1997年ゲームボーイソフト「メダロット」の発売から20年。20周年を記念として、イマジニア株式会社が「メダロット」初となるスマホアプリゲーム化!

『メダロットS』では従来の「メダロット」の世界観を引継ぎ、新システムの導入し初心者でも簡単に操作できるRPGとなっています。

 

話題の記事

 

バトルシステム

本作は『メダロットS』では、これ迄のバトル形式と同様に3vs3のコマンド形式が採用。

レベルアップ

パーツやメダルのレベルが上がることで、バトルがより有利に戦うことが可能。

カスタマイズ

カスタマイズでは自分のお気に入りパーツを組み合わせることが可能で、育成もこれ迄のよう強化することが出来ます。強化方法も様々で同パーツでも育成のやり方によって、性能に差が出てくるとのこと。

セッティング

セッティングではこれ迄に「メダロット」をゲームプレイしたことがない方でも、お任せボタン1つでお手軽にセッティングすることが可能です。

操作方法

【ロボトルシステム①】
コマンドを選択し、メダロットを指示

【ロボトルシステム②】
中央のアクティブラインに向かって、メダロットが激走

【ロボトルシステム③】
アクションが発動。戦略的に相手パーツを破壊しよう

 

 

事前登録・配信(リリース日)

事前登録の受付を9月4日から開始。正式リリース日は2019年秋冬期に予定。

事前登録者の人数によって、豪華報酬が獲得出来るキャンペーンを開催中!

【事前登録特典内容』
3万人
ルビー 4個
コイン50000枚
5万人
ルビー 20個
Pロクショウ
7万人
ルビー 4個
コイン 50000枚
10万人
ルビー 40個



登場キャラクター

歴代の主人公達も全員登場!

「大隅アラセ」
本作の主人公。何事にも明るく前向きだが、自分に自信がないのが玉にきず。

 

「輝夜ヒサキ」
世間の常識にうとい、少し天然な女の子。

 

「ヒカル」
ゲーム版初代「メダロット」の主人公。愛犬がメダルを拾ってきたことをきっかけに、メダロットの世界へ飛び込むことに。メダロット暴走事件を解決した、伝説のメダロッターである。

 

「イッキ」
ゲーム版「メダロット2~4」の主人公。ロボロボ団の野望を阻止したり、ロボトル世界大会で準優勝したりと、彼の活躍はホームタウンの「おみくじ町」だけでなく、海底都市や地底都市にまで及んだ。

 

「コイシマル」
ゲーム版「メダロット5」の主人公。都会からすすたけ村に転校してきた少年で、メダロット部に入部することになる。真面目で努力をおしまないタイプだが、少し頑固な一面も

 

「アズマ」
メダロットDS、メダロット7の主人公。
子供っぽく直情的なところがあり、頭に血が上って突っ走りがちだが、なにより友情を大切にする。
メダロットとの友情に憧れている。

 

「ソルト」
メダロット8の主人公。
メダロットが大好きな、熱くて元気な少年。
憧れのローレル探偵事務所で試験を受け、メダロット探偵になるという夢を叶えた。

 

「テンマ」
メダロット9の主人公。
勉強、運動、ロボトルの実力ともに平均的な、ごく普通の少年。意思表示は苦手。
ある事件がきっかけでエリート校に転入することになり、不本意な注目を集めてしまう。しかし、実力がすぐにバレてしまい…?

 

「クロスメサイヤ」
KBT型とKWG型が混合されたKXK型メダロット。
赤と緑のオッドアイが特徴。

 

 

楽曲・ナレーション

タイアップは西沢幸奏さんのソロプロジェクト「EXiNA」の楽曲「OVERTHiNKiNG BOY」。ナレーションには声優の水島裕さんが担当。

 

 

「メダロット」とは?

『メダロット』は「コミックボンボン」にてほるまりん作により漫画化され、テレビアニメ化やトレーディングカードゲームなど様々な形でメディア展開された人気作品。

自らの知能を持つお友達ロボット「メダロット」が世界的に普及した未来で、メダロット達が戦いを繰り広げる「ロボトル」を舞台に物語が進んいきます。

メダロットはメダルで機動する人型機械、つまりメダルロボットの略称。骨子となるティンペットと外殻となるパーツから構成。

基本フレームに「頭胸部パーツ」「左腕パーツ」「右腕パーツ」「脚部パーツ」の4種類を装着させ、人工頭脳の役割を果たすメダルを装填することで、全長約1m程の人型ロボットが完成する。

 

 

「メダロット」ナンバリングタイトル一覧

1997年発売
「メダロット」
1998年発売
「メダロット パーツコレクション」
「メダロット パーツコレクション2」
1999年発売
「メダロット パーフェクトエディション
「メダロット2」
「メダロット2 パーツコレクション」
「メダロットR」
2000年発売
「メダロット カードロボトル」
「メダロットR パーツコレクション」
「メダロット3」
「メダロット3 パーツコレクション Zからの超戦場」
2001年発売
「メダロット4」
「メダロットnavi」
「メダロット5 すすたけ村の転校生」
2002年発売
「メダロットG」
「メダロット弐CORE」(先行販売)
2003年発売
「メダロット弐CORE」(一般販売)
「メダロットBRAVE」
2004年発売
「真型メダロット」
2010年発売
「メダロットDS」
2012年発売
「メダロット7」
2013年発売
「メダロットDUAL」
2014年発売
「メダロット8」
2015年発売
「メダロット9」
2016年発売
「メダロット ガールズミッション」
2017年発売
「メダロット クラシックス」
2019年発売
「メダロットS」

 

こちらの記事もおすすめ



アプリ特集はこちらから