心と体に余裕を与える

完璧主義や自分の弱い一面を見せるのが嫌いな人や苦手な人は、どうしても1人で頑張りすぎてしまう傾向になります。
 
仕事を失敗しないことは大切なことですが、完璧を求めすぎてしまう事で自分だけではなく、他の人にまでプレッシャーを与えてしまう場合もあります。
 
1人で抱え込まず周りに力を借りたり、仮に上手くいかなくても自分を許すことで心と体への負担を減らしてあげましょう。
 
また、等身大の自分を認めてあげることも大切です。
 
自分に厳しくしすぎていると、自分だけでなく周囲も疲れてしまいます。
 
ほどほどの自分でも褒めてあげて、時には自分にご褒美をあげて気分を高めましょう。
 
年上の人と会話をすることもおすすめです。
 
年上の人との付き合いの中で、今の等身大の自分を再認識し、強がらなくてもいいと感じることが出来ますよ。
 


 

仕事の取り組み方

自分の中でしっかりと優先順位をつけて仕事をしていきましょう。
 
1度に全てを抱え込んでしまうと、どうしても心に余裕がなくなってしまいます。
 
仕事は緊急のものを優先にして、翌日に回せる仕事は後回しにして心に余裕を持たせることが大切です。
 
又、他の人にお願いできることは、助けてもらうなどして工夫をしてみましょう。

頑張りすぎ度チェック

当てはまる数が多いほど頑張りすぎているので、1度チェックしてみて下さい。
 
・手抜きは一切出来ない
・仕事は細かく最後まできっちりやる
・周囲に迷惑をかけたくない
・自分は期待されていると思う
・自分が失敗した事は1度も忘れることが出来ない
・自分が失敗したことは、1人で解決しようとする
 

 

助け合える環境づくり

人の力を借りるのが苦手な人は、普段のコミュニケーションを見つめ直して下さい。 お互いに助け合える「チーム」を意識的につくっておくとよいでしょう。

また、周りの人の得意分野を知って、その力を借りることで、人ではできない、よりよい結果を生み出すこともできます。
 

こちらの記事もおすすめ