【ヘブバン】ダンジョンはスキルの使い方が重要【ヘブンバーンズレッド】

12/1(木)注目のアプリ

【11月】アプリランキング

テイルズウィーバー

【IOS】

【android】

事前登録実施中!世界よりも、誰かを救う冒険へ。ロングセラーPCゲーム「テイルズウィーバー」の世界を引き継いだ、全く新しい「テイルズウィーバー」。「テイルズウィーバー : SecondRun」で仲間と協力して強敵に挑もう。

 

おねがい社長!

美人でスタイル抜群な綺麗な秘書が続々登場するハーレム系経営シミュレーションゲーム。

 

Pure nista-ピュアニスタ-

大人も楽しめる新しいきせかえアプリ。多種多様のアバターから自分の好みのキャラクターを作れる着せ替え楽しめる。

 

「ヘブバン」のスタイルが持つスキルについて


『スタイル』は他アプリゲームで言う所のレアリティです。
 
1番ステータスが高いスタイルが「SS」、次に「S」、1番低いレアリティが「A」となります。
【ヘブバン】最強キャラ格付け!リセマラ当たりランキング【ヘブンバーンズレッド】⇒
 

各スタイルは同キャラ(同じ名前のキャラ)であれば、スキルを共有して使えことができます。
 
ただし、SSスタイルが所持しているスキルは、同名でも共有できない仕様となっています。

・SSスタイルは独自スキルを所持していて共有は×
 
・SとAスタイルは同名キャラであればスキルの共有が○


SSスタイルだけが所持しているスキルは、AやSスタイルでも所持するスキルに比べて威力は強力です。
 
ですが、SSスタイルのスキルをメインで使用していても攻略は難しいです。
 
特にそれが顕著に出るのが、「強化の回廊」や「記憶の迷宮」等のダンジョン探索です。
 


 

ダンジョンではスキルの使い方が特に重要性


「ヘブバン」のバトルは全てが1回の戦いで終わるステージ制ではありません。
 
コンテンツの中には、「強化の回廊」や「記憶の迷宮」等のダンジョンを探索するステージもあります。
 
ダンジョンでは戦闘を何度も繰り返すので、ステージをクリアする為にはスキルを上手く使うことが攻略の鍵となります。
 
ダンジョンを攻略する上で、下記の3つに注意しましょう。

・体力は自動回復しない
 
・SSスタイルのスキルはSP消費が多くて回転率が悪い
 
・敵のHPが高く硬いのでバフ/デバフ系スキルも必要


✔体力は自動回復しない

ダンジョンの探索中は、体力は自動的に回復しません。
前の戦闘で受けたダメージを引き継いだまま、次の戦闘に挑まなければなりません。
 
低いSPコストの回復スキルを上手く使いながら進めていきましょう。
中でも國見タマや桜庭星羅の「リカバー」はおすすめです。
 

✔SSスタイルのスキルはSPを大量に消費

SSスタイルのスキルは強力ですが、1番のデメリットは回転率の悪さです。
大量のSPを消費するので何度も使用することが出来ません。

通常攻撃では敵に与ダメージをあまり与えられないので、スキルの回転率は攻略する上でとても重要です。
 
低いSPコストでも与ダメージが高いスキルを上手く使っていきましょう。
中でも和泉ユキの「ブレイクバースト」、逢川めぐみの「スタンブレード」はおすすめです。
 

✔ボス敵のHPが高いのバフ系スキルも必要

ヘブバンの敵は基本的にHPが高く硬いので、通常攻撃で敵のHPを削るのは難しいです。
特にボスはHPが高いので、効率よくダメージを与える為にバフ/デバフ系のスキルを使いましょう。
 
ヘブバンのバフの有無はスキル威力が大きく変わるので、バトルが有利になります。

バフ/デバフ系スキルを組み合わせて、SPコストが高い強力なスキルで攻撃を与えましょう。
バフの中では、樋口聖華や東城つかさの「エンハンス」はおすすめです。

 



サポートスキルの多用には注意


ダンジョンを攻略する上で、回復やバフ系のスキルは重要です。
 
ただし、サポートスキルの多用には気をつけましょう。
 
ダンジョンでは戦闘が長引くこと、キャラの体力エナジーが減少していきます。
 
エナジーは戦闘で表示されるHPとは別のパラメーターです。
 

最初は100%の状態で探索が始まりますが、0%になって敵と遭遇するとターン毎にキャラのHPが減少していきます。(画像左上)

 
ダメージは1/5程度で、全てHPが無くるとゲームオーバーとなります。
 
HPを直接回復するスキルは現状ないので、サポートスキルの多用で戦闘が長引かないように注意しましょう。


【公式サイト】
https://heaven-burns-red.com/
【公式ツイッター】
https://twitter.com/heavenburnsred

 

 

こちらの記事もおすすめ

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA