怒り・イライラを誰でも簡単に解決できる方法


 

怒りたいときの怒り方

喜び・悲しみ・怒り・恐れ…感情は4種類があると言われていますが、怒りが一番扱いにくい感情かもしれないです。
 
溜まった怒りを相手にそのままぶつけてしまったら……後で後悔をしてしまう可能性はとても高いです。
 
でもだからといって我慢をし続けてしまうと、イライラやフラストレーションは溜まる一方です。
 
そんな怒りを上手に処理する方法として、「紙に書きなぐる」方法があります。
 
例えば職場の上司に理不尽なことを言われたとします。
 
”それは違います!”と反論したくなりますが、仕事なので大体の方は我慢しますよね。
 
けれど怒りを止められない…そんな時は「紙に書きなぐる」のがおすすめです。
 
怒りの感情をそのままダイレクトに紙に書きましょう。
 
お腹にあるものを全部出す気持ちで。文章が支離滅裂になったとしても誰かに見せるのではないのでかまいません。
 
ある程度書いてくると、不思議なことに心が落ち着いてくるはずです。
 
怒りは長い間持続するものではありません。
 
我慢をしていると必要以上にイライラやストレス溜まるので、その都度体の外に吐き出してみましょう。
 
書いた紙は、負の力の形そのものです。
 
燃やして消去するのが1番ですが、燃やす環境がなければしっかりと捨てて処分しましょう。
 
部屋の空気の入れ替えをするば更にすっきりしますよ。
 

 

「空間のゆとり」は「心のゆとり」

最近なんだか停滞している、やる気が起きない…そんな時には部屋の整理整頓をしてみて下さい。
 
部屋に不要なものが溜まってませんか?身動きが取れなくなってませんか?
 
新しいものが入ってくるスペースは確保していますか?
 
「空間のゆとり」は「心のゆとり」に繋がります。
 
身の回りの物を手放して空間を作ることで、新しい力もきっと入ってくるはずです。
 
心にも余裕ができて新しい力が入れば、新たな展開も期待できるというものなんです。
 
すぐに不要なものを捨てて、風通しのよい心を手に入れましょう。
 

こちらの記事もおすすめ

アプリ特集はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。