概要

所在地 〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1-1 面積 51万m2 開園 1983年(昭和58年)4月15日 キャッチコピー 夢と魔法の王国 位置 北緯35度37分58秒 東経139度52分50秒座標: 北緯35度37分58秒 東経139度52分50秒

運営

東京ディズニーランドは、株式会社オリエンタルランドが事業主体・管理運営の千葉県浦安市にあるディズニーパーク。 東京ディズニーランドは世界のアミューズメントパークの中でも、フロリダにあるマジック・キングダム、ロサンゼルスのディズニーランドに次ぐ世界3位の来場者数を誇っており、日本企業のオリエンタルランド が米国ディズニーからフランチャイズ契約により運営を行っている。

 

東京ディズニーで販売されているキャラクターの著作権・版権ビジネスはウォルト・ディズニー・ジャパンが全て担当しており、アトラクション・ショーに関しては米国Walt Disney Parks and Resorts Worldwide, Inc.又は、米国ディズニーの子会社のWalt Disney Attractions Japanが担当を行っている。 1957年、期間限定で三越日本橋本店の屋上に、楽しい子供の国ディズニーランドがオープン。これはウォルト・ディズニー社の認可を得た正真正銘のディズニーランドで、アメリカのディズニーランドの楽しさを紹介する事が目的で遊具が設置された。

 

 

パークの名称

パークの名称は、最初の段階ではディズニーとオリエンタルランドの名称を合わせた「オリエンタルディズニーランド」や日本を意識した「ディズニーランド・ジャパン」等の名称候補が挙がったが、最終的決定は世界的に有名な都市「東京」圏内にあり、名称で所在地が明確になるという理由から「東京ディズニーランド」に決定したと言われている。

 

 

開業迄の経緯

オリエンタルランド社は日本版ディズニーパークの誘致を米国ディズニー社に交渉していたが、当時のウォルト・ディズニープロダクションズは、エプコット・センターの建設中の事もあり多額の投資になる経営リスクや著作権侵害問題等から日本版ディズニーランドとの直接経営に対して消極的であり、話しが難航していた 。

 

日本版ディズニーパークの計画をどうしても行いたいオリエンタルランド社は、米国ディズニーとフランチャイズ契約を結ぶ事により日本版ディズニーランドの計画を行えるようになる。 日本版ディズニーランドの計画を行う条件として、パーク設計・運営指導・クオリティー及び版権管理を米国ディズニー側が行う事で共にフランチャイズの契約料を受け取り、パーク建設費・運営費等の全ての費用面をオリエンタルランド社側が負担するという形を取る事なった。

 

今現在迄この契約はほぼ同じであり、ディズニーが出資しないフランチャイズ形式の運営を行っているパーク運営会社は東京ディズニーリゾートのみとなっている。

建設

オリエンタルランド及び米国ディズニー社は、日本版ディズニーパークの建設にあたり米国版ディズニーパークの完全再現に拘りパーク施設の大半のデザインは、フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのマジック・キングダムと同じ仕様となっている。「シンデレラ城」に関しては、マジック・キングダムと同じ「シンデレラ城」を採用されている。

 

建設現場で日本版と米国版パークとの不一致が多数発生し。日本側のスタッフは米国に何度も向かい、米国版パークを再度実測した上で新たな設計図面が起こされた。 日本の建築基準法やディズニーの機密保持等の関係もあり 、図面類は東京ディズニーランド内にある「ドキュメントコントロールセンター」と呼ばれる部署で集中管理される。

 

施設改修時の際には、最新版に随時差し替えられ図面類は全てここで保管している。このような形で図面を集中管理するようにしたのは、世界のディズニーパークで東京ディズニーランドが初めてになる。

建設候補地

建設候補地は舞浜の他に、御殿場市、神奈川県横浜市・川崎市、千葉県我孫子市・静岡県清水市(現:静岡市清水区)・長野県大鹿村・茨城県ひたちなか市・岩手県盛岡市などが候補に上がっていた。

 

立地の良さに東京都心の近さ、そして少雨・乾燥の気候の条件を考慮し早い段階から ディズニー側は舞浜に決めていたが、誘致合戦でオリエンタルランドからより良い条件を引き出す為に大鹿村・清水市の2箇所を最後まで候補地として残し、最終的には日本の象徴である富士山が見える清水市では人工物が引き立たないと言う表向きの理由を付けた上で舞浜に決定する事にした。

 

 

シンボルマーク

旧シンボルマークは、SOGOの「イッツ・ア・スモールワールド時計」に付された物。 開業時から東京ディズニーランドが1999年頃まで使用していたシンボルマークは、「D」を表した□状の内側にパークのホストであるミッキーマウスのシルエットをあしらい、それをオリエンタルランドの「O」字で囲んだ物になる。 このシンボルマークは『ディズニーとOLCの友好の証』と言われているが、1999年秋頃からは現行のシンデレラ城のシルエットに変更される事になった。

 

こちらの記事もおすすめ

アプリ特集はこちらから