がおすすめです。 また、ニキビができていると きも紫外線対策は必要です。た だし、日やけ止めは肌への刺激 が強いので、パウダーファンデ ーションを利用するとよいでし ょう。化粧下地は使わず、美容 液などでしっかり保湿したあと、 油分が少ないパウダーファンデ ーションまたはルースパウダー だけをつけます。SPFなどの 表示がされていなくても、パウ ダー類には紫外線をはね返す働 きがあるので、日常の紫外線対 策はこれだけで十分。ニキビの 赤みが気になる部分にコンシー ラーをつけるのはOKです。 肌の乾燥が進むと角質がかた くなり、ニキビのきっかけとなる 毛穴づまりを引き起こすことが あります。そのため、ニキビの 予防・改善には、肌のうるおい を守ることも大切です。乾燥し た肌に補いたいのは、肌の中に 水分をキープする力のある成分。 反対に避けたいのは、ニキビの 悪化につながる油分です。油分 は、そのほとんどがアクネ菌の ニキビが気になるときのスキンケア 洗顔 洗顔料は、油分や添加物が少ない固形石けんがおすすめ。 よく泡立てて肌をこすらないように洗い、皮脂や汚れを しっかり落とす。 2 化粧水 ビタミンC誘導体が配合されたものがおすすめ。皮脂の分 泌を抑える働きがあり、ニキビの赤みを目立たなくする 効果も期待できる。 3 美容液) セラミドやヒアルロン酸など、保湿効果の高い成分が入 っているものを選ぶ。油分が少なく、サラッとした質感 のものがよい。 ニキビが気になるときのメイク 1 美容液で保湿 保湿効果のある美容液を、顔全体につける。油分や添加物が 含まれていることが多いので、化粧下地は使わない。 2 日やけ止めは使わない 日やけ止めは肌の負担やニキビの原因になるので、極力使わ ない。パウダーファンデーションだけでもUV対策になる。 3パウダー類をつける パウダーファンデーションやルースパウダーをつける。日ざ しが強いときは、パウダーファンデーションを厚めに塗る。 ニキビの赤みが気になるときは、部分的にコンシーラーを。