人気マンガ「ケンガンアシュラ」がアプリゲームとして配信決定!プレイヤーは日本経済の裏世界で、企業同士で行われる代理闘争「拳願仕合」で戦いを繰り広げていく!

 

「ケンガンアシュラ アルティメットバトル」は、作画:だろめおん作画と原作:サンドロビッチ・ヤバ子の累計3.7億PVを誇る人気格闘マンガ。

漫画アプリ「マンガワン」とWEB漫画サイト「裏サンデー」に掲載されており、株式会社サイバードからアプリゲーム化し配信されることが決定しました。

 

本作はプレイヤーが企業の社長として、企業間で裏で行われる代理戦争「挙願仕合」に参加し、戦いを繰り広げていく筋肉育成バトルRPG。

2019年1月11日から事前登録が開始され、2019年2月14日(木)~2月20日(水)の間はクローズドβテストを実施。

正式リリース日は、2019年春頃の予定となっています。




ゲーム概要

メインとなるストーリー(企業活動)では、すごろくで進行しサイコロを振って止まった場所によって様々なイベントが発生。人生ゲームや桃鉄のような感覚でゲームを楽しむ事が出来ます。

【バトル】


バトルは3対3のターン制になっており、敵の体力を0にして先に3勝すれば勝ちとなります。

バトル中のターン毎にスキルポイントが溜まっていき、ポイントが一定条件に達すればスキルを発動させ敵に大ダメージを与える事が可能。

【装備・強化】

戦いを繰り広げる「闘技者」には装備や強化を行うことができ、本作では装備品は「筋肉」となっており5箇所(頭/首・胸・腕・腹・脚)の筋肉を装備することが出来ます。

【他コンテンツ】

ゲームでは定期的に、他プレイヤーが操作するライバル企業と対戦出来る大会が開かれています。
他プレイヤー(企業)を倒して勝利していく事で、自分の企業序列が上位に繰り上がっていきます。

 

 

事前登録


事前登録数によって、ゲーム内で使用出来る豪華商品がプレゼント!

事前登録者数が既に5万人を達成しており、10万人を達成するとプレゼントが更に追加される可能性があります。

【事前登録特典】
1万人達成
「拳願石」×1500
3万人達成
「レア筋肉セット」×1
5万人達成
驚異のピンチ力「理人(スキル:レイザーズ・エッジ)」×1

 

 

登場キャラクター一覧

十鬼蛇 王馬(阿修羅)
アダム・ダッドリー(皇帝)
因幡良(黒呪の亡霊)
今井コスモ(絞殺王)
イワン・カラエフ(ロシアの死神)
大久保直也(格闘王)
金田末吉(大物食い)
蕪木 浩二(メディスンマン)
賀露 吉成(日本海の大入道)
鬼王山 尊(土俵の喧嘩屋)
桐生 刹那(美獣)
呉カルラ(天魔)
河野 春男(デストロイヤー)
駒田 茂(仁王)
沢田 慶三郎(暗黒鳥)
ジェリー・タイソン(ロケットマン)
関林 ジュン(獄天使)
千葉 貴之(顔のない男)
永島 銀司(狂信鬼)
二階堂 蓮(番人)
根津 マサミ(夢の国から来た男)
ハサド(アラブの旋風)
英 はじめ(解剖魔)
坂東洋平(血染めの象牙)
氷室 涼(氷帝)
御雷 零(雷神)
室淵 剛三(測定不能)
目黒 正樹(泣き男)
茂吉・ロビンソン(滅殺する牧師)
鎧塚 サーパイン(吼える闘魂)
理人(超人)

スポンサーリンク

 

「ケンガンアシュラ」とは

原作者のWeb漫画『求道の拳』第一部の7-8年以上後という設定で、同じく連載中の『ダンベル何キロ持てる?』とも世界を共有しており、超日本プロレスや皇桜学園は両作に登場し一部の登場人物は回想中などで登場する。

2014年8月には『ストリートファイター』とのコラボレーション漫画が『週刊少年サンデー』(同社刊)本誌36・37合併号と38号において前後編で掲載され、それぞれ9巻・10巻に収録され。

企業、商人たちが巨額の利益を賭け、雇った闘技者によって素手による格闘仕合を行い、勝ったほうが全てを得るという拳願仕合。
商人たちの争いを収める手段として、江戸中期に発祥したと言われているそれは現代にまで継承されており、今、己の最強を証明せんとする謎の闘技者、十鬼蛇王馬が拳願仕合の舞台に足を踏み入れようとしていた。
その内に野望を秘めたる乃木グループ会長、乃木英樹がその男と出会ったとき、拳願仕合にて大きな渦が巻き起ころうとしていた。Wikipediaより抜粋

【公式サイト】
https://kengan-ub.com/
【公式ツイッター】
https://twitter.com/Kengan_UB




アプリゲーム特集はこちらから