このファンゴージャスカジノのバニー画像
 

クリス:よく外出を認められたね。お城の護衛や付き人の人達、厳しいんでしょう?
このファンゴージャスカジノのバニー画像②
 
アイリス:最初は反対されたのですが、社会勉強のためだと言って必死で説得して…やっと認めてもらったのです。
 
でも流石に1人では許してもらえず。ララティーナの信用する人物が案内するならと…。
 
クリス:あー、それであたしに案内役のお鉢がまわってきたのか。
 
アイリス:今日は1日、案内をよろしくお願いします。
 
クリス:それで、どこを案内すればいいのかな?行きたい場所とかあるなら連れて行くけど…。
 
アイリス:行きたい場所…そうです、あの場所!本で読んだことがあって、行ってみたいと思っていたのです。




 
このファンゴージャスカジノのバニーアイリス画像アイリス:ここが、欲望とお金が渦巻くという場所ですか。
 
クリス:まさかカジノに来たがるなんて…。ダクネスに聞いた通り、なかなかおてんばな王女様だなぁ。
 
アイリス:ところで、あの…どうしてこんな格好を?
 
クリス:身分を隠す為の変装さ。勉強中の新入り従業員ってことにすれば、ものを知らなくても不審に思われないでしょ?
 
アイリス:なるほど…勉強になります!
 
クリス:何から遊ぶ?あっちがポーカー、あそこがブラックジャック、1番簡単なのは…このルーレットかな。
 
アイリス:ルーレット?遊び方を教えてください。
 
クリス:これは、ボールがどこのポケットに入るかを当てるゲームだよ。ポケットの色と数字を示して、当たれば勝ちだからね。
 
アイリス:はい、わかりました!
 
クリス:ちなみに、お忍びで来てるんだし大きな声じゃ言えないけど。ルーレットは『カジノの女王』って呼ばれてるんだよ?
 
アイリス:そうなんですね…。王女として、負ける訳にはいかないです!すみませーん!このチップを全部、ルージュの12に!!
 
クリス:ええっ!?ぜ、全部って…この量を本当に賭ける気!?
 
マスター:…本当によろしいのですか?
 
アイリス:はい、よろしくお願いします。
 
マスター:かしこまりました…では、いきます!
 
クリス:初心者だしレッド・ブラックとかから賭けるかと思ったら、いきなりストレート・アップだなんて…。そうそう当たることないけど。なかなか無茶する王女様だなあ。
 
マスター:ま、まさか…ルージュの12!?
 
アイリス:わ~、当たりました!チップがこんなにたくさん…。
 
クリス:えぇぇぇぇ!?あ、当たっちゃったの!?36倍!?あたしも驚きの幸運だね…。
 
アイリス:はい。自分の年齢の数字を選んだだけなのに…運がいいです。
 
クリス:…ん?自分の年齢の数字?
 
アイリス:はい、12歳になります。
 
クリス:…今すぐここから出よう!!
 
アイリス:ど、どうされたのですか!?
 
クリス:どうしたも何も。あたしってばうっかりしてたよ。12歳でカジノは流石に早いって!



 
このファンゴージャスカジノのバニー画像①クリス:王女様をカジノに連れて来たなんて知られたら怒られちゃう…。だから、今日のことは絶対に内緒だよ?
 
アイリス:名残惜しいですが、仕方ありませんね。でもその代わり…。大人になったらまた連れてきて下さいね?
 
クリス:分かった。大人になったら…約束ね。
 
アイリス:はい、約束です♪
 

アプリ特集はこちらから