【アリスギアアイギス】実装済みアナザーキャラ評価一覧

5/21(火)注目のアプリ

【5月】アプリランキング

【PR】(本ページはプロモーションが含まれています)

拳極-拳で繋ぐ物語-

【iOS】

【android】

本格不良系RPG「拳極」がリリース! あのBreakingDownとのコラボやリリース記念限定ミッションを開催中! 魅力的でリアルなキャラクターによるド迫力バトル ここでしか見れないオリジナルの物語 全国の頂点をかけた連合抗争 今すぐ「拳極(けんごく)」をインストールして、最強を目指せ!

 

エバーテイル

【iOS】

【android】

冒険の中でつかまえた野生モンスターたちと 広大な世界を駆け巡ろう—— 家庭用ゲーム機仕様の超本格モンスター育成RPG! 平原、雪原、森、村、街、城、遺跡、洞窟。 世界各地で個性豊かな英雄たちと出会い、壮大な物語を紡ぐ! —– 重厚なメインストーリー 戦術性が試されるバトルシステム 全世界のユーザーとのリアルタイム対戦 仲間が集うチャット完備のギルドシステム 充実のサイドクエスト —— スマホ向けゲーム黎明期の意欲作、ドラゴンアイランドのスタッフがおくる、本物のゲームで育った世代のための、本物のゲーム。 RPGに求める要素を妥協無く詰め込んだ大長編が今、ここに開幕!

 

LENS APPLE

【iOS】

【android】

国内正規品コンタクトレンズのみの取り扱いなので安心してご利用いただけます。自社で千葉と岡山の2ヶ所に物流センターを設置、独自の在庫管理システムを構築し、全国のお客様へ最短で出荷できる環境を整えています。

 

オピニオンワールド

【WEB】

OpinionWorldでは企業や研究機関などから依頼を受けアンケート調査を実施しており、会員の皆様からいただいたご意見は、商品やサービスの改善・開発に活用されます。 OpinionWorldにまだモニター登録していない方はぜひこの機会にご登録ください。時間がない方でも大丈夫です。都合の良いときにお好きなアンケートに最後まで回答するだけでポイントが貯まります。

 

楽天ファッション

楽天のファッション通販アプリ Rakuten Fashion 楽天ポイントが貯まる・使えるセールも開催! 3,980円(税込)以上ご購入で送料無料! 人気ブランドを多数取扱うファッション通販サイト「Rakuten Fashion(楽天ファッション)」公式アプリ。楽天ポイントが貯まる・使える、お得なセールやクーポンも!ぜひRakuten Fashionでのお買い物をお楽しみください!

 

楽天インサイト(Rakuten Insight)

楽天インサイトでは、商品やサービスの企画・開発を考えている企業や団体から依頼を受け、みなさまの声を届けています。 WEB上に配信されるアンケートに回答すると、楽天スーパーポイントを獲得可能! スキマ時間でポイントを貯めて、楽天グループのサービスで活用いただくことができるサービスです。

 

アンケートモニター募集

アンケート回答でポイントゲット!!

 

GALA-NAVI

資産運用型マンションの多面的なメリットやリスク回避方法を知ることで、 会員様の資産運用のお役に立てるサイトを目指してまいります。
目次
  1. 「アリスギア」アナザーキャラ評価一覧

「アリスギア」アナザーキャラ評価一覧

★4/比良坂 夜露 【勇躍】

広範囲制圧を目的とした 「SPスキル」 と、 射撃が有利になる「パッシブスキル」 を持つ比良坂 夜露 【勇躍】
SPスキル「ヨモツヘグイ」 は、 ピジョンによる広範囲攻撃と自身の近接戦闘力強化が行える。

パッシブスキルでは新たに追加された 「頻播」により、ライフルの射撃能力強化が図られている。
さらにLV80で習得可能なパッシブスキル発動時には、属性強化や移動速度の強化も行われ、 射撃に特化したキャラクターになっている。

その反面、ノーマルの 「比良坂 夜露」 と比べると、様々な局面において 「近接」 攻撃によるダメージ量が劣ってしまう。

また、パラメータタイプが電撃変質放出に変更されたことに伴い 「重力」 属性のヴァイスに対するダメージ量も劣ってしまうケースが多い。
パッシブスキル効果を活用しくミドルレンジでどう立と回るかが戦闘のカギ。

 

★4/兼志谷シタラ 【天機】

「広範囲制圧」をコンセプトにした 「SPスキル」と「継戦能力」 などを強化した 「パッシブスキル」で構成されている兼志谷シタラ 【天機】。

SPスキル 「ディーパバリ」の分離型ピジョンによる広範囲制圧力と、 パッシブスキルにより強化された 「回避性能」や「継戦能力」 を駆使して戦うキャラクターだ。

反面、 ノーマルの 「兼志谷シタラ」 のような重力属性特化型ではないため 「電撃」 属性のヴァイスに対するダメージ量は劣っている。
また、SPスキル 「ディーパバリ」は「インドラダヌス」 と比べ、火力が集中しにくくなっている。

 

★4/百科 文嘉 【智将】

「サポート」を主体としたパッシブスキルと、 攻撃と回復を兼ねたSPスキルで構成される百科 文嘉 【 智将 】SPスキル 「ブリギッドゲイル」 は、威力は 「アイズ・インボルク」 に劣るものの、 強力なく即時全体回復 >効果が付与されている上、 パッシブスキルの構成にも「発動時に全キャラの回復」 効果や「回避状態の付与」効果、 「全キャラのSPチャージ量増加」 効果などを持っているため 【智将】 の名に恥じぬ、 サポートカを持っている。

また、くバズーカエキスパート> & < 冷撃変質放出 >に特性が変更されたことで、 バズーカの扱いの強化と戦闘における得手不得手に変化がある。
反面、ノーマルの「百科文嘉」と比べて 「近接」 攻撃によるダメージ量は劣る。

また、SPスキル 「ブリギッドゲイル」 は、 回復性能において愛花などの回復に特化したSPスキルよりも総回復量では劣っており、 また使用回数制限も設けられているので、使いどころを見誤ると、 能力を十分に発揮することができない、 注意が必要。

 

★4/吾妻 楓 【皆伝】

重力属性に対する近接攻撃を重視した 「SPスキル」 や「パッシブスキル」 構成が特徴的な吾妻 楓 【皆伝】所持しているパッシブスキルに 「電撃属性攻撃力強化」 の効果があるのは見逃せないポイントだ。
反面、ノーマルの 「吾妻 楓」 と比べて 「射撃」 によるダメージ量や「重力以外の属性のヴァイスに対するダメージ量」 は劣っている。 

★4/日向 リン 【奔放】

発動後の操作によりアクションが変化する 「SPスキル」 や長期任務に適した 「パッシブスキル」 で構成されている日向 リン 【奔放】SPスキル 「アグレッシブパイル」 は初撃の打ち込み後、特定のタイミングで二撃目を打ち込むことで「オリジナルコンボ」を成立させられる意欲的なSPスキルだ。

また、二撃目を打ち込むタイミングによる 「コンボルートの分岐」も存在している。
反面、ノーマルの 「日向リン」と比べて「射撃」によるダメージ量は劣っている。 また 「オリジナルコンボ」 の総ダメージ量は使用者の技量や使用時の状況に左右されやすいためテクニカルな操作が求められる。

 

★4/小鳥遊怜 【蒼穹】

「生存」をコンセプトにより防御を重視した 「パッシブスキル」とテンポ良い攻撃が可能な 「SPスキル」で構成されている小鳥遊怜 【蒼穹】。

全体的に属性に依存しない 「ステータス」 や「パッシブスキル」 構成となっており、 SPスキル 「ホークスアイ」はピジョンの射出とともに、より広範囲に対して有効打を加えられるSPスキル。

特定条件下で発動するパッシブスキルの 「無敵」効果や 「HP回復」 効果と相まって特徴的なキャラクターとなっている。

反面、ノーマルの 「小鳥遊 怜」 のような冷撃属性特化型ではないため 「焼夷」 属性のヴァイスに対するダメージ量は劣っている。
また、SPスキルもチャージまでに時間がかかるため使いどころが肝要だ。

 

★4/一条 綾香 【英俊】

「近接戦闘」に特化した 「パッシブスキル」 と 「SPス「キル」で構成される一条綾香 【英俊】新たなSPスキル 「焔剣フランベルジュ」 は防御系効果を伴いながら、 下フリックの防御姿勢から 「カウンター」や「フィニッシュ」 へ派生できる特殊タイプになっている。

パッシブスキル「クロスディフェンダー」 はガード時に近接攻撃速度上昇効果が回数無制限で発動。適度にガードを成功させながらスキル効果を維持する、上級者向けバトルスタイルも選択可能だ。

また、 「エンプレスガード」はSPゲージ最大到達時に味方全体に防御効果を付与するなど、 サポート面での活躍も期待できる。

その反面、 <焼夷変質放出 > に属性特性が変更されたことで「射撃戦闘能力」 は総合的に低下している。また、スキル構成全般を通してくテクニカルなプレイが求められるキャラクターとなっている。

 

★4/相河愛花 【仁愛】

ライフルによる 「射撃戦闘」 とチームに対するサポート力がより強化された 「各種スキル」 構成が魅力的な相河愛花 【仁愛】

SPスキル 「ヴァーナルフラッフ」 は、 全アクトレスに対する回復効果に加え<パフボール>を展開。
<パフボール> に敵が接触すると、能力を著しく低下させることができる。

さらに、パッシブスキル 「バーベナブルーム」により<エリア毎に全アクトレスのHPを回復する>ことが可能でチームの生存力が大幅に向上する。

「ベアフルート」 は、 SPゲージ最大到達時、 ライフルの溜め撃ちに必要な時間や反動の軽減が行われる射撃戦闘と相性が良いパッシブスキルになっている。

反面、<電撃出力変性>に特性が変更されたことで、重力属性に対するダメージ量が減少している他、 クロスギアを主体とした戦闘においてはノーマルの 「相河 愛花」と比べると劣ってしまう。 

 

★4/小芦 睦海 【剛毅】

得意ギアが 「ハンマー」 に変更され、 近接戦闘を主体としたくアグレッシブな格闘タイプ キャラとなっている小芦 睦海 【剛毅】

SPスキル 「ビーストインストール」 は横フリックで「回し蹴り」 を行い、 下フリック構え後の操作方法によって、フィニッシュブローを 「レーザー放出」か「アッパーカット」 から任意に選択できる。

反面、射撃(スナイパー) に関するアドバンテージがほぼ無くなっており、 ノーマルの 「小芦 睦海」 と比べると 「射撃戦闘能力」は一段劣る。

またく冷撃変質放出 > に特性が変更されたことで、防御力も下がっているため、いかに 「被弾せずに火力を叩き込むか?」 がカギとなる。

 

★4/二子玉 舞 【繊麗】

<ブレードエキスパート>により 「片手剣適正」が向上するとともに、 機動性を重視した「パッシブスキル」や 「SPスキル」 構成となっている二子玉 舞【繊麗】

SPスキル 「ディヴェルティスマン」は自身を強化しつつ任意の攻撃を行う特殊タイプになっている。下フリックからフィニッシュムーブに移行するが、フィニッシュムーブ中に「連続タップ」 をすることで連撃を繰り出す攻撃的なSPスキルとなっている。

また、パッシブスキル 「グラン・アレグロ」は片手剣装備時、 前後ステップ距離や無敵時間がわずかに増加する。

パッシブスキル 「レヴェランス」 は奇数エリア移動時にSPスキルゲージを一定量チャージし、更に一定時間の移動速度やブースト消費量半減、 範囲妨害が付与されるなど近接機動戦闘に威力を発揮する構成となっている。

反面、 属性タイプがく冷撃特質放出>となり、ノーマルの「二子玉 舞」 と比べ、 焼夷属性に対して「与えるダメージは大きいが、 受けるダメージも大きい」ハイリスクハイリターンな状態で近接機動戦闘を挑むことになるため、回避を主体としたシビアな立ち回りが要求されるキャラクターとなっている。

 

★4/バージニア 【MOBIUS】

<射撃能力>に主体をおいたキャラクターとなっている、バージニア 【MOBIUS】
SPスキル 「プロミネンスブラスト」 は強化された 射撃から、 射撃型のフィニッシュムーブへ繋げることができる、新基軸のSPスキルとなっている。

また、パッシブスキル 「アンディフィーテッド」 は HPOに至るダメージを1で耐えたのち、 一定時間の無敵状態&HPがわずかに回復する。

「アルテリアリロード」はバトル開始時にSPを80%チャージされるなど、 戦略的な運用が求められる構成になっている。

反面、近接攻撃力が弱体化し、 属性タイプもく焼夷特質放出>となり、ノーマルの 「バージニアG」と比べ、冷撃属性に対して 「与えるダメージは大きいが、受けるダメージも大きい」 ハイリスクハイリターンな状態となり、回避を主体としたシビアな立ち回りが勝利へのカギを握っている。

 

★4/ファティマ 【Miora】

<ライフルエキスパート>に変更されたことにより射撃能力が向上。 ショット、トップス、ボトムスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、射撃戦を得意とする構成となったファティマ 【Miora】

ノーマルの 「ファティマ・B」 と比べて属性タイプがく焼夷出力変性>に変更されたことで、冷撃属性に対して焼夷属性のダメージを与えにくくなっている。

また、 「ブレードマスター」 から 「適正 : 片手剣」に変更されたことで、近接戦闘をやや苦手とするため、敵を寄せ付けずに戦場を制する、 高貴な戦い方が求められるキャラクターとなっている。

 

★4/四谷ゆみ 【絢爛】

得意ギアが「両手剣」 に変更され、 く近接戦闘タイプ>キャラとなっている四谷ゆみ 【絢爛】SPスキル 「パープルハート」 は、 自身を強化しつつ任意の攻撃を行う特殊タイプになっている。

フィニッシュに移行する際に、 ジャスト入力に成功すると、 さらなる追加ダメージを与えることができる。

また、各種パッシブスキルも近接戦闘に適したものを備えており、「クレインステップ」 は両手剣装備中の前後ステップ距離と無敵時間にアドバンテージを与え、「レディゴージャス」 は奇数エリア開始時に 「SPゲージを40%チャージ」 した上で、一定時間、のけぞり・吹き飛び・気絶・麻痺の無効化と、 被ダメージを軽減する。

 

【PR】
【ハッピーメール】

 

反面、射撃 (バズーカ) に関するアドバンテージがほぼ無くなっており、 ノーマルの 「四谷ゆみ」 と比べると「射撃戦闘能力」 は劣ってしまう。
またく重力出力変性>に特性が変更されたことで、 「電撃」 属性ヴァイスに対してダメージは与えにくくなっている。

 

★4/藤野 やよい 【無常】

<デュアルエキスパート>により、 近~中距離の戦闘能力が強化され、 特殊なSPを駆使してトリッキーな戦いを魅せる藤野 やよい【無常】

属性タイプがく焼夷出力変性 > に変更されたことで、ノーマルの「藤野 やよい」 と比べ 「冷撃」 属性ヴァイスに対して与えるダメージが減少している。
また、 SPスキルの効果がランダムで発生するためされるため、発動効果に合わせ、 臨機応変な立ち回りが求められるテクニカルなキャラクターとなっている。

 

★4/下落合 桃歌 【明星】

<デュアルエキスパート>により 「デュアル適正」が向上するとともに、 属性タイプの変更やパッシブスキル構成による攻撃的なスタイルとなっている下落合 桃歌 【明星】

属性タイプがく電撃出力変性 > に変更されたことで、ノーマルの 「下落合 桃歌」 と比べ、 重力属性属性ヴァイスに対してダメージは与えにくくなっている。

また、SPスキルとパッシブスキル構成と相まって、 0避を重視しながら状況に応じてSPスキル中の行動を使い分けるようなテクニカルな立ち回りが必要となっている。

 

★4/シャーリー 【撃壌】

<ピストルエキスパート>に変更されたことにより格闘能力がさらに向上。
ショット、クロス、 トップス、ボトムスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、より近距離戦にげきじょう特化した構成となったシャーリー 【撃壌】

属性タイプがく電撃放出特化>に変更されたことで、ノーマルの「シャーリー・O」と比べ 「重力」 属性に対して「与えるダメージは大きいが、 受けるダメージも大きい」という状態になっている。

また、「双銃訓練」 から 「適正 : デュアル」 に変更されたことで、射撃戦闘をやや苦手とするため、大胆に接近して敵を制圧する、パワフルな立ち回りが必要となっている。

 

★4/伊戸倉音緒 【破手】

<デュアルエキスパート>に変更されたことにより射撃能力がさらに向上。
ショット、トップス、ボトムスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、 より射撃戦に特化した構はで成となった伊戸倉音緒 【破手】

ノーマルの 「伊戸倉音緒」 と比べて属性タイプがく電撃放出特化> に変更されたことで、重力属性に対して「与えるダメージは大きいが、受けるダメージも大きい」 構成に変化。

また、「突槍訓練」 から 「適正 : ランス」 に変更されたことで、近接戦闘をやや苦手とするようになったため、 中~遠距離攻撃に秀でたSPスキルによる、演奏のような波状攻撃を活かした戦い方が求められるキャラ
となっている。

 

★4/依城えり 【清廉】

<スナイプエキスパート>や<ムラタ-319.BA>により、スナイパーとしての能力に特化した依城 えり 【清廉】

反面、属性タイプがく冷撃変質放出 > に変更されたことで、ノーマルの 「依城えり」 と比べ焼夷属性ヴァイスに対してダメージを与えにくくなっている。

また、 「適正 : 両手剣」 に変更されたことで近接攻撃もやや苦手になっているため、 SPスキルの特殊操作を使いこなしつつ、敵に対しての適切な距離を保ち続ける、テクニカルな立ち周りが必要となっている。

 

★4/文島 明日翔 【福音】

<スナイプエキスパート > に変更されたことで射撃能力が向上、相棒のピッピちゃんとともに遠距離戦を行いつつ、味方のサポートに比重を置いた文島 明日翔【福音】

特性がく焼夷出力特性>に変更されたことで、ノーマルの「文島 明日翔」 と比べ 「冷撃」 属性ヴァイスに対して 「与える属性ダメージが低下」している。

さらに、近接攻撃の適正は下がっているため、 一人で無理に攻め込まず、 周囲の仲間と協力し助け合う、思いやりのある立ち回りが求められるキャラクターになっている。

 

★4/大関 小結 【豊潤】

<ハンマーエキスパート>による 「近接戦能力」に加え、攻撃と回復を兼ねた 「SPスキル」 を持つ、 大関 小結【豊潤】

SPスキル 「五穀豊穣の恵み」 は敵に接近し強烈な一撃を放つというシンプルな挙動に加え、 発動時にく味方全体へのダメージカット効果>、 さらにヒット時には
<味方全体の回復効果 > も発生する、 扱いやすいSPスキルとなっている。

また、パッシブスキル 「早苗歌」 はハンマー装備時、前後ステップ距離や無敵時間をわずかに増やす。「ハーヴェスター」 は偶数エリア移動時にドレスギアトップスのアクティブスキル使用回数を回復しつつSPゲージの増加量上昇など、 ノーマルの 「大関 小結」と差別化が図られている。

反面、属性タイプがく重力変質放出>となり、ノーマルの 「大関 小結」 と比べて、 電撃属性に対して 「与えるダメージは大きいが、受けるダメージも大きい」 状
態となり、 重装型の低機動と相まってシビアな立ち回りが求められる。

また、射撃戦能力も劣る傾向があるため、 遠距離戦だと扱いにくい局面も出てしまうので注意が必要だ。

 

★4/宇佐元 杏奈 【希求】

<適性: バズーカ>により射撃能力の強化を図り、近接攻撃にアドバンテージがある 「SPスキル」 を持つ、宇佐元 杏奈 【希求】

SPスキル 「トライアンフエース」 は自身を強化しつつ任意の攻撃を行う特殊タイプになっており、効果の発動中に下フリックからフィニッシュムーブに移行し強烈な一撃を繰り出す攻撃的なSPスキルとなっている。

また、パッシブスキル 「リジリエントエース」はHPが半分以下になると1度だけ全アクトレスを回復し無敵時間 (5秒間)が発生する全体スキルだ。

パッシブスキル 「X’s & O’s」 は奇数エリア開始時にSPゲージが40%チャージされ、20秒間ダメージを軽減し前後ステップの距離を強化する。

反面、 属性タイプがく電撃放出特化> に変更されたため、ノーマルの 「宇佐元 杏奈」 と比べて重力属性に対して 「与えるダメージは大きいが、 受けるダメージも大きい」という状態となり、 SPスキルやパッシブスキルを活用したダメージコントロールの重要性が高くなっている。
また、範囲殲滅力も劣る傾向があり多数の敵と相対する局面では扱いにくいため注意が必要だ。

 

★4/神宮寺 真理 【孤影】

<スナイプエキスパート>により「スナイパーライフル適正」 が向上するとともに、 耐久性を重視した「パッシブスキル」 構成となっている神宮寺 真理 【孤影】

耐久性があがった反面、 近接攻撃力が低下している。
また、属性タイプもく電撃特質放出 > に変更されているため、ノーマルの 「神宮寺 真理」 と比べ、重力属性に対しての「与えるダメージは大きいが、受けるダメージも大きい」状態となり、 耐久性を活かしながら、状況に応じてSPスキル中の行動を使い分ける、テクニカルな立ち回りが勝利へのカギになる。

 

★4/新谷 芹菜 【燐光】

<ライフルエキスパート>や新SPスキル<ファスファレセンス>により、 機動力を生かした射撃戦を得意とする構成となった新谷 芹菜 【燐光】

属性タイプが<重力変質放出>に特性が変更されたことで、ノーマルの 「新谷 芹菜」 と比べ 「電撃」 属性ヴアイスに対して 「与えるダメージは大きいが受けるダメージも大きい」 ハイリスクハイリターンな状態になっている。
また、機動力が上がったことで、繊細な操作が求められるテクニカルな立ち周りが必要になる。

 

★4/蛙坂 来弥 【残火】

新専用ギアの 『光学円盤手裏剣』 シリーズと好相性の<デュアルエキスパート> を持ち、 焼夷属性火力を重視した「パッシブスキル」 や 「SPスキル」 構成となっている蛙坂 来弥 【残火】

SPスキル 「霧幻五月雨 ・ 繰火羅」 は射撃系のSPスキルとなり、アーバン流手裏剣術の後に炎を繰り出す。
炎はダメージ効果の他に 「焦熱」 の状態異常効果がある。

また、パッシブスキル 「地走り」は両手剣装備時、かつ、HP残量が85%以上のときに前後ステップ距離や無敵時間をわずかに増加。
「沙残火」 は、 SPゲージが最大到達時に、 5秒間敵の攻撃があたらなくなり、 さらに焼夷攻撃力が10秒間上昇する強力なパッシブスキルだ。

反面、 属性タイプがく焼夷放出特化> に変更されたため、冷撃属性に対して 「与えるダメージは大きいが、受けるダメージも大きい」 という状態となり、敵弾回避の必要性が高くなっている。

パッシブスキルの発動を加味したHPとSPゲージのマネジメントも同時に要求されるため、ノーマルの 「蛙坂来弥」 と比べ、よりテクニカルな操作が求められるキャラクターとなっている。

 

★4/籠目 深沙希 【泡影】

<ランスエキスパート>に変更されたことにより近接攻撃能力が向上。
さらにSPスキルやパッシブスキルの効果も相まって、近接戦闘に適した構成となった籠目 深沙希 【泡影】

属性タイプが<重力変質放出 > に変更されたことで、ノーマルの 「籠目 深沙希」 と比べ 「電撃」 属性ヴァイスに対して重力属性のダメージを与えにくくなっている。

また、「適性:デュアル」に変更されたことで、射撃戦をやや苦手とするため、 SPスキル中の 「存在解離」状態を駆使して敵の懐に入り込み、隠密に処理する立ち回りが求められる。

 

★4/紺堂地衛理 【晨星】

<ライフルエキスパート > に変更されたことにより射撃能力が向上、 射撃に重きを置いた構成となった紺堂地衛理 【晨星】

属性タイプがく冷撃変質放出に特性が変更されたことで、ノーマルの 「紺堂地衛理」 と比べ 「焼夷」 属性ヴァイスに対して、ダメージを与えにくくなっている。

また、 「適正:ランス」 に変更されたことで近接攻撃もやや苦手になっているため、 移り変わる状況を分析し、冷静かつ大胆に戦場を駆け巡る、 エレガントな立ち回りが必要となっている。

 

★4/州天頃椎奈 【玉響】

<ブレードエキスパート>や新SPスキル<御霞槌>により、得意なインファイトをより特化させた構成となった州天頃 椎奈【玉響】

属性タイプがく電撃変質放出>に特性が変更されたことで、ノーマルの 「州天頃 椎奈」と比べ「重力」 属性ヴァイスに対して 「与えるダメージは大きいが受ける
ダメージも大きい」 ハイリスクハイリターンな状態になっている。

また、「適正 : デュアル」 に変更されたことで、射撃戦をやや苦手とするため、 敵の攻撃を見切りながら間合いをつめ、 必殺の一撃を叩き込む、 武神の如き立ち回りが必要になる。 

 

★4/仁紀藤奏【雲耀】

<デュアルエキスパート>に変更されたことで射撃能力が向上。
さらに、新SPスキル<メルクリウス>によって高速戦闘に特化したスタイルとなった仁紀藤 奏 【雲耀】

属性タイプがく重力放出特化>に特性が変更されたことで、ノーマルの 「仁紀藤奏」 と比べ 「電撃」属性ヴアイスに対して 「与えるダメージは大きいが受けるダメージも大きい」 ハイリスクハイリターンな状態になっている。

また、「適正: ランス」に変更されたことで、接近戦をやや苦手とするため、 速度を活かして迅速に敵を片付けるスマートな立ち回りが必要になる。

 

★4/村尾未羅 【至純】

<バズーカエキスパート>に変更されたことにより射撃能力が向上。

ショット、トップス、ボトムスの性能を上書きする効果に加えて、「クロスギアによる攻撃が行えない代わりに特殊なシールドを展開できる」 効果を持つSPスキルを備え、新たな戦い方を会得した村尾 未羅【至純】

ノーマルの 「村尾 未羅」 と比べて属性タイプがく重力出力変性>に変更されたことで、 電撃属性に対して重力属性のダメージを与えにくくなっている。

また、「ソードマスター」 から 「適正: 両手剣」に変更されたことで、近接戦闘をやや苦手とするようになったため、 強化された射撃とSPスキル中のシールドを駆使して、 中~遠距離から敵を圧倒するような戦い方が求められるキャラクターとなっている。

 

★4/君影唯 【連理】

<スナイプエキスパート>に変更されたことにより射撃能力がさらに向上。
ショット、トップス、ボトムスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、より射撃戦に特化した構成となった君影 唯 【連理】

ノーマルの 「君影唯」と比べて属性タイプがく電撃放出特化> に変更されたことで、重力属性に対して「与えるダメージは大きいが、 受けるダメージも大きい」 構成に変化。

また、「刃剣訓練」から「適正:片手剣」に変更されたことで、近接戦闘をやや苦手とするようになったため、バリエーション豊富な射撃による制圧力を活かした、強気な立ち回りが求められるキャラクターとなっている。

 

★4/須賀莉 【仰望】

<ランスエキスパート>に変更されたことにより格闘能力が向上。 クロス、 トップス、ボトムスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、 接近戦を得意とする構成となった須賀乙莉 【仰望】

属性タイプがく重力特質放出> に変更されたことで、ノーマルの 「須賀乙莉」 と比べ 「電撃」 属性に対して「与えるダメージは大きいが、受けるダメージも大きいという状態となっている。

また、「デモリショナー」 から 「適性: バズーカ」に変更されたことで、中遠距離での戦闘をやや苦手とするため、 SPスキル 「オービタルスティング」を駆使して、距離を詰めていく、 ガッツのある立ち回りが必要となっている。

 

★4/萬場盟華 【 極彩】

<デュアルエキスパート>により 「デュアル適性」が向上し、 近距離射撃に特化。 さらに、 属性タイプの変更やパッシブスキルの構成も変更され、 射撃攻撃に重きを置いた萬場盟華 【極彩】

属性タイプがく焼夷放出特化に変更されたことで、ノーマルの「萬場 盟華」 と比べ 「冷撃」 属性ヴァイスに対して 「与えるダメージは大きいが、受けるダメージも大きい」 ハイリスクハイリターンな状態になっている。

また、移動せずに射撃を行わないと強化状態を維持できないので、敵の隙を狙い、 位置取りを意識した戦いが求められるテクニカルなキャラクターとなっている。

 

★4/九炉鉄悠都 【引導】

<ソードエキスパート>に変更されたことにより格闘能力がさらに向上。
クロス、 トップス、 ボトムスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、 より接近戦に特化した構成となった九炉鉄 悠都 【引導】

ノーマルの「九炉鉄悠都」 と比べて属性タイプがく焼夷特質放出 > に変更されたことで、 冷撃属性に対して与えるダメージは大きいが、受けるダメージも大き
い」 構成に変化。

また、 「突撃銃訓練」 から 「適正 : ライフル」 に変更されたことで、射撃戦闘をやや苦手とするようになったため、敵に接近して一気に討ち取る、 豪胆な戦い方が求められるキャラクターとなっている

 

★4/琴村朱音 【炎天】

<ランスエキスパート > に変更されたことにより格闘能力が向上。 ショット、クロスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、 接近戦を得意とする構成になった琴村 朱音 【炎天】

属性タイプがく焼夷変質放出 > に変更されたことで、ノーマルの「琴村 朱音」 と比べ 「冷撃」 属性に対して、焼夷属性のダメージを与えにくくなっている。

また、得意武器がランスに変更されたことで、スナイパ適性が減少し遠距離での戦闘がやや苦手となったため、ランスの機動力を活かし、前衛で敵を翻弄する、情熱的な立ち回りが必要となっている。

 

★4/琴村天音【玄天】

<バズーカエキスパート>に変更されたことにより射撃能力が向上。
ショット、クロスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、 遠距離戦を得意とする構成になった琴村 天音【玄天】

属性タイプが<冷撃変質放出> に変更されたことで、ノーマルの 「琴村 天音」 と比べ 「焼夷」 属性に対して、冷撃属性のダメージを与えにくくなっている。

また、 得意武器がバズーカに変更されたことで、ハンマ一適性が減少し、近距離での戦闘がやや苦手となったため、バズーカの面制圧能力を活かして、 後衛から敵を殲滅する、冷静な立ち回りが必要となっている。

 

★4/サンティ 【 雄渾】

<ライフルエキスパート>に変更されたことで射撃能力が向上、 ジャミング機能を備えた浮遊機雷を展開できるSPスキルも合わさり、 中距離戦闘に比重を置いた構成となったサンティ 【雄渾】

属性タイプがく電撃放出特化に特性が変更されたことで、ノーマルの 「サンティ・R」 と比べ「重力」 属性ヴァイスに対して 「与えるダメージは大きいが受けるダメージも大きい」 ハイリスクハイリターンな状態となっている。

また、近接攻撃の適正は下がっているため、 ジャミング能力を持つ浮遊機雷や、 高速移動によって被弾を抑えつつ、的確に射撃攻撃を行う、プロフェッショナルな戦いが求められるキャラクターになっている。

 

★4/ニーナ 【破軍】

<ハンマーエキスパート>に変更されたことにより近接攻撃能力が向上。
バランス寄りから近接戦を重きをおいた構成となったニーナ 【破軍】

属性タイプが<冷撃放出特化> に変更されたことで、ノーマルの「ニーナ・K」 と比べ 「焼夷」 属性ヴァイスに対して 「与えるダメージは大きいが受けるダメージも大きい」 ハイリスクハイリターンな状態になっている。

また、「弾砲訓練」 に変更されたことで、射撃戦をやや苦手とするため、 SPスキル中に行えるガードを駆使しながら慎重かつ大胆な行動で、 威信を示すような立ち回りが求められる。

 

★4/王紅花【紅蓮】

得意武器がデュアルに変更されたことにより、 近〜中距離戦闘を得意とし、 全体に影響するパッシブスキルやSPスキルによりサポートを意識した構成となっている王 紅花 【紅蓮】

属性タイプがく焼夷特質放出>に特性が変更されたことで、ノーマルの 「王 紅花」 と比べ 「冷撃」 属性ヴァイスに対して与えるダメージは大きいが、 受けるダメージも大きくなっている。

また、 <マスターランサー>から<適性: ランス>に変更されたことにより、 近接攻撃もやや苦手になっているため、高機動を活かしダメージを受けないようする立ち回りと、仲間を意識した行動が必要なキャラクターとなっている。

★4/ミア 【恭敬】

<ブレードエキスパート>に変更されたことにより格闘能力が向上。
クロス、 トップス、ボトムスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、 接近戦を得意とする構成となったミア 【恭敬】

ノーマルの「ミア・V」 と比べて属性タイプがく冷撃放出特化> に変更されたことで、 焼夷属性に対して 「与えるダメージは大きいが、受けるダメージも大きい」 構成に変化。

また、「マシンガンナー」 から 「適正 : ライフル」に変更されたことで、射撃戦闘をやや苦手とするようになったため、近~中距離での戦いと味方のサポートを両立する、 完璧主義な戦い方が求められるキャラクターとなっている。

 

★4/千島美幸 【幸魂】

<バズーカエキスパート>に変更されたことにより射撃能力が向上。
ショット、 トップス ボトムスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、射撃戦を得意とする構成となった千島美幸 【幸魂】

ノーマルの 「千島美幸」と比べて属性タイプがく電撃出力変性>に変更されたことで、重力属性に対して電撃属性のダメージを与えにくくなっている。

また、「マスターランサー」 から 「適正 : ランス」に変更されたことで、近接戦闘をやや苦手とするようになったため、自身の得意な間合いを維持しつつ、強化された射撃を駆使して戦う、慎重な立ち回りが求められるキャラクターとなっている。

 

★4/東雲チヱ 【流転】

<バズーカエキスパート>に変更されたことにより射撃能力が向上。
ショット、トップス、ボトムスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、射撃戦を得意とする構成となった東雲チヱ 【流転】

ノーマルの 「東雲 チヱ」 と比べて属性タイプがく焼夷特質放出 > に変更されたことで、冷撃属性に対して「与えるダメージは大きいが、 受けるダメージも大きい」

構成に変化。また、 「マスターハンマー」から「適正:ハンマー」 に変更されたことで、近接戦闘をやや苦手とするようになったため、 豊富な重火器で敵を翻弄する、 歴戦の傭兵のような戦い方が求められるキャラクターとなっている。

 

★4/御蔵座梓希【招福】

<ハンマーエキスパート > に変更されたことにより格闘能力が向上。
クロス、 トップス、ボトムスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、 接近戦を得意とする構成となった御蔵座 梓希 【招福】

ノーマルの 「御蔵座梓希」と比べて属性タイプがく冷撃出力変性 > に変更されたことで、 焼夷属性に対して冷撃属性のダメージを与えにくくなっている。

また、「ガンスリンガー」 から 「適正 : デュアル」に変更されたことで、射撃戦闘をやや苦手とするようになったため、得意な間合いに迫って相手を圧倒する、見かけによらない大胆な立ち回りが求められるキャラクターとなっている。

 

★4/山野 薫子 【玄妙】

<ライフルエキスパート>に変更されたことにより射撃能力が向上。
射撃戦を得意とした構成となった山野 薫子 【玄妙】

属性タイプがく重力放出特化>に特性が変更されたことで、ノーマルの 「山野 薫子」 と比べ 「電撃」 属性ヴアイスに対して 「与えるダメージは大きいが受けるダメージも大きい」 ハイリスクハイリターンな状態になっている。

また、 「適正 : ランス」に変更されたことで、接近戦をやや苦手とするため、 後方でどっしりと構え、司令塔としてチームを率いる、 理知的な立ち回りが必要となっている。

 

★4/二階堂司【芝蘭】

<ランスエキスパート>に変更されたことにより格闘能力が向上。
クロス、 トップス、ボトムスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、 近距離戦を得意とする構成しらんになった二階堂司 【芝蘭 】

属性タイプがく冷撃放出特化> に変更されたことで、ノーマルの「二階堂司」 と比べ 「焼夷」 属性に対して「与えるダメージは大きいが、受けるダメージも大きい」という状態となっている。

また、 得意武器がランスに変更されたことで、ライフル適性が減少し、 中遠距離での戦闘がやや苦手となったため、 SPスキル中に使用できるカウンターを駆使して、冷静沈着に戦況を見極める、 プロフェッショナルな立ち回りが必要となっている。

 

★4/御茶ノ水美里江 【無辜】

<スナイプエキスパート > に変更されたことにより射撃能力が向上。

ショット、クロス、 トップス、ボトムス、 全ての性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、中距離戦を得意とする構成となった御茶ノ水 美里江【無辜】

属性タイプがく電撃出力特性 > に変更されたことで、ノーマルの 「御茶ノ水 美里江」 と比べ 「重力」 属性に対して与えるダメージが減少している。

また、「戦槌訓練」 から 「適性:ハンマー」に変更されたことで、近距離での戦闘をやや苦手とするため、アルクバリスタ3-Aの制圧力を活かし、適切な距離を保って戦う、 精密な立ち回りが必要となっている。

 

★4/リタ 【巧匠】

<ライフルエキスパート>に変更されたことにより射撃攻撃能力が向上。
さらに装着型の特殊タイプのSPスキルによって中~遠距離の火力を強化した構成となったリタ 【巧匠】

属性タイプがく電撃特質放出に変更されたことで、ノーマルの 「リタ・H」 と比べ 「重力」 属性に対して「与えるダメージは大きいが、受けるダメージも大きい」という状態となっている。

また、「戦槌訓練」 から 「適性:ハンマー」に変更されたことで、近距離での戦闘をやや苦手とするため、自分の得意とする距離を保ちつつ、 圧倒的な火力で敵を寄せ付けないようせん滅する豪胆な立ち回りが求められる。

 

★4/金潟すぐみ 【臥薪】

<ライフルエキスパート>に変更されたことにより射撃攻撃能力が向上。
ショット性能を上書きする特殊タイプのSPスキルも備え、射撃戦が得意な構成となった金潟 すぐみ 【 臥薪】

属性タイプがく電撃出力変性 > に変更されたことで、ノーマルの「金潟 すぐみ」 と比べ 「重力」 属性に対して与えるダメージが減少している。

また、 「ブレードマスター」 から 「適性: 片手剣」に変更されたことで、近距離での戦闘をやや苦手とするため、使いこなすには、得意となった射撃を駆使した職人的な技術が必要となる。

 

★4/新居目安里 【紺碧】

<ランスエキスパート>に変更されたことにより格闘能力が向上。
クロス、 トップス、ボトムスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、 接近戦を得意とする構成となった新居目安里 【紺碧】

属性タイプが<重力変質放出> に変更されたことで、ノーマルの 「新居目安里」 と比べ 「電撃」 属性に対して「与えるダメージは大きいが、受けるダメージも大きい」 構成に変化。

さらに「デモリショナー」 から 「適正 : バズーカ」に変化した結果、射撃戦闘をやや苦手とするようになったため、狙った獲物を逃がさず仕留める、 確実な立ち回りが求められるキャラクターとなっている。

 

★4/宮南ひかり 【爛漫】

<ハンマーエキスパート>に変更されたことにより格闘能力が向上。
ショット、クロス、 トップス、ボトムスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、接近戦を得意とする構成となった宮南ひかり 【爛漫】

ノーマルの 「宮南ひかり」 と比べて属性タイプがく焼夷出力特性 > に変更されたことで、冷撃属性に対して焼夷属性のダメージを与えにくくなっている。

また、「マシンガンナー」 から 「適性: ライフル」に変更されたことで、射撃戦闘をやや苦手とするようになったため、新SPスキルによる各種ピジョン攻撃を活用する、 アクティブな戦い方が求められるキャラクターとなっている。

 

★4/天狐天【御侠】

<デュアルエキスパート>に変更されたことにより射撃能力が向上。
ショット、トップス、ボトムスの性能を上書きする特殊タイプのSPスキルを備え、 射撃戦を得意とする構成となった天狐 天【御侠】

ノーマルの 「天狐天」 と比べて属性タイプがく冷撃特質放出>に変更されたことで、 焼夷属性に対して「与えるダメージは大きいが、受けるダメージも大きい」 構成に変化。

また、 「マスターランサー」 から 「適正 : ランス」に変更されたことで、近接戦闘をやや苦手とするようになったため、SPスキルによる射撃を活かして派手に立ち回る、粋な戦い方が求められるキャラクターとなっている。

・【アリスギアアイギス】初心者攻略まとめ【ヘルプガイド
・【アリスギアアイギス】ファクターキャラ評価一覧


【公式サイト】
https://colopl.co.jp/alicegearaegis/
【公式ツイッター】
https://twitter.com/colopl_alice 

【PR】

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


You cannot copy content of this page