【サーラ】偽りのアリス|評価と詳細【マッドオールドハンター】

【PR】

7/19(金)注目のアプリ

【6月】アプリランキング

【PR】(本ページはプロモーションが含まれています)

拳極-拳で繋ぐ物語-

【iOS】

【android】

本格不良系RPG「拳極」がリリース! あのBreakingDownとのコラボやリリース記念限定ミッションを開催中! 魅力的でリアルなキャラクターによるド迫力バトル ここでしか見れないオリジナルの物語 全国の頂点をかけた連合抗争 今すぐ「拳極(けんごく)」をインストールして、最強を目指せ!

 

LENS APPLE

【iOS】

【android】

国内正規品コンタクトレンズのみの取り扱いなので安心してご利用いただけます。自社で千葉と岡山の2ヶ所に物流センターを設置、独自の在庫管理システムを構築し、全国のお客様へ最短で出荷できる環境を整えています。

 

カンナムオンニ

【iOS】

【android】

【韓国No.1 美容医療アプリ!】 日韓330万DL突破!美容医療のことならカンナムオンニ! 登録クリニック数は日本&韓国ともに業界最大級! カンナムオンニでは「レビュー閲覧」「価格比較」「カウンセリング予約」まで、アプリひとつで完結!

 

ショットワークス

【iOS】

【android】

株式会社ツナググループ・イノベーションズの運営する国内最大クラスの短期・単発バイト アルバイト情報サイト「shotworks(ショットワークス)」のアプリです。

 

Shufoo!(シュフー)チラシアプリ

【iOS】

【android】

国内利用者数No.1!明日のチラシが前日の夜に見られるチラシアプリ。スーパーやホームセンター、家電店、ドラッグストア等のチラシで特売情報をいち早く無料でチェック!毎日届くおすすめレシピを今日の献立のヒントに。

 

Pollet-買取アプリ

【iOS】

【android】

使わなくなった不要品、商品券、ポイントまで、身の回りのものをカンタンにキャッシュ化できる買取アプリ Pollet(ポレット)!

サーラ「マッドオールドハンター」

偽りのアリスのサーラ画像

「サーラ」ステータス

レアリティ:SSR 属性:狩人
一次ステータス(覚醒レベルMAX時)
STR:18600 INT:7800 VIT:16800 DEX:16800

「サーラ」アビリティ

Active Ability
覚醒レベル0で解放
腹裂く一撃:MP:3500
敵単体290%の物理攻撃(Lv.MAX時)

Active Ability
覚醒レベル10で解放
病弱な老婆:MP:3000
味方2体2ターン継続のバフ:30%被ダメージダウン(Lv.MAX時)

Active Ability
覚醒レベル30で解放
ディザスターレイン:MP:2000
敵3体170%の物理攻撃。50%で敵へ追加効月果:2ターン継続の30%与ダメージダウン(Lv.MAX時)

Passive Ability
覚醒レベル20で解放
熟練の技巧 与ダメージ8%アップ&最大HP8%アップ(Lv.MAX時)
 
https://satoshisss.com/game/ability-hensyuu/
 
https://satoshisss.com/game/bahu-debahu-kouka/

「サーラ」プロフィール

強すぎた、老婆。

ただの哀れな犠牲者であったはずの老婆が、なぜだか銃を抱え、獲物を待ち構え、そして狩る設定に。

歳は取っているはずだが、年齢に反して見た目は童女そのもの。

戦場で受けた古傷が、呪いとなってその姿にしているらしい。

「これが最後の大仕事、かの?」


「サーラ」イラスト&ボイス

イラスト:ピコ
ボイス:小林桂子
原典:赤ずきん
 偽りのアリスのサーラ全体画像



「サーラ」評価

使い勝手が良いバフ&デバフのアビリティを習得するSSRキャラ。

覚えるアビリティがオーソドックなアビリティなので、どのタイプのパーティー編成でもキャラを組み込んで運用することが出来ます。

ただ、特化したアビリティは覚えないので、バトルではどうしても単調な使い勝手になる可能性が高いです。

良くも悪くもノーマルなキャラクターなので、キャラ解放して育成しておいて損はないですが、ゲームが進行すると敵の強さが増すので、力不足を感じてしまうかもしれません。

⇒【偽りのアリス】キャラ評価一覧|破壊・術士・狩人

公式サイト
https://itsuali.jp/
公式ツイッター
https://twitter.com/itsuwari_alice

 

【PR】

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


You cannot copy content of this page