フジゲームスと豪華制作陣が共同タッグ!7つの世界が干渉し物語が展開される群像劇RPG。

 

【アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実 公式PV第1弾】




ゲーム概要

フジゲームスから新作アプリゲーム「アルカラスト 終わる世界と歌姫の果実」が発表された。
壮大な世界観溢れるストーリーとバトルを同時に楽しめるようになっており、物語は7つの世界がテーマ。

本作では豪華制作達が起用されており、アプリゲームで最大限に楽しめる群像劇RPGが制作されている。

 

配信日は2019年夏頃となっており、4月6日から事前登録が開始されている。

 

 

世界観

【INTRODUCTION】
彼の者は『鴉の英雄』世界を破壊する者
『破壊』と『創造』を繰り返す『無数世界』

だが、正しく世界が終わらなくては、新たな世界は生まれない。

 

世界が終わりが近づく時…『歌姫』の声に導かれし『鴉の英雄』が舞い降り、志ある者たちの寄る辺となるだろう。

これは、世界を正しく終わらせる物語

 

7つの世界それぞれに同じ自分が存在しており、その世界が変わればまた違う性格の自分がいる。そしてその各世界が干渉し合う事で物語が大きく展開されていく…

違う世界の主人公が他の世界の主人公を倒してしまったら…物語には複数のギミックが含まれており、世界は複数あっても物語は全て1つに繋がる奥深いストーリーを鑑賞する事が出来るようだ

 

 

バトル

バトルは6人の仲間を編成。バトル中にも会話が発生し、特定のキャラクターをかばったりと人間関係を重視した群像劇RPGを楽しめる仕様。

又、絆スキルの使用も予定されており、特定のキャラ同士で条件を満たす事で必殺技を発動する事が出来るとのこと。

 

【箱舟】

仲間にしたキャラクター達を見る事が出来るシステムも用意されており、ここでキャラクター同士の相性や関係性を確認する事が出来るようだ

 

 

キャラクター・声優

7つの世界があり、各世界に7人の主人公が存在。

クロウ(cv:赤羽根健治)
【黄昏の世界】

コルネイユ(cv:花江夏樹)
【凍土の世界】

 

ヴァローナ(cv:甲斐田裕子)
【漆黒の世界】

 

ウーヤ(cv:稲田徹)
【東方の世界】

 

シュカ(cv:大空直美)
【灼熱の世界】

 

フルー(cv:不明)
【輪廻の世界】

 

ルク&ルカ(cv:不明)
【降灰の世界】

 

 

制作陣

総合プロデューサー「赤井誠一」

原作企画原案「小牟田修氏」
代表作品
FRONTIER GATE/幻想水滸伝ティアクライス

キャラクターデザイン「河野純子氏」
代表作品
幻想水滸伝/幻想水滸伝Ⅳ/タイムホロウ奪われた過去を求めて

メインテーマ「山根ミチル」
代表作品
悪魔城ドラキュラ/幻想水滸伝Ⅲ/幻想水滸伝Ⅳ

シナリオBGM「柳川剛氏」
代表作品
カルドセプト/シェンムー

バトルBGM「古代祐三氏」
代表作品
世界樹の迷宮/湾岸ミッドナイト



事前登録

4月6日より事前登録が開始。事前登録者数によって豪華特典がプレゼントされます。

1万人
ベリル300個(召喚2回分)
3万人
ベリル600個(召喚4回分)
5万人
ベリル900個(召喚6回分)
7万人
ベリル1200個(召喚8回分)
10万人
ベリル1500個(召喚10回分)

 

 

ツイッターキャンペーン

Amazonギフト券5000円分が抽選で10名様に当たるキャンペーンが開催中。

期間:4月14日23時59まで
応募方法
公式ツイッター【@arca_last】をフォローして、PVをツイートすると応募完了

 

 

Kleissis(クレイシス)

本作のゲーム内に登場する同名となる声優ボーカルユニット。

約400人の中からオーディションで選ばれた7人で、幻想的な世界観テーマにしてメディアに活動。
ユニット名となる「Kleissis」は、ギリシャ語のTKleisis」 (召命する) と、「 Kleis + Sister」で「鍵を握る修道女
(巫女) 」とのダブルミーニング。
さらに、古代ギリシャ語の「Kleio (祝福の女神) 」という意味も込められている。

「アルカラスト」のテーマソングを担当しており、これ迄に発表されている曲は全て「アルカ・ラスト」に関係している。

 

【メンバー】

田中有紀:カスミ役

富田美憂:林堂アキラ役

山田麻莉奈:瑠璃川サユキ役

髙橋麻里:麻木ユン役

山根綺:志水ヒロナ役

元吉有希子:橘ミオ役

金子有希:水鳥ミウ役

 

公式サイト
【https://arca-last.com/index.html】
公式ツイッター
【https://twitter.com/arca_last】

 

こちらの記事もおすすめ



アプリ特集はこちらから