イライラする時には?|心のケア


 

イライラは早くに発散する習慣を

イライラは心の中にある感情が、解消出来ていない状態です。
 
我慢をしてそのまま放置はしないようにして、早い段階から感情を吐き出すことが大事です。決して人や物には当たらないようにしましょう。
 
その場の感情のままに行動することで、後で取り返しのつかなくなる恐れもあります。
 
日頃から自分なりのストレス解消や気分転換の方法を見つけ、こまめに発散を心がけましょう。
 

 

イライラの予防法

日頃から自分の気持ちを抑えることで、イライラは益々溜まってきます。
 
我慢をし続けるのではなく、時には自分の感情をそのままストレートに伝えるようにしましょう。
 
直接言葉で気持ちを伝えるのが苦手であれば、紙に書き出してみましょう。
 
また、自分以外の周囲の人を変えることは出来ません。
 
他の人を無理に変えようとしたり、過度に期待をするのはイライラの原因となります。
 
人それぞれの違う考え方を持っているものなので、無理に人を変えることは不可能です。
 
自分とは違う人として、相手の人を尊重する気持ちを忘れないようにしましょう。
 

 

感情と問題を分ける

イライラを解消するには「感情」と「問題」を分けて考えるのがポイントです。
 
例えば物を失くしてイライラしていると、その事ばかりに気を取られてしまい、問題解決に時間がかかってしまいます。
 
感情にとらわれず、解決のために出来ることを優先的に考えていく事が大切です。
 

 

心の切り替え

日頃からたまってしまうイライラ感情は、自分に合った方法で発散させましょう。
 
【笑う・泣く】
笑ったり涙を流すことで、感情を出すのは効果的です。映画やドラマ、読書で発散させてください。カラオケで熱唱するのもよいでしょう。
 
【運動で発散】
イライラを運動でエネルギー発散させるのもおすすめです。 ダッシュで走るなど、短時間でパワーを使うものだと即効性があります。
 
【深呼吸】
感情にまかせて行動してしまう前に深呼吸を大きくしてみましょう。 イライラをやわらげる効果があります。腹式呼吸もおすすめです。
 
【掃除】
掃除や片付けをすると心も整理され、感情も穏やかになります。食器洗いもイライラ解消につながります。面倒くさいトイレ掃除も効果的なのでおすすめです。
 

こちらの記事もおすすめ

  1. この記事へのコメントはありません。