2019年8月20日から松屋の定番と言ってもい程の人気メニュー『うまトマハンバーグ定食』が販売開始されました。

人気があるメニューにもかかわらず、今もまだ何故かレギュラーメニュー化しないのは不思議ですが…

今この時期に食べなければ、また次にいつ食べる事が出来るのか分からないので、早速今回も食べに行って来たので食レポしていきます。

 

 

うまトマハンバーグ定食

【発売日】
2019年8月20日(火)10時~
【商品名】
うまトマハンバーグ定食:630円(ライス・みそ汁・生野菜付)
うまトマチーズハンバーグ定食:750円(ライス・みそ汁・生野菜付)
※全て税込み価格。
8月27日(火)15時までライス大盛無料サービス

 

 

見た目・量

せっかくなので、うまトマチーズハンバーグ定食の方にしてご飯は大盛りで頼みました(笑)

まず見た目ですが、以前と比べて特に大きな変化は感じられませんでした。

あえて気になったと言えば、上に乗っているチーズが塊のようになっていて全くトロッとしていなかったです(汗)

公式では”とろーりチーズとの相性が抜群な逸品です。”と記載されているのですが…恐らくこれは料理を作っている方の問題だと信じたいです(笑)

量は以前と同じで変化はありませんでした。



味も同じだろうなと思いながら食べたのですが…これは著者のただの勘違いなのか、以前に比べて味が濃くなっているような気がしました。

ハンバーグ自体の食感や味はいつもの松屋の味ですが、上に乗っているタレの味が「ソテーオニオンの甘味」はトマトの酸味にほぼ消されており、以前に比べてすっぱさが増している気がしました。

 

実際に以前の料理と今回の料理を横に並べて食べ比べは出来ないので、確信をもって言えることは出来ませんが…

 

全体的な濃い味の影響もあって、一緒に入っていた「まろやか半熟玉子」を混ぜても特に味がマイルドにはならず…最後の方には少し胸やけしました。

味が不味いって訳ではないのですが…(汗)

 

 

まとめ

今回は松屋の定番メニュー「うまトマハンバーグ定食」だったので、見た目や味の変化は恐らくほぼないだろうと考えていただけに、今回食レポをした感想は著者としては意外な結果になりました。

著者は今回の「うまトマハンバーグ定食」に多少の変化を感じましたが、もしかすると全く変化していないのかもしれません(笑)

実際に食べに行った方の感想が知りたい位です(汗)

 

どちらにしても、「うまトマハンバーグ定食」がよくも悪くも癖がある味には間違いありません。

ですので、濃い味が好きな方なら問題なく食べられると思いますが、あまり濃い味が好きでない方には「松屋」でおすすめ出来る一押しでメニューではないと思います。

 

ただ、松屋の人気メニューであることには間違いないので、公式に記載しているようにレギュラーメニューにしてもいいのではないかと思いますが…

もしかすると「うまトマハンバーグ定食」をレギュラーメニュー化に出来ないのは、季節的に食材を仕入れる上で何か問題点があるからなのかもしれませんね。

 

こちらの記事もおすすめ