このファンなりきり勇者パーティー画像
 
カズマ達は演劇の本番の間近に控え、本番さながらの練習を重ねていたーー
 
カズマ:「みんな、見ろ!あれが伝説のエンシェントドラゴンだ…!!」
 
あるえ:「ついに現れたね。最古にして、最強の竜…!!魔王の城の、最後の門番!!」
 
ドラゴンの模型:グルルルルオオオォォォォン!!!
 
あるえ:「咆哮だけでこの気迫…!噂以上の化け物だね。しかしこいつを倒さねば城へ行けない」
 
アクア:「勇者様、勇者様!本当にあんな化け物に勝てるんでやんすか?逃げ出すなら今のうちでやんすよ?」
 
カズマ:「いいや、ダメだ!たとえ勝ち目が極端に少なくても、ここで引き下がるなんて絶対に出来ない…!!」
 
「善良で罪のない人々を守ることが出来るのは、俺達だけなんだ!命に代えても、この世界を…人々を守るのが勇者だ!!」
 
あるえ:「…やはり、あなたこそ真の勇者だ!我が千の魔法。常に勇者カズマと共にあり!」
 
アクア:「おいらも、遊び人だけどどこまでもついて行くでやんすよぉ!」
 
カズマ:「ありがとう、最高の仲間達…さあ、決着をつけるぞ!」
 
アクア:「おお!ま、まさかその剣は!?」
 
あるえ:「神々が造りし至高の武器と名高い『魔剣ちゅんちゅん丸』?まさか実在していたなんて…!」
 
カズマ:「遥かなる異世界の技術で鍛え上げられた魔剣よ…。今こそ、その真の力を示せ!!」
 
アクア:「ま、魔剣が光をー!?なんて力でやんすかぁ!?」
 
あるえ:「危険だ、勇者様!これ以上無茶をしたら体が…!」
 
カズマ:「悪いな、あるえ…この場面で無茶をするなって方が無茶だよ。何故なら…」
 
「世界の命運は、この俺の両肩にかかっているからだ!!」
 
アクア&あるえ:「ゆ、勇者様!?」
 
カズマ:「行くぞエンシェントドラゴン、勇者の力、思い知れ!『スーパーカズマギャラクシーブレイク』!!」
 

 
ーーはいカット!だいぶ形になってきたね。
 
カズマ:ああ、いい…すっごくいい!!本来、俺はこんな風に転生するはずだったんだ。これぞ俺の理想の異世界生活だ…!!!
 
アクア:どこがよ!というか、私の喋り方なんとかならない?小物感が丸出しなんだけど…。
 
あるえ:わかってないね、アクアは。例えば子供向けの作品で思わず号泣したことだってあるだろう?それと同じさ。遊び人が小物だとハードルを下がることで、遊び人が命を賭して戦うシーンで涙を流してしまうんだ。
 
アクア:だとしても…語尾に「やんす」がつく遊び人なんて、今時流行らないと思うんだけど?
 
あるえ:そうか?いいと思うんだが…。
 
カズマ:紅魔族の感性的にはそうなのかもな。まあ語尾は好きに変えていいぞ。よしっ、じゃあ今んとこもう1回おさらいしとくか!
 
アクア:えー!?またー!?
 
カズマ:いいだろ?この感動、何回でも味わいたい!
 
あるえ:やれやれ…本当の勇者になろうとしないのがカズマらしいな。
 

 
練習の甲斐もあり、本番ではカズマの好きなシーンのみ異常な完成度になっていたらしいーー
 

アプリ特集はこちらから