男性と女性の考え方の違い|シーン別

男女の考え方の違い

長く付き合っていても、彼氏が何を考えているか分からない、気持ちがすれ違っていると感じるときがあります。
 
そんなとき、男女の考え方の違いを知っていると、誤解で傷ついたり、相手を責めたりするのを避けられます。
 
お互いの違いを受け入れれば、コミュニケーションがもっと楽 しくなるでしょう。
 

 

男女の違いを受け入れる

男性は「事実や結果」、女性は「感情」を重要視します。
 
そのため日々の会話で、男性が十分にコミュニケーションをとっていると思っても、女性にとっては愛情不足と感じることも。
 
相手を責めるのではなく、違いを受け入れることも大切です。
 
悩み相談では、男性は解決方法、女性は感情の理解を求めます。

NG会話

男性は相手の感情を察するのが不得意。男性に何か頼んだり、質問するときは、まわりくどい言い方は避けて。
 
「結局何が言いたいの?」とイライラさせてしまうかも。
 
また「昨日何してたの?」のような質問は詮索されているように感じられ、男性には居心地が悪いものなので注意。
 
私たち最近出かけてないよね週末出かけようよ!と明るく言う方が◎
 

 

全く違う男女の考え方

同じことでも男女それぞれで捉え方は違うもの。違いを知っていればお互いをより理解できるようになるでしょう。
 
【結果とプロセス】
男性 :望む結果を得られるのが重要
女性:プロセスが楽しければ結果にはこだわらない
 
【理想のコミュニケーション】
男性: 話さなくても分かり合えるのが心地いい
女性 :何でも話せて気持ちが通じ合えるのが嬉しい
 
【約束】
男性 :これからやろうとする目標値
女性 :約束した時点で確定したものと捉える
 
【嫌なこと】
男性: 好きなこと、別のことをして忘れる
女性 :誰かに気持ちを吐き出して解消させる
 
【よくある男女のすれ違い】
男性: 嘘はついても約束を守ればよい
女性: 約束を守っても嘘をついているなら信用できない
 
【よくある男女のすれ違い②】
男性 :仕事中は仕事モードに切り替え、恋愛のことは忘れる
女性: 仕事、恋愛を同時に考える

女性は同時に複数のことを考え、男性は1つ1つ切り替えて考えます。一緒にいないときに彼氏が自分のことを考えていなくても落ち込む必要はありません。
 

 

男性への接し方(シーン別)

男女の違いを踏まえて、言い方やタイミングを工夫しましょう。
 
【落ち込んでる時】
本人が何も言ってこない限りはそっとしておくのがベター。あれこれ聞き出そうとすると反感を買われるかも。
 
【何か頼みたいとき】
まわりくどい言い方やタイミングが悪いと、相手の抵抗感を増すことに。相手が話を聞く態勢のときに、具体的に伝えることが大切。
 
【寂しいとき】
なかなか会えない、連絡がこないというときに、一方的に「何で?」と責めるのはNG。自分の素直な気持ちを伝えて。
 
【励ますとき】
男性は信頼されていることがパワーになります。心配しすぎず、「あなたなら大丈夫!」の一言を笑顔で伝えて。
 
日頃の会話で相手を観察することも大切。どんなときに、どう伝えるとうまくコミュニケーションがとれるか分かると、よりよい関係を築けます。
 

こちらの記事もおすすめ


 

アプリ特集はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。