詳細

よりゲーム性を高め、今後も長く皆様に楽しんで頂くため、4月23日のメンテナンスにて【クリティカル/ストライク/通常ヒットの発生率】の算出方法を大きく変更し、【クリティカルダメージ】が大きく変動する形に改修を行わせていただきます。 この度の改修に伴い、多くの方に装備の再構築が必要となると判断し、【銅貨×5億】と【金貨×3000】を全ユーザー様にお送りいたします。
 
【変更の目的】
命中、回避、クリティカルの仕様を変更することにより「狩人」の上方修正を行います。
 
【変更前】
クリティカルヒット:1 + ( Lv / 20)+ (クリティカル値 / 3000)(%)
ストライクヒット:(命中値 / 回避値)/2(%) 常ヒット:100%から上記を除いた数値
 
↓↓↓
 
【変更後】
クリティカルヒット:命中値>回避値の場合、差が大きいほど発生率上昇
ストライクヒット:命中値=回避値の場合、100%発生
通常ヒット:命中値<回避値の場合、差が大きいほど発生率上昇 ※区別するため、便宜上「〇〇値」「〇〇ヒット」と表記しています。
 
(2)クリティカルダメージ について クリティカル値が【クリティカル時のダメージ】に影響する形に変更されます。 クリティカル値を伸ばすことで、クリティカル時により大きなダメージを与えることができるようになります。
※ただし、命中値が低い場合はクリティカル発生率0となってしまうため注意が必要です。
 
(3)上記改修に伴い、変更される項目
・全クエスト敵のクリティカル値が変更されます(命中値・回避値は現在のまま変更されません)。総戦力も伴って変動します。
・エクストラ81~ の通常敵・ボス敵の命中値・回避値が下方修正されます。
・一部キャラクターのパッシブアビリティが変更となります。
・いくつかのバフ・デバフの性能が変更となります。
 
◆効果が変更されるバフ・デバフ
『集中』:命中率がアップする→命中値がアップする
『覚醒』:クリティカル率がアップする→クリティカル値がアップする
『暗闇』:命中率がダウンする→命中値がダウンする
 
これらの改修により、『狩人』が大きくダメージアップを望めるようになります。
副武器によって、物理防御力の高い『破壊者』、魔法攻撃力の高い『術士』に対し、旧仕様において命中の高さはオーバースペックとなる面があり、汎用的な扱いやすさの点で一歩劣っておりました。
3つの役割の中で有利不利の均衡が取れる形で、数値バランスも慎重に調整を行っております。
 
以上が仕様変更の内容となります。ユーザーの皆様にはご迷惑をおかけいたしますが 引き続き『偽りのアリス』を宜しくお願い致します。


 

バランス強化によって1番に強化されるキャラは?

これまで破壊者と術者のキャラでパーティー構成をする方が多く、狩人を使用する人が少ないのが現状でした。
 
ステータスやアビリティが中途半端な狩人を強化する位なら、破壊者や術者を強化して力押しで戦うスタイルのユーザーが多かったの1番の理由かもしれません。
 
URキャラクターは現段階では『カグヤ』『玄奘三蔵』『クロエ』の3キャラが存在しています。(最大ステータスがURの方が上なのでSSRは今回除外します)
 
『カグヤ』は回復・挑発・被ダメ軽減などがメイン、『玄奘三蔵』は混乱や追撃バフのアビリティが主な使い方となり、この2キャラはパーティではサポートキャラとしての役割がほとんどです。
 
今回バランス調整が入ったのは命中・回避・クリティカルの仕様となっており、パッシブアビリティに攻撃がクリティカル・ストライクを持つ『クロエ』が1番の恩恵を受けることになります。
 
元々クリティカルで一撃が重い『クロエ』なので、今回のバランス調整によって更にピンポイントで敵を倒す可能性が高くなります。
 

こちらの記事もおすすめ

アプリ特集はこちらから