考え方を変える

過去のことを考えてくよくよしても、もう過ぎてしまった過去を変えることは出来ません。
 
過去に失敗した経験を活かして、これからの自分の考えかたや行動を変化させていく事で、過去に失敗した後悔を教訓として生かすことが可能です。
 
失敗をずっと引きずるのではなく、気持ちを切り替えていく考え方を身につけるようにしましょう。
 

 

今の自分を受け入れる

大事なのは今の自分、ありのままの自分を受け入れていくことが大事です。
 
今の自分に自信がないことや幸せを感じていない事で、後悔をしてしまう原因となります。
 
自分の悪い短所ばかりを考えるのではなく、自分の長所を見つけていきましょう。
 
また、心のセルフケアを行えば自己肯定感を高めることができ、後悔も徐々に少しずつ減っていきます。
 

 

後悔から学ぶ

あの時もっとこうしていれば…と、後になって悔やむ後悔はとても苦しいものです。
 
ですが、そうやって考えられるのは、それだけ自分が人に優しく出来る心を持っているからこそです。
 
その気持ちを大事にして、自分が今できることをして後悔する気持ちから抜け出しましょう。
 
例えば以前付き合っていた彼氏に優しくできず別れてしまったのなら、彼に出来なかった優しさを家族や友達い向けてみて下さい。
 

 

クヨクヨ予防習慣

少しのことで悩んでしまう方は、常に軽減させるような心がけをして下さい。

日記をつける

日頃の気持ちを日記につけて、感情を全て吐き出してみて下さい。自分はこの時こんな気持ちだったんだと、後で思い出して悩むことが少なくなります。

完壁を求めない

全てを完璧にしようと頑張ってしまうと、もし仮に出来なかった場合、自分を責め続けてしまうことになります。
 
何事も程々に考えて、時には頑張って自分を褒めてあげることも大事です。
 
もし悩んでしまった時には、自分が今出来ることをしていこうと考えてみて下さい。
 
そうする事でマイナス思考の自分から離れることが出来ます。
 

 

後悔をポジティブに変換する言葉

前向きな言葉を使って、過去へのこだわりを断ち切っていきましょう。
 
『もう終わった事だから仕方ない』 過去を受け入れながらも、 肯定することで後悔の気持ちがなくなります。
 
「あの時は自分も出来る限り頑張った」 失敗に終わったと考えていても、その時の自分のベストな選択だったと認めてあげて下さい。
 
「おかげで~できた」 後悔から何かを得ようとする考え方が、過去から未来へ向かいます。
 

こちらの記事もおすすめ