無添加と自然派は肌に優しい?乾燥が気になる時には?


 

無添加と自然派は肌やさしい?

「無添加」「自然派」といった化粧品には、肌にやさしいイメージがあります。
 
これは、化粧品と食品のイメージをダブらせてしまう人が多いためかもしれません。
 
食品であれば、より自然に近いもののほうが体によいのは事実です。
 
でも化粧品の場合は、天然成分のほうが、かぶれなどのトラブルを起こしやすいのです。
 
化粧品に含まれる天然成分の代表が、植物エキスですが、一つの植物エキスは数えきれないほど多くの成分で構成されており、そのうちの一つでも肌に合わなければアレルギー反応が起こる可能性があります。
 
つまり、天然のものは成分が複雑な分、肌トラブルが起こる確 率も高いのです。
 
また、「無添加の化粧品」というものもありますが、実は「無添加」の定義はメーカーによって異なります。
 
防腐剤や香料を加えていないものを無添加と称することが多いようですが、もともと腐りにくい化学物質を主成分としているため、防腐剤不使用で作られているものもあります。
 
また中には、防腐剤や香料を含まないかわりに、界面活性剤などの刺激が強い成分が多く含まれているものもあります。


肌にやさしい化粧品選びのポイント

天然成分はアレルギーを起こしやすい 植物から抽出されたエキスなどは、成分がとても複雑。含まれているものの種類が多いほど、アレルギーを起こす確率も高くなることを知っておく。
 
表示成分が少ないものを 成分がシンプルなほど、肌トラブルを起こす確率が低い。一般に、成分表示に記されている成分の数が少ないもののほうが、肌にやさしい。

注意したい成分

無添加=安心とは、限らない 何を添加していないかの基準メーカーによって異なる。また、防腐剤の働きをもつが「防腐剤」と表示しなくてもよい成分などもある。「○○不使用」などの表示は、逆に要注意。
 
香料や色素、防腐剤以外の成分にも注意 香料や色素、防腐剤などを含まない化粧品を「無添加化粧品」と言うことが多いが、実際には界面活性剤のほうが、ずっと肌荒れを起こしやすい。

配合されている量が多いと肌荒れの原因に

【界面活性剤】
油分と水分を混ぜ合わせるための成分。オイルやリキッドタイプのクレンジング料、水分の多いファンデーションなどに多く含まれる。
 
【高分子ポリマー】
粘度を出すための成分。リップグロスや、かたいゲル状の化粧品などに多く含まれる。 ※界面活性剤不使用をうたう化粧品の中には、逆に刺激が強いものもある。
 


 

乾燥が気になる時はパウダーファンデ

乾燥肌だからリキッドやクリームタイプのファンデーションを使っている、という人がいますが、実は、それはあまり賢い方法とは言えません。
 
たしかにリキッドやクリームタイプのファンデーションは肌なじみがよ く、乾燥肌の人でもしっとり仕上がりますが、実際には肌に負担をかける場合があるので注意が必要です。
 
こうしたタイプのファンデーションは、乳液状のものの中に顔料(色のついた粉)を加えてつくられています。
 
問題は、顔料が分離するのを防ぐための「乳化剤(界面活性剤)」が多めに使われていること。
 
また、リキッドやクリームタイプのファンデーションは水分を含んでいて腐りやすいので、防腐剤が必要です。
 
こうした添加物が多いと、肌荒れなどの原因となることがあるのです。
 
肌へのやさしさを考えるなら、おすすめはパウダーファンデーションです。
 
水分を含んでいないため乳化させる必要がなく、防腐剤の配合量も少なめです。
 
肌が乾燥気味で粉浮きしやすい人は、下地づくりをていねいに。
 
美容液でしっかり保湿したあと薄くクリームを重ね、10分ほど時間をおいてからファンデーションをつけてみましょう。


ファンデーションのタイプと特徴

しっとりベースづくりで粉浮きを防ぎましょう。
 
洗顔後、化粧水と保湿美容液をつける。
 
肌が乾燥気味のときは、顔全体に薄くクリームをのばす。10分ほどおいて肌になじませてから、パウダーファンデーションをつけて下さい。
 
【パウダー】
顔料の粒子の表面をシリコンなどでコーティングしたもの。リキッドやクリームタイプにくらべて、添加物が少ない。
 
【リキッド】
乳液状のベースに、顔料を混ぜたもの。カバー力があってくずれにくいが、肌の負担になりやすいため、毎日使うと肌荒れを起こすことも。
 
【クリーム】
クリーム状のベースに、顔料を混ぜたもの。油分が多いのでしっとり仕上がるが、毛穴がふさがれたり、肌の刺激になったりすることも。 【練り状】 顔料に、水分ではなく油分を加えてしっとり感を出したもの。水分を含まないので、添加物の量は少なめ。パウダーファンデーションでは粉浮きする人に。
 


 

日常生活ならパウダーファンデで紫外線カット

SPFなどの数値は、1平方センチメートルの皮膚に対して2ミリグラムの日やけ止めを塗ることを想定して測定されています。
 
この量を顔全体におきかえると、1回の使用量は500円玉大ほどに。でも実際には、その半分から4分の1程度しか塗っていない女性がほとんどだと言われています。
 
塗る量が少なすぎる場合、日やけ止めの効果は10分の1にも20分の1にも なってしまうのです。
 
でも、日やけ止めを厚く塗ると、ベタついたり、メイクの仕上がりが不自然になったりすることも。
 
紫外線吸収剤を含む日やけ止めを使った場合、肌への負担も気になります。
 
肌を守るためにおすすめなのが、ファンデーションで紫外線ケアをすること。
 
パウダーファンデーションやルースパウダー(粉おしろい)には、紫外線散乱剤と同じ働きがあります。
 
日やけ止めにくらべて肌の負担にならず、やさしく紫外線を防ぎます。
 
顔のUVケアは、パウダーフアンデーションなどをつけておけば十分です。
 
紫外線カット効果が特に表示されていないものでも大丈夫。
 
しっかり厚めに塗れば、強い日ざしでも防げます。
 

 

UVケアの基本

紫外線カット効果を保つため、こまめに化粧直しを。脂とり紙で肌を軽く押さえて皮脂をとり、ルースパウダーをつける。

レジャーなどの際

①日やけ止めを塗る 化粧水や美容液、クリームをつけたあと、顔全体に日やけ止めを塗る。シミができやすいほお骨の上は、重ね塗りを。
 
②パウダーファンデーションを塗る パウダーファンデーションやルースパウダーを塗る。肌が弱い人は無理に日やけ止めを使わず、ファンデの厚塗りでもOK。

日常のケア

①化粧水や美容液を下地に 美容液、乾燥が気になる部分にはクリームをつける。しっかり保湿をすれば、下地はつけなくても大丈夫。
 
②パウダーファンデーションを塗る 美容液などが肌になじんだら、パウダーファンデーションやルースパウダーをつける。日やけ止めはつけなくてよい。
 

こちらの記事もおすすめ


 

アプリ特集はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。