気持ちを込めて態度や表情に気をつける

相手が話しやすくすることが、聞き上手になる為の第一条件です。
 
自分のことばかり話しをせず、態度や表情に気をつけて会話をしましょう。
 
相手の話しに共感し、相づきや優しい言葉を投げかけることで、気持ちのこもったコミュニケーションが出来るようになります。

まずは共感

誰でも自分の話しを真剣に聞いてもらえるのは、嬉しいものです。
 
相手が話す内容の全てに同意する必要はありませんが、話しを受け止め「共感」することは安心感を与えることが出来ます。
 
自分の価値観を相手に押し付けず、まずは相手の話しに耳を傾けて下さい。
 
そして、「それは大変だったね」と共感するところから始めてみて下さい。

会話を弾ませるコツ

相手と同じように話し方、テンポ、声のボリュームを合わせることで、より親近感がわき会話が盛り上がりやすくなります。
 
ビジネスの場なら相手の業界や商品について質問してみて下さい。
 
もし会話が続かなくなった場合は、相手が話しやすい話題に変えてみて下さい。
 
お互いの共通点を探すことで、より会話が盛り上がります。
 


 

聞き上手になるポイントは?

顔や体全体で聞いていることが伝わることで、相手もより話しやすくなります。

やや前かがみも〇

相手との会話の時に、やや前かがみになり視線を向けることで、より良い印象を与えます。また会話の最中、表情豊かに聞くことも大事です。

多様な相づちを打つ

相づちは出来るだけ多様に入れてみましょう。「それは○○でしたね」などの共感の相づちは、会話を更に広げてくれます。また、オウム返しも効果的

話をさえぎらない

会話の途中に、話しをさえぎる事は不快感を与えてしまう場合があります。先に結論を言ったり、「要するに~ですよね」など、相手の話を要約しすぎないよう気をつけましょう。

質問はバランスが大切

重要なことを汲み取りながら質問をすると、会話をより深めることが出来ます。ただ、矢継ぎばやに質問すると、相手に余裕がなくなるので注意が必要です。
 

こちらの記事もおすすめ